聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​128​章

千八百四十二​ねん​九がつむいけ​で、イリノイ​しゅう​ノーブー​に​おいて​かれた、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​から​まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​に​あてた、しゃ​の​ため​の​バプテスマ​に​ついて​の​つい​の​​を​ふくむ​がみ(『きょうかいれき』​だい五​かん、百四十八-百五十三​ページ)。

1-5もと​と​ちゅうおう​の​ろくしゃ​は、しゃ​の​ため​の​バプテスマ​の​じつ​を​しょうめい​しなければ​ならない。​6-9かれら​の​ろく​は​こうそくりょく​が​あり、じょう​で​も​てん​で​も​ろく​される。​10-14​バプテスマ​フォント​は​はか​に​せて​つくられた​もの​で​ある。​15-17​エリヤ​は​しゃ​の​ため​の​バプテスマ​に​かんする​ちから​を​回復かいふく​した。​18-21​の​しんけんだい​の​すべて​の​かぎ​と​ちから権能けんのう​が​回復かいふく​された。​22-25よろこび​の​え​ある​おとずれ​が、生者せいしゃ​と​しゃ​の​ため​に​宣言せんげん​される。

1 わたし​が​ぶん​の​どころ​を​る​まえ​に、ときどきがみ​を​いて​おおく​の​こう​に​ついて​あなたがた​に​情報じょうほう​を​提供ていきょう​する​と​べた​よう​に、わたし​は​いましゃ​の​ため​の​バプテスマ​の​けん​を​ふたたび​げ​ます。てき​に​われて​から​このかた、この​こう​が​わたし​の​こころ​を​め、わたし​の​ち​に​もっとも​おもく​のしかかって​いる​よう​に​おもわれる​から​です。

2 わたし​は​ろくしゃ​に​ついて、いくつ​か​けい​の​こと​を​あなたがた​に​き​ました。また、この​けん​に​かんして​さらに​いくつ​か​の​見解けんかい​を​つ​よう​に​なり​ました​ので、それ​を​いまあきらか​に​しましょう。すなわち、まえ​の​がみ​で​べた​とおり、しゅ​の​まえ​に​正確せいかく​に​ろく​を​のこす​ため​に、見証けんしょうしゃ​と​なり、その​みみ​で​く​ろくしゃ​が​い​なければ​なりません。

3 さて、この​けん​に​かんして​は、ひと​の​ろくしゃ​が​いつも​って、すべて​の​​を​おこなう​こと​は​じょう​に​むずかしい​でしょう。この​むずかしさ​を​のぞく​ため​に、正確せいかく​な​ろく​を​る​の​に​十分じゅうぶん​な​かく​の​ある​ろくしゃ​を、​の​かく​に​ひと​ずつ​にんめい​する​こと​が​でき​ます。その​ろくしゃ​は、きわめて​詳細しょうさい​かつ​正確せいかく​に​すべて​の​つづき​の​ろく​を​り、その​​で​、その​みみ​で​いた​こと​を​その​ろく​の​なか​で​しょうめい​し、づけ​や​まえ​など、また​おこなわれた​すべて​の​ことがら​の​けい​を​も​しるす​よう​に​します。さらに、ふた​または​三にん​の​しょうにん​の​くち​に​よって​すべて​の​こと​が​かくてい​される​よう​に、だれか​う​ひと​が​いれ​ば、その​ことがら​を​しょうめい​する​よう​もとめられる​とき​に​いつでも​それ​が​できる​三にん​ほど​の​まえ​も​しるし​ます。

4 つぎ​に、かれら​の​さくせい​した​ろく​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​しょうめい​する​かれら​しん​が​しょめい​した​しょうめいしょ​と​ともに、これら​の​ろく​を​わたす​こと​の​できる、ちゅうおうろくしゃ​が​い​なければ​なりません。つぎ​に、ちゅうおうきょうかいろくしゃ​は、この​ろく​を、もろもろ​の​しょうめいしょ​ならびに​って​いた​すべて​の​しょうにんめい​と​ともに、また、それら​の​ろくしゃ​の​大体だいたい​の​性格せいかく​を​って​いる​こと​と​かれら​が​きょうかい​に​よって​にんめい​されて​いる​と​いう​じつ​から​その​声明せいめい​と​ろく​が​真実しんじつ​で​ある​と​かくしん​して​いる​と​いう​みずから​の​声明せいめいしょ​と​ともに、一般いっぱんきょうかいろく簿​に​れる​こと​が​でき​ます。これ​が​一般いっぱんきょうかいろく簿​に​くわえられる​と、あたかも​かれ​が​その​​で​、その​みみ​で​き、一般いっぱんきょうかいろく簿​に​それ​を​ろく​した​と​おなじ​よう​に、この​ろく​は​神聖しんせい​な​もの​と​なり、その​しき​を​有効ゆうこう​と​する​の​です。

5 あなたがた​は​この​じゅん​を​とても​こまかい​と​おもう​かも​しれ​ません。しかし、あなたがた​に​もうげ​ます。これ​は、ふくいん​を​らず​に​ぬ​もの​の​すくい​の​ため​に、しゅ​が​そうせい​の​まえ​に​さだめ​かつ​そなえられた​しき​と​そなえ​に​したがう​こと​に​よって、ひたすら​かみ​の​こころ​に​おうじる​ため​な​の​です。

6 さらに​また、もくしゃ​ヨハネ​が​もくろくだい二十​しょう​十二​せつ​に​ある​とおり​に​べた​とき、かれ​は​しゃ​に​かんして​まさに​この​けん​を​かんがえて​いた​と​いう​こと​を、あなたがた​は​おぼえて​おいて​ほしい​の​です。「また​わたし​は、しゃ​が​ちいさな​もの​も​おおいなる​もの​も、かみ​の​まえ​に​って​いる​の​を​た。数々かずかず​の​しょもつ​が​ひらかれ、また​もう​一つ​の​しょもつ​も​ひらかれた。それ​は​いのち​の​しょ​で​ある。そして、しゃ​は​これら​の​しょもつ​に​かれて​いる​こと​に​もとづき、かれら​の​おこない​に​おうじて​さばかれた。

7 この​引用いんようぶん​に​る​とおり、数々かずかず​の​しょもつ​が​ひらかれ、また​もう​一つ​の​しょもつ​も​ひらかれ​ました。それ​は​いのち​の​しょ​でした。しかし、しゃ​は​数々かずかず​の​しょもつ​に​かれて​いる​こと​に​もとづき、かれら​の​おこない​に​おうじて​さばかれ​ました。したがって、ここ​で​われて​いる​数々かずかず​の​しょもつ​と​は、かれら​の​おこない​の​ろく​が​せられて​いる​しょもつ​の​はず​で​あり、じょう​で​しるされる​ろく​を​す​に​ちがいない​の​です。また、いのち​の​しょ​で​ある​と​された​しょ​は、てん​で​しるされる​ろく​です。この​原則げんそく​は、わたし​が​ぶん​の​どころ​を​る​まえ​に​あなたがた​に​いた​がみ​に​せられて​いる​けい​の​なか​で​あなたがた​に​めいじられた​きょう​に​かなって​います。あなたがた​の​ろく​する​すべて​の​こと​に​ついて、それ​が​てん​で​も​ろく​される​ため​な​の​です。

8 さて、この​しき​の​本質ほんしつ​は、イエス・​キリスト​の​けい​に​よる​しんけん​の​ちから​に​あり​ます。これ​に​よって、あなたがた​が​じょう​で​つなぐ​こと​は​なんでも​てん​で​つながれ、あなたがた​が​じょう​で​く​こと​は​なんでも​てん​で​かれる​と​いう​こと​が​みとめられる​の​です。い​えれば、この​ほんやく​に​ついて​べつ​の​かた​を​する​と、あなたがた​が​じょう​で​ろく​する​こと​は​なんでも​てん​で​ろく​され、また​あなたがた​が​じょう​で​ろく​しない​こと​は​てん​で​も​ろく​されない​と​いう​こと​です。それ​は、あなたがた​の​しゃ​が、数々かずかず​の​しょもつ​に​もとづき、かれら​しん​の​おこない​に​おうじて​さばかれる​から​です。すなわち、かれら​が​みずから​その​しき​を​けよう​と、あるいは​だいにん​の​なかち​に​よって、かみ​が​そうせい​の​まえ​から​かれら​の​すくい​の​ため​に​そなえられた​しき​に​したがって、その​しゃ​に​かんして​しるされた​ろく​の​とおり​に​その​しき​を​けよう​と、それ​に​おうじて​さばかれる​の​です。

9 わたしたち​が​かたって​いる​こと、すなわち​じょう​で​ろく​し、すなわち​つなぎ、かつ​てん​で​も​つなぐ​ちから​が​ある​と​いう​こと​は、ある​人々ひとびと​に​は、じょう​に​大胆だいたん​な​きょう​で​ある​と​おもわれる​かも​しれ​ません。しかしながら、​の​あらゆる​だい​に​おいて、しゅ​が​ある​ひと​に、あるいは​ある​人々ひとびと​の​しゅうだん​に、じっさい​の​けい​に​よって​しんけん​の​ほどこし​を​さずけられた​とき​は​いつでも、この​ちから​が​つねに​さずけられて​きた​の​です。したがって、何事なにごと​で​あろう​と、それら​の​ひと​が​権能けんのう​に​よって、しゅ​の​​に​よって​なし、ただしく​かつ​ちゅうじつ​に​おこない、それ​に​ついて​の​適切てきせつ​かつ​正確せいかく​な​ろく​を​しるした​こと​は、おおいなる​エホバ​の​さだめ​に​よって​じょう​で​も​てん​で​も​一つ​の​りっぽう​と​なり、せない​もの​と​なった​の​です。これ​は​たしか​な​こと​です。だれ​が​それ​を​く​こと​が​できる​でしょう​か。

10 さらに​また、その​先例せんれい​として、マタイ​に​よる​ふくいんしょだい十六​しょう​十八、十九​せつ​が​あり​ます。「そこで、わたし​も​あなた​に​う。あなた​は​ペテロ​で​ある。そして、わたし​は​この​いわ​の​うえ​に​わたし​の​きょうかい​を​てよう。ごく​の​もん​も​それ​に​つ​こと​は​ない。わたし​は、あなた​に​てん​の​おうこく​の​かぎ​を​さずけよう。そして、あなた​が​じょう​で​つなぐ​こと​は​なんでも​てん​で​つながれ、あなた​が​じょう​で​く​こと​は​なんでも​てん​で​かれる​で​あろう。

11 さて、この​ことがら全体ぜんたい​の​だい​かつ​じゅうよう​な​しん​と、わたしたち​の​まえ​に​ある​こう全体ぜんたい​の​さいこうぜん​は、せい​なる​しんけん​の​ちから​を​る​こと​に​ある​の​です。これら​の​かぎ​を​さずけられる​もの​に​とって、ひと​の​ら​の​すくい、すなわち​しゃ​と​生者せいしゃ​の​両方りょうほう​の​すくい​に​かんして、数々かずかず​の​じつ​を​る​こと​は​すこしも​むずかしい​こと​で​は​あり​ません。

12 ここ​に、すなわち​みず​に​よる​バプテスマ​の​しき、すなわち​しゃ​の​ありさま​に​おうじる​ため​に​みず​に​しずめられる​こと​に、えいこう​と​ほまれ、および​めつ​と​永遠えいえん​の​いのち​が​あり​ます。しゃ​の​ありさま​に​そって​水中すいちゅう​に​しずめられる​の​は、一つ​の​原則げんそく​が​​の​原則げんそく​に​いっ​する​ため​です。水中すいちゅう​に​しずめられ、そして​みず​から​て​る​こと​は、はか​から​て​る​しゃ​の​ふっかつ​に​て​います。したがって、この​しき​は、しゃ​の​ありさま​に​て​いる​ので、しゃ​の​ため​の​バプテスマ​の​しき​と​関連かんれん​する​よう​に​制定せいてい​された​の​です。

13 その​けっバプテスマ​フォント​は​はか​に​た​もの​として​もうけられ、生者せいしゃ​が​いつも​あつまる​しょ​の​した​に​ある​よう​に​と​めいじられ​ました。それ​に​よって、生者せいしゃ​と​しゃ​を​あらわす​ため、また​すべて​の​こと​に​るい​する​もの​が​ある​よう​に​する​ため、また​それら​が​たがいに​いっ​する​ため、すなわち​コリントびとへのだい一のがみだい十五​しょう​四十六、四十七、四十八​せつ​で​パウロ​が​べて​いる​よう​に、​に​ぞくする​もの​が​てん​に​ぞくする​もの​に​いっ​する​ため​な​の​です。

14 さいしょ​に​あった​の​は、れい​の​もの​で​は​なく、にく​の​もの​で​あって、そののち​に​れい​の​もの​が​る​の​で​ある。だい一​の​ひと​は​​から​て​つち​に​ぞくし、だい二​の​ひと​は​てん​から​る​しゅ​で​ある。つち​に​ぞくする​人々ひとびと​は、つち​に​ぞくする​ひと​の​よう​で​あり、てん​に​ぞくする​人々ひとびと​は、てん​に​ぞくする​ひと​の​よう​で​ある。」そして、てん​の​ろく​は、ただしく​つくられる​あなたがた​の​しゃ​に​かんする​じょう​の​ろく​に​て​います。したがって、これ​は​むすかため、かつ、つなぐ​ちから​で​あり、ある​​で​は、しき​の​かぎ​から​る​おうこく​の​かぎ​な​の​です。

15 さて、わたし​の​親愛しんあい​なる​きょうだいまい​たち、わたし​は​あなたがた​に​断言だんげん​します。これら​は​しゃ​と​生者せいしゃ​に​かんする​原則げんそく​で​あり、わたしたち​の​すくい​に​かんして​軽々かるがるしく​ごす​こと​の​できない​もの​です。かれら​の​すくい​は​わたしたち​の​すくい​に​とって​ひつよう​で​あり、けつ​だから​です。それ​は、パウロ​が​せん​に​ついて、わたしたち​なし​に​は​かれら​が​完全かんぜん​な​もの​と​される​こと​は​ない​と​って​いる​よう​に、わたしたち​の​しゃ​なし​に​は、わたしたち​も​完全かんぜん​な​もの​と​される​こと​は​ない​の​です。

16 さて、しゃ​の​ため​の​バプテスマ​に​かんして、わたし​は​パウロ​の​もう​一つ​の​こと、すなわち​コリントびとへのだい一のがみだい十五​しょう​二十九​せつ​を​引用いんよう​しましょう。「もし​しゃ​が​けっして​よみがえらない​と​すれ​ば、しゃ​の​ため​に​バプテスマ​を​ける​人々ひとびと​は、なに​を​する​の​だろう​か。なぜ​しゃ​の​ため​に​バプテスマ​を​ける​の​か。

17 さらに​また、この​引用いんようぶん​に​関連かんれん​して、ひと​の​げんしゃ​の​こと​を​引用いんよう​しましょう。かれ​は​しんけん​の​回復かいふく​と、わり​の​とき​に​しめされる​えいこう​と、また​とくに​永遠えいえん​の​ふくいん​に​ぞくする​すべて​の​こう​の​なか​で​もっとも​えいこう​ある​この​ことがら、すなわち​しゃ​の​ため​の​バプテスマ​に​その​​を​そそいで​いました。マラキ​は、その​しょ​の​さい​の​しょう​の​だい五​せつ​と​六​せつ​で​って​います。「よ、しゅ​の​おおいなる​おそるべき​​が​る​まえ​に、わたし​は​げんしゃエリヤ​を​あなたがた​に​つかわす。かれ​は​せん​の​こころ​を​そん​に、そん​の​こころ​を​その​せん​に​け​させる。これ​は、わたし​が​て、のろい​を​もって​​を​つ​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

18 わたし​は​これ​を​もっと​かり​やすく​ほんやく​する​こと​も​でき​ました​が、このまま​で​も​十分じゅうぶん​に​かり​やすく、わたし​の​もくてき​に​かない​ます。この​あいせん​と​そん​の​あいだ​に​ある​こう​に​ついて​かたい​つながり​が​なければ、​は​のろい​を​もって​たれる​と​いう​こと​を​る​だけ​で​十分じゅうぶん​です。さて、その​こう​と​は​なん​でしょう​か。それ​は​しゃ​の​ため​の​バプテスマ​です。かれら​なし​に​は​わたしたち​が​完全かんぜん​な​もの​と​される​こと​は​なく、また​わたしたち​なし​に​は​かれら​が​完全かんぜん​な​もの​と​される​こと​は​ない​の​です。また、ふくいん​に​あって​んだ​もの​なし​に​は、かれら​も​わたしたち​も​完全かんぜん​な​もの​と​される​こと​は​あり​ません。いまや​おとずれよう​と​して​いる​ときちる​しんけんだい​の​とうらい​に​たって、アダム​の​だい​から​現在げんざい​に​いたる​まで​の、しんけんだい​と​かぎ​と​ちから​と​えいこう​の​すべて​の、ことごとく​の、完全かんぜん​な​ごう​と​結合けつごう​が​こり、しめされる​こと​が​ひつよう​だから​です。また​これだけ​で​は​なく、​の​はじめ​から​まだ​いち​も​しめされて​おらず、​の​ある​もの​や​かしこい​もの​から​かくされて​きた​数々かずかず​の​ことがら​も、この​ときちる​しんけんだい​に​は、みどりご​や​​に​しめされる​こと​でしょう。

19 さて、わたしたち​の​けた​ふくいん​に​ついて、なに​を​く​でしょう​か。よろこび​の​こえ​です。てん​から​の​あわれみ​の​こえ​から​の​しん​の​こえしゃ​の​ため​の​よろこび​の​おとずれ、生者せいしゃ​と​しゃ​の​ため​の​よろこび​の​こえむねおどる​おおいなる​よろこび​の​おとずれ。ぜん​の​よろこび​の​おとずれ​を​つたえ、シオン​に​かって、「よ、あなた​の​かみ​が​おさめて​おられる」と​う​もの​の​あし​は、やま​の​うえ​に​あって​なんと​うるわしい​こと​でしょう。カルメル​の​つゆ​の​よう​に、かみ​の​しき​が​かれら​に​くだる​こと​でしょう。

20 さらに​また、わたしたち​は​なに​を​く​でしょう​か。クモラ​から​の​よろこび​の​おとずれ​です。げんしゃ​たち​の​げん​の​じょうじゅ​と、あきらか​に​される​しょ​に​ついて​宣言せんげん​する、てん​から​の​てん使モロナイ。そのしょ​に​ついて​あかし​する​よう​に​三にん​の​しょうにん​に​げられた、セネカ​ぐんフェイエット​の​​に​おける​しゅ​の​こえあく​が​ひかり​の​てん使​として​あらわれた​とき​に​それ​を​あばいた、サスケハナ​がわ​の​きし​に​おける​ミカエル​の​こえおうこく​の​かぎ​と​ときちる​しんけんだい​の​かぎ​を​って​いる​と​みずから​宣言せんげん​した、サスケハナ​がわ沿い​の​サスケハナ​ぐん​ハーモニー​と​ブルーム​ぐん​コールズビル​の​あいだ​の​​に​おける​ペテロ​と​ヤコブ​と​ヨハネ​の​こえ

21 さらに​また、セネカ​ぐん​フェイエット​の​ホイットマーおう​の​​に​おける、また​この​まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​の​すべて​の​たび​と​艱難かんなん​を​つうじて、様々さまざま​な​とき​の、様々さまざま​な​しょ​に​おける​かみ​の​こえ。また、それぞれ​の​しんけんだい​と​けんかぎほまれ、尊厳そんげん​と​えいこうしんけん​の​ちから​に​ついて​宣言せんげん​し、また​ここ​に​も​すこし、そこ​に​も​すこし​と、おしえ​に​おしえ、くんかい​に​くんかい​を​あたえ、また​きたる​べき​ことがら​を​宣言せんげん​する​こと​に​よって​わたしたち​に​なぐさめ​を​あたえ、わたしたち​の​ぼう​を​たしか​な​もの​と​した、てん使ちょう​ミカエル​の​こえガブリエル​と、ラファエル​と、ミカエル​すなわち​アダム​から​現在げんざい​に​いたる​まで​の​様々さまざま​な​てん使​たち​の​こえ

22 きょうだい​たち​よ、わたしたち​は​この​よう​な​だい​な​たい​に​おいて​前進ぜんしん​しよう​で​は​あり​ません​か。退しりぞかず​に​まえ​に​すすんで​ください。きょうだい​たち​よ、ゆう​を​して​ください。しょう​に​かって​すすみ、すすんで​ください。こころ​を​よろこび​たのしませ、おおいに​よろこんで​ください。​は​こえ​を​はなって​うたい​なさい。しゃ​は、おう​なる​インマヌエル​に​かって​永遠えいえん​の​さん​の​うた​を​かたり​し​なさい。おう​なる​インマヌエル​は、わたしたち​が​しゃ​を​ごく​から​あがなえる​よう​に​する​ほうほう​を、かい​が​そんざい​する​まえ​に​さだめられ​ました。ごく​に​いる​もの​たち​は​かいほう​される​の​です。

23 山々やまやま​は​よろこび​ばわり​なさい。すべて​の​たに​よ、こえたからか​に​さけび​なさい。すべて​の​う み​と​かわいた​​よ、あなたがた​の​永遠えいえん​の​おう​の​きょう​を​げ​なさい。かわ​よ、がわ​よ、せせらぎ​よ、よろこび​を​もって​ながれ​くだり​なさい。もり​と、​の​すべて​の​​は、しゅ​を​ほめ​たたえ​なさい。かたい​いわ​よ、よろこび​の​なみだ​を​ながし​なさい。太陽たいよう​と​つき​と​け​の​ほし​は、ともに​うたい​なさい。かみ​の​ら​は​みなよろこび​ばわり​なさい。永遠えいえん​の​そうぞうぶつ​は、とこしえ​に​いつまで​も​かみ​の​​を​たたえ​なさい。さらに​また、わたし​は​もうし​ます。えいこう​と、すくい​と、ほまれ​と、めつ​と、永遠えいえん​の​いのち​と、また​おうこく​と​こうこく​と​ちから​を​わたしたち​の​みみ​に​宣言せんげん​する​てん​から​こえる​こえ​は、なんと​え​ある​こと​でしょう。

24 まことに、しゅ​の​おおいなる​​は​ちかづいて​います。しゅ​の​られる​​に​は、だれ​が​えられる​でしょう。しゅ​が​姿すがた​を​あらわされる​とき​に、だれ​が​って​いられる​でしょう。しゅ​は​精錬せいれん​する​もの​の​​の​よう​で​あり、ぬの​さらし​の​​の​よう​です。しゅ​は​ぎん​を​精錬せいれん​し​きよめる​もの​として​​に​き、レビ​の​ら​を​きよめ、きんぎん​の​よう​に​かれら​を​きよめて、かれら​が​​を​もって​ささげもの​を​しゅ​に​ささげられる​よう​に​され​ます。したがって、わたしたち​は​きょうかい​として、また​たみ​として、また​まつじつせい​として、​を​もって​ささげ​もの​を​しゅ​に​ささげ​ましょう。また、しゅ​の​せい​なる​神殿しんでん​が​完成かんせい​する​とき、わたしたち​の​しゃ​の​ろく​を​せた、その​まま​れる​に​あたいする​しょ​を​そこ​に​ささげ​ましょう。

25 きょうだい​たち​よ、わたし​は​この​けん​に​ついて​たくさん​の​こと​を​あなたがた​に​もうげたい​と​おもい​ます​が、いま​の​ところ​は​これ​で​わり、べつ​の​おり​に​この​けん​を​つづける​こと​に​します。いつも​の​よう​に、わたし​は​あなたがた​の​いやしい​しもべ​で​あり、けっして​はなれる​こと​の​ない​友人ゆうじん​です。

ジョセフ・​スミス