聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​131​章

千八百四十三​ねん​五がつ​十六、十七​にち、イリノイ​しゅう​レイマス​に​おいて​あたえられた、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​に​よる​おしえ(『きょうかいれき』​だい五​かん、三百九十二-三百九十三​ページ)。

1-4​の​さかえ​の​けっこん​は、さいこう​の​てん​に​おける​昇栄しょうえい​に​けつ​で​ある。​5-6永遠えいえん​の​いのち​に​むすかためられる​ほうほう​が​説明せつめい​される。​7-8​すべて​の​れい​は​ぶっしつ​で​ある。

1 ​の​さかえ​の​えいこう​に​は、三つ​の​てん、すなわち​三つ​の​階級かいきゅう​が​ある。

2 その​さいこう​の​階級かいきゅう​を​る​ため​に​は、ひと​は​この​しんけん​の​くらい(すなわち、けっこん​の​あたらしく​かつ​永遠えいえん​の​せいやく)に​はいらなければ​ならない。

3 そう​しなければ、その​ひと​は​それ​を​る​こと​が​できない。

4 その​ひと​は​​の​階級かいきゅう​に​はいる​こと​は​できる​が、それ​は​かれ​の​おうこく​の​わり​で​あって、その​ひと​は​し​くわえる​こと​が​できない​の​で​ある。

5 (千八百四十三​ねん​五がつ​十七​にち)いっそう​確実かくじつ​な​げん​の​こと​と​は、ひと​が​せい​なる​しんけん​の​ちから​に​よって​永遠えいえん​の​いのち​に​むすかためられた​こと​を、けい​と​げん​の​れい​に​よって​る​こと​で​ある。

6 ひと​が​​で​すくわれる​こと​は​のう​で​ある。

7 じったい​の​ない​ぶっしつ​と​いう​もの​は​そんざい​しない。れい​は​すべて​ぶっしつ​で​ある​が、もっと​さい​で​じゅんすい​で​あり、よりきよい​​に​よって​のみ​ける​こと​が​できる​もの​で​ある。

8 わたしたち​は​それ​を​る​こと​が​できない。しかし、からだ​が​きよめられる​とき、それ​が​すべて​ぶっしつ​で​ある​こと​が​かる​で​あろう。