聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​138​章

千九百十八​ねん​十がつみっ、ユタ​しゅう​ソルトレーク・​シティー​に​おいて、ジョセフ・​F・​スミス​だいかんちょう​に​あたえられた​げん。千九百十八​ねん​十がつよっ、スミス​だいかんちょう​は、きょうかい​の​だい​八十九​かいはんそう大会たいかい​に​おける​開会かいかい​の​せっきょう​の​なか​で、すう​か​げつかん​に​なんかい​か​神聖しんせい​な​まじわり​を​けた​と​言明げんめい​した。その​うち​の​一つ​が、ぶん​の​からだ​が​はか​に​おさめられて​いた​あいだ​に​おこなわれた、すくぬし​の​しゃ​の​れい​たち​へ​の​おとずれ​に​かんする​もの​で​あり、スミス​だいかんちょう​は​大会たいかい​の​前日ぜんじつ​に​それ​を​けた​の​で​あった。それ​は​大会たいかい​の​終了しゅうりょう​すぐに​しるされて、千九百十八​ねん​十がつ​三十一​にち​に、だいかんちょうかい​に​おける​もん​と、じゅう使ひょうかい、および​しゅくふく​に​てい​され、全会ぜんかいいっ​で​れられた。

1-10​ジョセフ・​F・​スミス​だいかんちょう​は、ペテロ​の​ろく​と、わたしたち​の​しゅ​の​霊界れいかい​へ​の​おとずれ​に​ついて​ふかく​かんがえる。​11-24​スミス​だいかんちょう​は、パラダイス​に​あつまって​いた​じん​の​しゃ​と、かれら​の​なか​で​の​キリスト​の​はたらき​を​る。​25-37ふくいん​の​宣教せんきょう​が​れい​たち​の​あいだ​で​どの​よう​に​しき​された​か​を​る。​38-52霊界れいかい​に​アダム​と​エバ、および​おおく​の​せい​なる​げんしゃ​たち​を​る。かれら​は​ふっかつまえ​の​れい​の​じょうたい​を​そくばく​と​かんがえて​いた。​53-60​この​だい​の​じん​の​しゃ​は、れい​の​かい​で​その​はたらき​を​つづける。

1 千九百十八​ねん​十がつみっ、わたし​は​ぶん​の​​に​いて​聖文せいぶん​に​おもい​を​はせ、

2 ​の​あがない​の​ため​に​かみ​の​おん​が​はらわれた​おおいなる​あがない​の​せい​と、

3 あがなぬし​の​この​へ​の​らいりん​に​たって​御父おんちち​と​おん​が​しめされた​おおきな​おどろく​べき​あい​に​ついて​ふかく​かんがえて​いた。

4 この​あがなぬし​の​贖罪しょくざい​に​よって、また​ふくいん​の​しょ原則げんそく​に​したがう​こと​に​よって、じんるい​は​すくわれる​の​で​ある。

5 この​よう​に​かんがえて​いた​ところ、わたし​は、しゅ​が​じゅうじょう​で​くなられた​のち​に​ふくいん​が​べ​つたえられた​ポント​や​ガラテヤ、カパドキヤ、その​ほか​アジヤ​の​かく​に​さん​して​いる​しょ​の​せい​たち​に​あてた、使​ペテロ​の​文書ぶんしょ​を​また​おもした。

6 わたし​は『せいしょ』​を​ひらいて、ペテロのだい一のがみ​の​だい三​しょう​と​だい四​しょう​を​んだ。そして、んで​いた​とき​に、つぎ​の​せい​に​かつて​ない​ほど​ふかく​むね​を​たれた。

7 「キリスト​も、わたしたち​を​かみ​の​みもと​に​みちびく​ため、みずから​は​ただしい​かた​で​ある​の​に、ただしくない​もの​たち​の​ため​に、一度ひとたびつみ​の​ゆえ​に​くるしまれた。そして、にく​に​おいて​は​ころされた​が、れい​に​おいて​は​かされた​の​で​ある。

8 その​れい​に​おいて​かれ​は、ごく​に​いる​れい​たち​の​ところ​へ​って​おしえ​を​かれた。

9 この​れい​たち​は、むかし​ノア​の​だい​に​箱舟はこぶね​が​つくられて​いた​あいだかみ​が​寛容かんよう​を​もって​って​おられた​の​に​したがわなかった​もの​で​ある。その​箱舟はこぶね​に​み、みず​に​よって​すくわれた​の​は、わずか​に​八​めい​だけ​で​あった。」(ペテロのだい一のがみだい三​しょう​十八-二十​せつ

10 にん​に​さえ​ふくいん​が​べ​つたえられた​の​は、かれら​は​にく​に​おいて​は​人間にんげん​として​さばき​を​ける​が、れい​に​おいて​は​かみ​の​よう​に​きる​ため​で​ある。」(ペテロのだい一のがみだい四​しょう​六​せつ

11 しるされて​いる​これら​の​こと​を​ふかく​かんがえて​いる​と、わたし​の​かい​の​​が​ひらかれ、しゅ​の​たま​が​わたし​の​うえ​に​とどまった。そして、しゃ​が​ちいさな​もの​も​おおいなる​もの​も​ともに​れ​を​して​いる​の​が​えた。

12 じょう​に​おおく​の​ただしい​もの​の​れい​が、一つ​の​しょ​に​あつまって​いた。かれら​は​す​べき​​に​んで​いた​あいだ、イエス​の​あかし​に​ちゅうじつ​で​あった​もの​たち​で​あり、

13 かみ​の​おん​の​おおいなる​せい​の​ひながた​として​せい​を​ささげ、また​あがなぬし​の​​に​よって​艱難かんなん​を​けた​もの​たち​で​ある。

14 これら​の​もの​は​みなちち​なる​かみ​と​その​ひと​イエス・​キリスト​の​めぐみ​に​より、えいこう​ある​ふっかつ​の​のぞみ​を​かっ​と​して​って​す​べき​​を​った​の​で​ある。

15 わたし​は​かれら​が​よろこび​と​たのしみ​に​たされ、かいほう​の​​が​ちかづいた​ので、ともに​よろこんで​いる​の​を​た。

16 かれら​は​あつまって、かみ​の​おん​が​霊界れいかい​に​て​​の​なわ​から​の​あがない​を​宣言せんげん​される​の​を​って​いた。

17 かれら​の​ねむれる​ちり​は、ほね​が​本来ほんらい​の​ほね​と​つらなり、その​うえ​を​すじ​と​にく​が​おおって、その​完全かんぜん​な​つくり​に​回復かいふく​される​の​で​あった。かれら​が​ちみちる​よろこび​を​ける​ため​に、れい​と​からだ​が​けっして​ふたたび​ぶん​する​こと​の​ない​よう​に​むすび​わされる​の​で​ある。

18 この​だい群衆ぐんしゅう​が​​の​くさり​から​の​かいほう​の​とき​を​よろこび、かたい​ながら​って​いる​と、かみ​の​おん​が​あらわれて、ちゅうじつ​で​あった​とらわれ​びと​に​ゆう​を​宣言せんげん​された。

19 また、そこ​に​おいて​かみ​の​おん​は、永遠えいえん​の​ふくいん​と​ふっかつ​の​きょうらく​から​の​じんるい​の​あがない、および​あらため​を​じょうけん​と​する​じん​の​つみ​から​の​あがない​に​ついて​かれら​に​べ​つたえられた。

20 しかし、あくにん​の​ところ​へ​は、おん​は​かれなかった。また、かみ​を​うやまわない​もの​や、にくたい​に​ある​とき​に​みずから​を​けがして​あらためなかった​もの​の​なか​で​は、おん​の​こえ​は​はっせられず、

21 むかし​の​げんしゃ​たち​の​あかし​と​けいこく​を​こばんだ​従順じゅうじゅん​な​もの​は、おん​の​臨在りんざい​を​​に​する​こと​も、おん​の​かお​を​あおぎ​る​こと​も​なかった。

22 これら​の​もの​の​いる​ところ​で​は​くらやみ​が​はい​して​いた。しかし、じん​の​あいだ​に​は​平安へいあん​が​あった。

23 そして、せい​たち​は​かれら​の​あがない​を​よろこび、ひざまずき、かみ​の​おん​を​あがなぬし、および​​と​ごく​の​くさり​から​の​かいほうしゃ​として​れた。

24 かれら​の​かお​は​ひかり​を​はなち、しゅ​の​まえ​から​はっする​かがやき​が​かれら​の​うえ​に​とどまった。そして、かれら​は​しゅ​の​せい​なる​​を​さん​した。

25 わたし​は​​に​おもった。と​いう​の​は、すくぬし​が​ユダヤじん​と​イスラエル​の​いえ​の​もの​たち​の​あいだ​で​の​はたらき​に​およそ​三​ねん​を​ついやして、かれら​に​永遠えいえん​の​ふくいん​を​おしえ、かれら​を​まねいて​あらため​させよう​と​された​が、

26 それでも、すくぬし​が​おおいなる​ちから​と​権能けんのう​を​もって​その​ちから​ある​わざ​と​数々かずかず​の​せき​を​おこない、しん​を​宣言せんげん​された​に​も​かかわらず、その​こえ​に​き​したがい、すくぬし​の​まえ​に​いる​こと​を​よろこび、その​​から​すくい​を​けた​もの​は​ほんの​わずか​で​あった​こと​を、わたし​は​って​いた​から​で​ある。

27 しかし、しゃ​の​なか​で​の​すくぬし​の​はたらき​は、じゅうじょう​の​​と​ふっかつ​の​あいだ​の​みじかい​かん​に​かぎられて​いた。

28 わたし​は、かみ​の​おん​は​むかし​ノア​の​だい​に​かみ​が​寛容かんよう​を​もって​って​おられた​の​に​したがわなかった​ごく​に​いる​れい​たち​に​べ​つたえられた、と​いう​ペテロ​の​こと​を​​に​おもった。かみ​の​おん​は、どの​よう​に​して​その​よう​な​みじかい​かんない​に​その​れい​たち​に​べ​つたえ、かれら​の​なか​で​ひつよう​な​はたらき​を​げる​こと​が​お​でき​に​なった​の​で​あろう​か。

29 ​に​おもって​いる​と、わたし​の​​は​ひらかれ、わたし​の​かい​は​かっ​づけられた。そして、わたし​は、しゅ​が​あくにん​や​しん​を​こばんだ​従順じゅうじゅん​な​もの​を​おしえる​ため​に​かれら​の​なか​へ​みずから​かれた​の​で​は​ない​こと​を​った。

30 よ、しゅ​は​じん​の​なか​から​軍勢ぐんぜい​を​しき​し、ちから​と​権能けんのう​を​まとった​使しゃ​たち​を​にんじて、くらやみ​の​なか​に​いる​もの​たち、すなわち​すべて​の​ひと​の​れい​の​もと​へ​って​ふくいん​の​ひかり​を​つたえる​よう​に​かれら​に​めいじられた。この​よう​に​して、ふくいん​が​しゃ​に​べ​つたえられた​の​で​ある。

31 えらばれた​使しゃ​たち​は、しゅ​の​めぐみ​の​​を​げ​らせ、そくばく​されて​いる​とらわれ​びと、すなわち、ぶん​の​つみ​を​あらためて​ふくいん​を​れる​すべて​の​ひと​に​ゆう​を​宣言せんげん​する​ため​に​て​った。

32 この​よう​に​して、しん​を​らず​に​つみ​の​うち​に​んだ​もの​や、げんしゃ​たち​を​こばんで​そむき​の​うち​に​んだ​もの​に、ふくいん​が​べ​つたえられた。

33 これら​の​もの​は、かみ​を​しんじる​しんこうつみ​の​あらため、つみ​の​ゆるし​の​ため​の​身代みがわり​の​バプテスマ、按手あんしゅ​に​よる​聖霊せいれい​の​賜物たまもの​に​ついて​おしえ​を​けた。

34 また​この​ほか​に、にく​に​おいて​は​人間にんげん​として​さばき​を​ける​が、れい​に​おいて​は​かみ​の​よう​に​きる​ため​の​かく​を​る​うえ​で​って​おく​ひつよう​の​ある、ふくいん​の​すべて​の​原則げんそく​が​おしえられた。

35 そして​この​よう​に、かみ​の​おん​の​じゅうじょう​で​の​せい​に​よって​あがない​が​おこなわれた​こと​が、しゃ​の​あいだ​に、すなわち、ちいさな​もの​に​も​おおいなる​もの​に​も、​な​もの​に​も​ちゅうじつ​な​もの​に​も​らされた​の​で​ある。

36 この​よう​に​して、わたしたち​の​あがなぬし​は、れい​の​かい​に​滞在たいざい​して​おられる​あいだにく​に​おいて​あがなぬし​の​こと​を​あかし​した​ちゅうじつ​な​げんしゃ​たち​の​れい​を​おしえ、そなえる​の​に、その​かん​を​ついやされた​と​いう​こと​が​らされた​の​で​ある。

37 それ​は、この​げんしゃ​たち​の​れい​が、背反はいはん​と​いましめ​に​たいする​そむき​の​ゆえ​に​あがなぬししん​が​く​こと​の​できなかった、​すべて​の​しゃ​に​あがない​の​らせ​を​つたえて、かれら​も​あがなぬし​の​しもべ​たち​の​はたらき​に​よって​こと​を​ける​よう​に​する​ため​で​あった。

38 この​じん​の​だい群衆ぐんしゅう​の​なか​に​あつまった​だい​な​ちから​ある​もの​たち​の​なか​に、​の​いたる​もの​で​あって、すべて​の​もの​の​せん​で​ある​アダム​が​おり、

39 また、わたしたち​の​えいこう​ある​ははエバ​も、様々さまざま​な​だい​に​きて​まこと​の​ける​かみ​を​れいはい​した​おおく​の​ちゅうじつ​な​むすめ​たち​と​ともに​いた。

40 さいしょ​の​殉教じゅんきょうしゃアベル​も、また​その​おとうと​で、ちち​アダム​に​うつし​で​あった、ちから​ある​もの​たち​の​ひと​で​ある​セツ​も​いた。

41 洪水こうずい​に​ついて​けいこく​を​あたえた​ノア、だい​な​だいさいセム、ちゅうじつ​な​もの​の​せんアブラハム、イサク、ヤコブ、および​イスラエル​の​だい​な​りっぽうしゃ​モーセ、

42 それに、イザヤ​も​そこ​に​いた。この​イザヤ​は、あがなぬし​が​あぶら​を​そそがれて、くだかれた​こころ​を​つ​もの​を​いやし、とらわれ​びと​に​ゆう​を​宣言せんげん​し、しばられて​いた​もの​に​ごく​が​ひらかれる​こと​を​宣言せんげん​される、と​げん​に​よって​言明げんめい​した​ひと​で​ある。

43 さらに、れた​ほね​の​ある​おおいなる​たに​を​げん​に​よって​せられ、それら​の​ほね​が​しゃ​の​ふっかつ​の​とき​に​にく​を​まとって​ふたたび​て​て​ける​もの​と​なる​の​を​た​エゼキエル、

44 まつじつ​に​かみ​の​おうこく​が​せつりつ​されて、それ​が​けっして​ふたたび​ほろぼされる​こと​も、ほか​の​たみ​に​わたされる​こと​も​ない​の​を​けん​して​げた​ダニエル、

45 変貌へんぼう​の​やま​で​モーセ​と​ともに​いた​エライアス、

46 それに、エリヤ​が​る​こと​を​あかし​した​げんしゃマラキ​も​そこ​に​いた。モロナイ​も​げんしゃ​ジョセフ・​スミス​に、この​エリヤ​に​ついて​かたり、かれ​は​しゅ​の​おおいなる​おそるべき​​が​る​まえ​に​おとずれる​と​宣言せんげん​した。

47 げんしゃ​エリヤ​は​せん​に​あたえられた​やくそく​を​そん​の​こころ​に​える​こと​に​なって​いた。

48 これ​は、しゅ​の​らいりん​の​とき​に​ぜん​が​のろい​を​もって​たれて、ことごとく​こうはい​する​こと​の​ない​よう​に、ときちる​しんけんだい​に、しゅ​の​神殿しんでん​で​しゃ​の​あがない​と​おや​の​むすかため​の​ため​に​おおいなる​わざ​が​おこなわれる​こと​を​あらかじめ​しめす​もの​で​ある。

49 これら​すべて​の​もの​と、さらに​おおく​の​もの、すなわち、ニーファイじん​の​なか​に​んで​かみ​の​おん​の​らいりん​に​ついて​あかし​した​げんしゃ​たち​が、その​だい群集ぐんしゅう​の​なか​に​じって​かいほう​を​って​いた。

50 しゃ​は、その​れい​が​からだ​から​ながい​あいだはなれて​いる​こと​を​一つ​の​そくばく​と​かんがえた​から​で​ある。

51 この​げんしゃ​たち​を​しゅ​は​おしえ、かれら​に​ちから​を​あたえて、かれら​が、しゅ​が​しゃ​の​なか​から​ふっかつ​された​のち​に​て​て、御父おんちち​の​おうこく​に​はいり、そこ​で​めつ​と​永遠えいえん​の​いのち​を​かんむり​として​け、

52 しゅ​から​やくそく​を​けた​よう​に​そののち​も​はたらき​を​つづけ、しゅ​を​あいする​もの​たち​の​ため​に​って​おかれた​すべて​の​しゅくふく​に​あずかる​もの​と​なる​よう​に​された。

53 げんしゃ​ジョセフ・​スミス​や、わたし​の​ちち​ハイラム・​スミス、ブリガム・​ヤング、ジョン・​テーラー、ウィルフォード・​ウッドラフ、その​ほか​えらばれた​れい​たち​も​霊界れいかい​に​いた。かれら​は、おおいなる​まつじつ​の​わざ​の​もとい​を​える​つとめ​に​たずさわる​ため​に、ときちる​だい​に​る​よう​に​とどめられて​いた​もの​で​ある。

54 神殿しんでん​を​て、そこ​で​しゃ​の​あがない​の​ため​に​しき​を​しっこう​する​こと​も、その​おおいなる​まつじつ​の​わざ​に​ふくまれる​の​で​ある。

55 わたし​は、かれら​も​また​かみ​の​きょうかい​で​おさめる​もの​と​なる​よう​に​はじめ​に​えらばれた、こうけつ​で​だい​な​もの​たち​の​なか​に​いる​の​を​た。

56 まことに、かれら​は​まれる​まえ​に、ほか​の​おおく​の​もの​と​ともに、れい​の​かい​に​おいて​さいしょ​の​おしえ​を​け、しゅ​の​さだめられた​とき​に​て​って​人々ひとびと​の​れい​の​すくい​の​ため​に​しゅ​の​ぶどうえん​で​はたらく​じゅん​を​した​の​で​ある。

57 わたし​は、この​しんけんだい​の​ちゅうじつ​な​長老ちょうろう​たち​が、す​べき​​を​って​も​かれら​の​はたらき​を​つづけ、しゃ​の​れい​たち​の​おおいなる​かい​に​おいて​くらやみ​と​つみ​の​そくばく​の​もと​に​いる​もの​たち​の​あいだ​で、あらため​と​かみ​の​ひと​の​せい​に​よる​あがない​の​ふくいん​を​べ​つたえて​いる​の​を​た。

58 あらためる​しゃ​は、かみ​の​みや​の​しき​に​したがう​こと​に​よって​あがなわれる​で​あろう。

59 かれら​は​ぶん​の​そむき​の​だい​を​はらい、あらわれて​きよく​なった​のち、その​おこない​に​おうじて​むくい​を​ける​で​あろう。かれら​は​すくい​を​ぐ​もの​だから​で​ある。

60 この​よう​に、しゃ​の​あがない​の​げん​が​わたし​に​しめされた。そして、わたし​は​あかし​する。わたしたち​の​しゅ​で​あり​すくぬし​で​ある​イエス・​キリスト​の​しゅくふく​に​よって、わたし​は​この​あかし​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​いる。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。