聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​1​章

千八百三十一​ねん​十一がつ一日ついたち、オハイオ​しゅう​ハイラム​で​ひらかれた​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​の​とくべつ大会たいかいちゅう​に、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、二百二十一-二百二十四​ページ)。この​とき​より​まえ​に​しゅ​から​おおく​の​けい​が​あたえられて​おり、これら​の​けい​を​編集へんしゅう​して​しょもつ​として​しゅっぱん​する​こと​が、この​大会たいかい​で​けつ​された​しゅよう​な​だい​の​一つ​で​あった。この​しょう​は、この​しんけんだい​に​あたえられた​きょうせいやく、および​いましめ​に​ついて​の​しゅ​の​はしがき​と​なって​いる。

1-7けいこく​の​こえ​が​すべて​の​たみ​に​およぶ。​8-16再臨さいりん​に​さきつ​背教はいきょう​と​あく。​17-23しゅ​の​しん​と​ちから​を​じょう​に​回復かいふく​する​ため​に、ジョセフ・​スミス​が​される。​24-33『モルモンしょ』​が​され、まこと​の​きょうかい​が​せつりつ​される。​34-36へい​が​​から​られる。​37-39​これら​の​いましめ​を​調しらべ​なさい。

1 き​なさい、おお、わたし​の​きょうかい​の​人々ひとびと​よ。たかい​ところ​に​み、その​​が​すべて​の​ひと​の​うえ​に​ある​もの​の​こえ​は​う。まことに​わたし​は​う。とおく​の​たみ​よ、き​なさい。う み​の​島々しまじま​に​いる​もの​よ、ともに​みみ​を​かたむけ​なさい。

2 まことに、しゅ​の​こえ​は​すべて​の​ひと​に​および、のがれる​もの​は​ひと​も​いない。​として​ない​もの​は​なく、みみ​として​かない​もの​は​なく、こころ​として​つらぬかれない​もの​も​ない。

3 また、そむく​もの​は​ふかい​かなしみ​に​し​つらぬかれる。かれら​の​ざいあく​が​​の​うえ​で​かたられ、かれら​の​かくれた​おこない​が​あばかれる​から​で​ある。

4 また、けいこく​の​こえ​は、この​わり​の​とき​に​わたし​が​えらんだ​​たち​の​くち​を​とおして、すべて​の​たみ​に​およぶ。

5 かれら​は​て​き、かれら​を​とどめる​もの​は​いない。しゅ​なる​わたし​が​かれら​に​めいじた​から​で​ある。

6 よ、これ​は​わたし​の​けん​で​あり、わたし​の​しもべ​たち​の​けん​で​あり、わたし​の​いましめ​の​しょ​へ​の​はしがき​で​ある。おお、​に​む​もの​よ、これら​の​いましめ​は、あなたがた​に​らせる​ため​に​わたし​が​しもべ​たち​に​あたえた​もの​で​ある。

7 それゆえ、おお、たみ​よ、おそれ​おののき​なさい。しゅ​なる​わたし​が​これら​の​なか​で​げた​こと​は​じょうじゅ​する​から​で​ある。

8 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。​に​む​もの​に​これら​の​おとずれ​を​つたえる​ため​に​て​く​もの​に​は、しんじない​もの​や​そむく​もの​を​じょう​で​も​てん​で​も​むすかためる​ちから​が​あたえられる。

9 まことに、かみ​の​はげしい​いかり​が​かぎりなく​あくにん​の​うえ​に​そそがれる​​の​ため​に、かれら​を​むすかためる​の​で​ある。

10 しゅ​が​て​すべて​の​ひと​に​その​おこない​に​おうじて​むくい​を​あたえ、また​すべて​の​ひと​を​その​同胞はらから​を​はかった​はかり​で​はかる​​の​ため​に。

11 それゆえ、しゅ​の​こえ​は、こう​と​する​すべて​の​ひと​が​ける​よう​に​​の​て​に​まで​およぶ。

12 あなたがた​は​そなえ​なさい。きたる​べき​こと​の​ため​に​そなえ​なさい。しゅ​は​ちかい​から​で​ある。

13 しゅ​の​いかり​は​え、しゅ​の​つるぎ​は​てん​に​おいて​ひたされて​いる。そして、それ​は​​に​む​もの​の​うえ​に​くだる。

14 しゅ​の​うで​が​あらわされる。そして、しゅ​の​こえ​も​その​しもべ​たち​の​こえ​も​こう​と​せず、げんしゃ​たち​や​使​たち​の​こと​も​こころ​に​めよう​と​しない​もの​たち​が、たみ​の​なか​から​たれる​​が​る。

15 かれら​は​わたし​の​さだめ​から​はなれ​り、わたし​の​永遠えいえん​の​せいやく​を​やぶった。

16 かれら​は​しゅ​の​​を​てる​ため​に​しゅ​を​もとめよう​と​せず​に、すべて​の​ひと​が​ぶん​の​みち​を、ぶん​の​かみ​の​ぞう​を​もとめて​あゆむ。その​ぞう​は​ぞく​の​かたち​で​あり、その​本質ほんしつ​は​ぐうぞう​の​それ​で​ある。それ​は​ふるびて、バビロン、まことに​おおいなる​バビロン​に​おいて​ほろび、バビロン​は​たおれる。

17 しゅ​なる​わたし​は、​に​む​もの​に​くだる​わざわい​を​って​いる​ので、わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​を​おとずれ、かれ​に​てん​から​かたり、いましめ​を​あたえた。

18 また、ほか​の​もの​たち​に​も​いましめ​を​あたえて、かれら​が​これら​の​こと​を​​に​宣言せんげん​する​よう​に​した。これ​は​すべて、げんしゃ​たち​に​よって​しるされた​こと​が​じょうじゅ​する​ため​で​ある。

19 すなわち、​の​よわい​もの​たち​が​て​て、ちから​ある​つよい​もの​たち​を​やぶる。それ​は、ひと​が​その​同胞はらから​に​ちゅうこく​する​こと​や、にく​の​うで​に​たよる​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​あり、

20 すべて​の​ひと​が​しゅ​なる​かみ、すなわち​​の​すくぬし​の​​に​よって​かたる​ため、

21 しんこう​も​また​​に​す​ため、

22 わたし​の​永遠えいえん​の​せいやく​が​かくりつ​される​ため、

23 わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​が​よわい​もの​や​じゅんぼく​な​もの​に​よって​かい​の​て​まで、また​おう​や​とうしゃ​の​まえ​に​べられる​ため​で​ある。

24 よ、わたし​は​かみ​で​あり、わたし​が​これ​を​かたった。これら​の​いましめ​は​わたし​から​て​おり、わたし​の​しもべ​たち​に、かれら​の​よわさ​の​ある​まま​に、かれら​の​こと​に​ならって​あたえられた。それ​は、かれら​が​かい​できる​よう​に​する​ため​で​ある。

25 また、かれら​が​あやまり​を​おかした​なら​ば、それ​を​らされる​ため、

26 ​を​もとめた​なら​ば、おしえ​を​さずけられる​ため、

27 つみ​を​おかした​なら​ば、らしめ​を​けて、あらためられる​よう​に​する​ため、

28 謙遜けんそん​で​あれ​ば、つよく​され、たかい​ところ​から​しゅくふく​を​け、また​折々おりおりしき​を​あたえられる​よう​に​する​ため​で​ある。

29 また、まことに​わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​が、ニーファイじん​の​ろく​を​けた​のちかみ​の​あわれみ​に​よって、かみ​の​ちから​に​より​『モルモンしょ』​を​ほんやく​する​ちから​を​てる​よう​に​する​ため​で​あった。

30 また、これら​の​いましめ​を​あたえられた​人々ひとびと​も​この​きょうかい​の​​を​える​ちから​と、あんこく​から、また​くらやみ​から、ぜん​の​おもて​に​唯一ゆいいつ​まこと​の​ける​きょうかい​を​もたらす​ちから​を​てる​よう​に​する​ため​で​あった。きょうかい​に​ついて​え​ば、しゅ​なる​わたし​は​これ​を​こころ​から​よろこんで​いる。しかし、それ​は​全体ぜんたい​に​ついて​う​の​で​あって、ひと人​ひと​を​す​の​で​は​ない。

31 しゅ​なる​わたし​は、ほんの​わずか​で​も​つみ​を​ごし​に​する​こと​は​ない​から​で​ある。

32 それでも、あらためて​しゅ​の​いましめ​を​まもる​もの​は​ゆるされる​で​あろう。

33 また、あらためない​もの​は、すでに​けて​いる​ひかり​さえ​られる。わたし​の​たま​は​いつでも​ひと​を​はげます​わけ​で​は​ない​から​で​ある、と​万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

34 さらに​また、おお、​に​む​もの​よ、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​なる​わたし​は、これら​の​こと​を​すすんで​すべて​の​にく​なる​もの​に​らせよう​と​おもう。

35 わたし​は​ひと​を​かたより​ない​もの​で​あり、その​​が​すみやか​に​る​こと​を​すべて​の​ひと​が​る​よう​に​と​のぞんで​いる​から​で​ある。へい​が​​から​られ、あく​が​ぶん​の​領域りょういき​を​はい​する​ちから​を​つ​とき​は​まだ​て​いない​が、それ​は​もう​ちかい。

36 そして、しゅ​も​せい​たち​を​はい​する​ちから​を​ち、かれら​の​なか​で​おさめ、また​イドマヤ、すなわち​を​さばく​ため​に​くだって​る。

37 これら​の​いましめ​を​調しらべ​なさい。これら​は​真実しんじつ​で​あり、たしか​で​あって、これら​の​なか​に​ある​げん​と​やくそく​は​すべて​じょうじゅ​する​から​で​ある。

38 しゅ​なる​わたし​が​かたった​こと​は、わたし​が​かたった​の​で​あって、わたし​は​のがれ​を​しない。たとえ​てん​が​って​も、わたし​の​こと​は​る​こと​が​なく、すべて​じょうじゅ​する。わたし​しん​の​こえ​に​よろう​と、わたし​の​しもべ​たち​の​こえ​に​よろう​と、それ​は​おなじ​で​ある。

39 よ、よ、しゅ​は​かみ​で​あり、たま​は​あかし​する。そして、その​あかし​は​真実しんじつ​で​あり、しん​は​とこしえ​に​いつまで​も​わらない。アーメン。