聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーサヤしょ

第​4​章

ベニヤミン​おうせっきょう​を​つづける。贖罪しょくざい​の​ゆえ​に​すくい​が​およぶ。すくわれる​よう​に​かみ​を​しんじる​こと。ちゅうじつ​で​ある​こと​に​よって​つみ​の​ゆるし​を​たもつ​こと。まずしい​もの​に​もの​を​け​あたえる​こと。賢明けんめい​に​ちつじょただしく​すべて​の​こと​を​おこなう​こと。げんぜんやく​百二十四​ねん

1 ​さて、ベニヤミン​おう​が、しゅ​の​てん使​から​げられた​こと​を​かたり​えて、群衆ぐんしゅう​を​わたした​ところ、よ、かれら​は​​に​して​いた。しゅ​へ​の​おそれ​が​かれら​に​しょうじた​から​で​ある。

2 ​そして​かれら​は、ぶん​たち​が​​このてき​な​じょうたい​に​あり、だい​の​ちり​より​も​おとって​いる​と​おもった。そして​かれら​は​みなこえ​を​わせて​大声おおごえ​で​さけんだ。「おお、あわれんで​ください。わたしたち​が​つみ​の​ゆるし​を​けて​こころ​が​きよめられる​よう​に、キリスト​の​あがない​の​​の​こうりょく​を​およぼして​ください。わたしたち​は、てん​と​万物ばんぶつ​を​そうぞう​され、また​将来しょうらいひと​の​ら​の​なか​に​くだって​られる​かみ​の​おん​イエス・​キリスト​を​しんじて​います。」

3 ​そして、かれら​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、しゅ​の​たま​が​かれら​に​くだられた。そして​かれら​は、つみ​の​ゆるし​を​け、良心りょうしん​の​やすらぎ​を​た​ので、よろこび​に​たされた。それ​は、かれら​が​ベニヤミン​おう​の​かたった​こと​の​とおり​に、将来しょうらいられる​イエス・​キリスト​を​ふかく​しんじた​ため​で​ある。

4 ​それから​ベニヤミン​おう​は、ふたたび​くち​を​ひらいて​かれら​に​かたり​はじめた。「わたし​の​とも​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、わたし​の​親族しんぞく​よ、わたし​の​たみ​よ、これから​わたし​が​かたる​こと​を​いて​かい​できる​よう​に、もう​いち​あなたがた​の​ちゅう​を​うながしたい。

5 よ、もしも​いま、あなたがた​が​かみ​の​いつくしみ​を​った​こと​で、ぶん​たち​を​りょく​な​ものち​の​ない​ものらく​した​じょうたい​に​ある​もの​と​かんじる​よう​に​なって​いる​なら​ば、

6 ​あなたがた​に​う​が、もし​あなたがた​が、かみ​の​いつくしみ​と​かみ​の​たぐい​ない​ちからかみ​の​かみ​の​忍耐にんたいひと​の​ら​へ​の​かみ​の​寛容かんよう​を​る​よう​に​なり、また​しゅ​に​たより、しゅ​の​いましめ​を​熱心ねっしん​に​まもって、ぶん​の​生涯しょうがい、すなわち、す​べき​からだ​の​生涯しょうがい​の​さい​まで​しんこう​を​ち​つづける​ひと​に​すくい​が​あたえられる​よう​に、​の​はじめ​から​贖罪しょくざい​が​そなえられて​きた​こと​を​も​る​よう​に​なった​なら​ば、

7 ​わたし​は​う​が、その​ひと​は、アダム​の​らくらい​この​に​んだ、あるいは​現在げんざいんで​いる、あるいは​​の​わり​まで​に​む​ぜんじんるい​の​ため​に、​の​はじめ​から​そなえられた​贖罪しょくざい​に​よって​すくい​を​ける​ひと​で​ある。

8 ​これ​が​すくい​が​あたえられる​ほうほう​で​ある。これまで​かたって​きた​​この​こと​の​ほか​に​どの​よう​な​すくい​も​なく、わたし​が​あなたがた​に​べて​きた​じょうけん​の​ほか​に​ひと​が​すくわれる​じょうけん​は​ない。

9 かみ​を​しんじ​なさい。かみ​が​まします​こと​と、かみ​が​てん​と​​の​万物ばんぶつ​を​そうぞう​された​こと​を​しんじ​なさい。かみ​は​すべて​の​​を​そなえ、また​てん​と​​の​両方りょうほう​で​いっさい​の​けん​を​って​おられる​こと​を​しんじ​なさい。さらに、ひと​は​しゅ​が​かい​される​ことがら​すべて​は​かい​しない​と​いう​こと​を​しんじ​なさい。

10 ​さらに​あなたがた​は、つみ​を​あらためて​その​つみ​を​て、かみ​の​まえ​に​へりくだら​なければ​ならない​こと​を​しんじ​なさい。そして、かみ​が​あなたがた​を​ゆるして​くださる​よう​に​ごころ​から​もとめ​なさい。これら​の​こと​を​すべて​しんじる​なら​ば、かならず​それ​を​じっこう​しなさい。

11 ​そして​ふたたび、すでに​かたった​よう​に、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​すでに​かみ​の​えいこう​を​る​よう​に​なった​ので、すなわち、かみ​の​いつくしみ​を​り、かみ​の​あい​を​あじわい、こころ​に​この​よう​な​じょう​に​おおきな​よろこび​を​あたえた​つみ​の​ゆるし​を​けた​ので、こん​も​かみ​の​だいさ​と​ぶんしん​の​りょくさ、それに​る​に​りない​人間にんげん​で​ある​あなたがた​に​たいする​かみ​の​いつくしみ​と​寛容かんよう、これら​を​おぼえて、いつも​おく​に​とどめて​おく​よう​に​して​ほしい。また、心底しんそこ謙遜けんそん​に​へりくだって、しゅ​の​​を​び、てん使​の​くち​を​とおして​かたられた​将来しょうらい​の​ごと​を​かっ​と​して​しんじ​つづけて​ほしい。

12 ​そして​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​が​この​よう​に​する​なら​ば、いつも​よろこび​を​かんじ、かみ​の​あい​で​たされ、また​いつも​つみ​の​ゆるし​を​たもてる​で​あろう。また​あなたがた​を​つくられた​かた​の​えいこう、すなわち、ただしく​真実しんじつ​な​ことがら​を​ますます​る​よう​に​なる​で​あろう。

13 ​また​あなたがた​は、たがいに​きずつけ​う​こころ​を​たず、へい​に​らし、あらゆる​ひと​に​その​ひと​が​とうぜんける​べき​もの​を​あたえたい​と​おもう​よう​に​なる​で​あろう。

14 ​また​あなたがた​は、ぶん​の​ども​たち​が​えて​いたり、る​もの​が​なかったり​する​の​を​ほうって​は​おかない​で​あろう。あなたがた​は​ども​たち​が​かみ​の​りっぽう​に​そむく​の​も、たがいに​たたかう​の​も、あらそい​う​の​も​ほうって​は​おかない​で​あろう。また、つみ​の​かしら​で​ある​あく、すなわち、わたしたち​の​せん​が​かたって​きた​あくれい​で​あり、あらゆる​​の​てき​で​ある​あく​に​つかえる​こと​も​ゆるさない​で​あろう。

15 ​むしろ​あなたがた​は、かれら​に​しん​の​みち​を​まじめ​に​あゆむ​よう​に​おしえる​で​あろう。たがいに​あいし​い、たがいに​つかえ​う​よう​に​おしえる​で​あろう。

16 ​そして​また、あなたがた​は​ぶんしん​で​も、たすけ​を​ひつよう​と​して​いる​ひと​を​たすけ、とぼしい​ひと​に​ぶん​の​もの​を​あたえる​で​あろう。また、ものい​が​あなたがた​に​ねがう​の​に​おうじない​で、はらって​なせる​よう​な​こと​を​しない​で​あろう。

17 ​あるいは、あなたがた​は​つぎ​の​よう​に​う​かも​しれない。『その​ひと​は​ぶん​で​その​こう​を​まねいた​の​だから、わたし​は​​を​し​べない。かれ​が​くるしまなくて​む​よう​に​食物しょくもつ​を​あたえる​こと​は​しない​し、もの​を​ける​こと​も​しない。かれ​が​ばつ​を​ける​の​は​とうぜん​な​の​だから。』

18 ​しかし、おお、人々ひとびと​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。この​よう​に​する​もの​は​だれでも、おおいに​あらためる​ひつよう​が​ある。この​よう​な​もの​は、ぶん​の​おこなって​きた​こと​を​あらため​なければ、とこしえ​に​ほろびて、かみ​の​おうこく​に​あずかる​こと​は​ない。

19 よ、わたしたち​は​みなものい​で​は​ない​だろう​か。わたしたち​は​みなって​いる​すべて​の​もの​に​ついて、すなわち​食物しょくもつ​も​ふく​も、きん​も​ぎん​も、その​ほか​って​いる​あらゆる​とみ​に​ついて、どういつ​の​かた、すなわち​かみ​に​ぞん​して​は​いない​だろう​か。

20 ​そして​よ、いま​で​さえ​あなたがた​は​かみ​の​​を​び、つみ​の​ゆるし​を​ねがって​いる。かみ​は​あなたがた​が​ねがう​の​に​おうじないで、ながして​こられた​だろう​か。いや、かみ​は​あなたがた​に​たま​を​そそぎ、あなたがた​の​こころ​を​よろこび​で​たし、あなたがた​が​かたる​こと​を​いだせない​で​くち​を​つぐむ​ほど​に​された。それほど​あなたがた​の​よろこび​が​じょう​に​おおきかった​の​で​ある。

21 ​さて、もしも​あなたがた​を​つくられた​かみ、あなたがた​が​ぶん​の​いのち​に​ついて​も​ぶん​の​もの​と​のうりょく​の​すべて​に​ついて​も​たよって​いる​かみ​が、あなたがた​が​かならず​あたえられる​と​しんじて、しんこう​を​もって​もとめる​せいとう​な​もの​を、なんでも​すべて​あたえて​くださる​と​すれ​ば、まして​あなたがた​は、ぶん​たち​の​って​いる​もの​を​たがいに​かち​って​とうぜん​で​は​ない​だろう​か。

22 ​また、​を​まぬがれる​ため​に​ものい​を​する​ひと​を、あなたがた​が​さばいて​つみ​に​さだめる​なら​ば、ぶん​の​もの​を​あたえない​こと​で​つみ​に​さだめられる​こと​の​ほう​が、もっと​​に​かなって​は​いない​だろう​か。あなたがた​の​もの​は​あなたがた​の​もの​で​は​なく、かみ​の​もの​で​あり、いのち​も​また​かみ​の​もの​で​ある。に​も​かかわらず、あなたがた​は​かみ​に​まったく​ものい​を​せず、ぶん​の​おこなって​きた​こと​を​あらため​も​しない。

23 ​わたし​は​あなたがた​に​う。その​よう​な​もの​は​わざわい​で​ある。その​もの​は​その​もの​と​ともに​ほろびる​から​で​ある。わたし​は​これら​の​こと​を、この​の​もの​に​んで​いる​もの​たち​に​げる。

24 ​さらに、わたし​は、める​ほど​で​は​ない​が、​の​生活せいかつ​に​は​りる​ほど​の​もの​を​って​いる​あなたがた​まずしい​人々ひとびと、すなわち、ぶん​に​は​ない​から​と​いう​こと​で、ものい​に​あたえる​こと​を​ことわる​あなたがた​に​う。あなたがた​は​こころ​の​なか​で、『わたし​に​は​ない​ので​あたえない​が、もし​あれ​ば​あたえる​で​あろう』​と​う​よう​に​して​ほしい。

25 ​さて、こころ​の​なか​で​こう​う​かぎり​ぜん​と​して​つみ​は​ない。そう​で​なければ​つみ​に​さだめられる。まだ​て​いない​もの​を​むさぼる​の​で​ある​から、つみ​の​せんこく​を​けて​とうぜん​で​ある。

26 ​さて、あなたがた​に​かたって​きた​これら​の​こと​の​ため​に、すなわち、かみ​の​まえ​を​つみ​なく​あゆめる​よう、つみ​の​ゆるし​を​つづけて​ける​ため​に、ぶん​の​って​いる​ぶん​に​おうじて、それぞれ​もの​を​まずしい​ひと​に​け​あたえる​よう​に​して​ほしい。たとえば、えて​いる​ひと​に​べ​させ、る​もの​の​ない​ひと​に​せ、びょうにん​を​い、各々おのおの​の​よう​に​おうじて​霊的れいてき​に​も​ぶっしつてき​に​も​たすけ​を​あたえる​こと​で​ある。

27 ​これら​の​こと​は​すべて、賢明けんめい​に​ちつじょただしく​おこなう​よう​に​しなさい。ひと​が​ぶん​の​ちからじょう​に​はやく​はしる​こと​は​ようきゅう​されて​は​いない​から​で​ある。しかし​また、しょう​を​る​ため​に​勤勉きんべん​に​はげむ​の​は​ひつよう​な​こと​で​ある。したがって、何事なにごと​も​ちつじょただしく​おこなう​よう​に​しなさい。

28 ​また、この​こと​を​おぼえて​おいて​ほしい。あなたがた​は​だれ​で​あって​も、隣人りんじん​から​もの​を​りた​なら、その​もの​を​やくそく​どおり​に​かえす​よう​に​しなければ​ならない。そう​で​なければ、ぶん​が​つみ​を​おかす​ばかり​で​なく、おそらく​隣人りんじん​に​も​つみ​を​おか​させる​こと​に​なる。

29 さい​に​う​が、あなたがた​が​つみ​を​おかす​もと​に​なる​こと​を​すべて​げる​こと​は​できない。その​ほうほう​や​しゅだん​は​いろいろ​あって、かぞげられない​ほど​おおい​から​で​ある。

30 ​しかし、これだけ​は​える。もし​ぶんしん​や​ぶん​の​おもい、ことおこない​に​ちゅう​を​はらわず、かみ​の​いましめ​を​まもらず、しゅ​の​らいりん​に​ついて​いた​ことがら​を​生涯しょうがい​の​さい​まで​しんじ​つづけない​なら​ば、あなたがた​は​ほろびる​に​ちがいない。おお、人々ひとびと​よ、おぼえて​おき​なさい。ほろびて​は​ならない。」