聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​18​章

千八百二十九​ねん​六がつ、ニューヨーク​しゅう​フェイエット​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス、オリバー・​カウドリ、および​デビッド・​ホイットマー​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、六十-六十四​ページ)。アロン​しんけん​を​さずけられた​さい​に、メルキゼデク​しんけん​を​さずけられる​こと​が​やくそく​されて​いた(だい十三​しょう​の​まえ​を​参照さんしょう)。この​けん​に​ついて​らせて​くださる​よう​に​と​の​嘆願たんがん​に​こたえて、しゅ​は​この​けい​を​あたえられた。

1-5聖典せいてん​に​は​きょうかい​を​きずき​げる​ほうほう​が​しめされて​いる。​6-8​の​ざいあく​は​じゅくし​つつ​ある。​9-16ひと​の​​は​おおいなる​もの​で​ある。​17-25すくい​を​る​ため​に、人々ひとびと​は​キリスト​の​​を​け​なければ​ならない。​26-36じゅう使​の​し​と​使めい​が​あきらか​に​される。​37-39​オリバー・​カウドリ​と​デビッド・​ホイットマー​は、じゅう使​を​さがし​さなければ​ならない。​40-47すくい​を​る​ため​に、人々ひとびと​は​あらため、バプテスマ​を​け、いましめ​を​まもらなければ​ならない。

1 さて​よ、あなた、すなわち​わたし​の​しもべ​オリバー・​カウドリ​が​わたし​から​りたい​と​のぞんだ​ことがら​の​ため、わたし​は​これら​の​こと​を​あなた​に​あたえる。

2 よ、わたし​は、あなた​が​しるして​きた​もの​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を、度々たびたび​わたし​の​たま​に​よって​しめして​きた。それゆえ、あなた​は​それ​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​いる。

3 そして、あなた​は​それ​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​いる​ので、よ、わたし​は​あなた​に​一つ​の​いましめ​を​あたえる。あなた​は​しるされて​いる​もの​に​たより​なさい。

4 その​なか​に​は、わたし​の​きょうかい​と​わたし​の​ふくいん​と​わたし​の​いわ​の​もとい​に​ついて、すべて​の​こと​が​しるされて​いる​から​で​ある。

5 それゆえ、あなた​が​わたし​の​ふくいん​と​わたし​の​いわ​の​もとい​の​うえ​に​わたし​の​きょうかい​を​きずき​げる​なら​ば、ごく​の​もん​も​あなた​に​つ​こと​は​ない。

6 よ、​の​ざいあく​は​じゅくし​つつ​ある。そして​ひと​の​ら​は、ほうじん​も​イスラエル​の​いえ​も、ともに​あらため​を​うながされる​ひつよう​が​ある。

7 さて、わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​に​わたし​が​めいじた​よう​に、あなた​は​かれ​の​​に​よって​バプテスマ​を​けた​ので、かれ​は​わたし​が​めいじた​こと​を​たした。

8 さて、わたし​が​もくてき​を​たっする​ため​に​かれ​を​した​こと​を、​に​おもって​は​ならない。その​もくてき​を​わたし​は​って​いる。かれ​は​わたし​の​いましめ​を​熱心ねっしん​に​まもる​なら​ば、しゅくふく​されて​永遠えいえん​の​いのち​を​ける​で​あろう。かれ​の​​は​ジョセフ​で​ある。

9 さて、オリバー・​カウドリ​よ、わたし​は​あなた​と、また​デビッド・​ホイットマー​に​いましめ​として​げる。よ、わたし​は​どこ​に​いる​ひと​で​も​すべて​の​ひと​に​あらためる​よう​に​めいじる。わたし​は、わたし​の​使​パウロ​に​かたった​よう​に​あなたがた​に​かたる。あなたがた​は​まさに、パウロ​が​された​と​おなじ​し​に​されて​いる​から​で​ある。

10 ひと​の​​が​かみ​の​​に​おおいなる​もの​で​ある​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

11 よ、しゅ​なる​あなたがた​の​あがなぬし​は、にくたい​に​おいて​​を​けた。それ​に​よって、すべて​の​ひと​が​あらためて​ぶん​の​もと​に​る​こと​が​できる​よう​に、しゅ​は​すべて​の​ひと​の​​を​けた。

12 そして、あらため​を​じょうけん​として、すべて​の​ひと​を​ぶん​の​もと​に​みちびく​こと​が​できる​よう​に、しゅ​は​ふたたび​しゃ​の​なか​から​よみがえった​の​で​ある。

13 ひと​が​あらためる​とき、しゅ​の​よろこび​は​いかに​おおきい​こと​か。

14 あなたがた​は​この​たみ​に​あらため​を​さけぶ​ため​に​されて​いる。

15 あなたがた​は​この​たみ​に​あらため​を​さけぶ​こと​に​生涯しょうがいちから​を​くし、ひと​で​も​わたし​の​もと​に​みちびく​なら​ば、わたし​の​ちち​の​おうこく​で​かれ​と​ともに​ける​あなたがた​の​よろこび​は​いかに​おおきい​こと​か。

16 さて、あなたがた​が​わたし​の​もと​に​みちびいて​わたし​の​ちち​の​おうこく​に​はいれる​よう​に​した、ひと​の​ひと​と​ともに​ける​あなたがた​の​よろこび​が​おおきい​なら​ば、もし​おおく​の​ひと​を​わたし​の​もと​に​みちびく​と​すれ​ば​その​よろこび​は​いかに​おおきい​こと​か。

17 よ、わたし​の​ふくいん​は​あなたがた​の​まえ​に​ある。わたし​の​いわ、また​わたし​の​すくい​が​ある。

18 あたえられる​と​しんじて、しんこう​を​もって、わたし​の​​に​よって​ちち​に​もとめ​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​ひと​の​ら​に​ひつよう​な​すべて​の​こと​を​しめす​聖霊せいれい​を​ける​で​あろう。

19 もしも​あなたがた​に​しんこう​と​ぼう​と​あい​が​なければ、あなたがた​は​なにも​おこなう​こと​が​できない。

20 あく​の​きょうかい​の​ほか、いかなる​きょうかい​と​も​あらそって​は​ならない。

21 キリスト​の​​を​け、まじめ​に​しん​を​かたり​なさい。

22 あらためて、イエス・​キリスト​で​ある​わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​け、さい​まで​しのぶ​もの​は​みなすくわれる​で​あろう。

23 よ、イエス・​キリスト​と​は、ちち​から​あたえられて​いる​​で​ある。この​​の​ほか​に​は、ひと​に​すくい​を​あたえる​こと​の​できる​​は​あたえられて​いない。

24 それゆえ、すべて​の​ひと​は、ちち​から​あたえられて​いる​この​​を​け​なければ​ならない。この​​に​よって、人々ひとびと​は​わり​の​​に​ばれる​から​で​ある。

25 それゆえ、人々ひとびと​は​ぶん​が​ばれる​​を​らなければ、わたし​の​ちち​の​おうこく​に​む​しょ​を​る​こと​は​できない。

26 さて​よ、わたし​の​ふくいん​を​ほうじん​と​ユダヤじん​の​両方りょうほう​に​げ​らせる​ため​に​される​人々ひとびと​が​ほか​に​いる。

27 すなわち、十二​にん​いる。この​十二にん​は​わたし​の​​と​なり、かれら​は​わたし​の​​を​ける​で​あろう。この​十二​にん​は、十分じゅうぶん​に​かたい​けつ​を​もって​わたし​の​​を​けたい​と​ねがう​人々ひとびと​で​ある。

28 そして、かれら​が​十分じゅうぶん​に​かたい​けつ​を​もって​わたし​の​​を​けたい​と​ねがう​なら​ば、かれら​は​ぜんかい​に​て​って、すべて​の​つくられた​もの​に​わたし​の​ふくいん​を​べ​つたえる​ため​に​される。

29 また​かれら​は、しるされて​いる​とおり​に、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​ほどこす​ため​に、わたし​から​聖任せいにん​を​ける​人々ひとびと​で​ある。

30 あなたがた​の​まえ​に​は​しるされて​いる​もの​が​ある。それゆえ、あなたがた​は、しるされて​いる​こと​の​とおり​に​それ​を​り​おこなわなければ​ならない。

31 さて、わたし​は​あなたがた​十二にん​に​かたる。よ、わたし​の​めぐみ​は​あなたがた​に​たいして​十分じゅうぶん​で​ある。あなたがた​は​わたし​の​まえ​を​まっすぐ​に​あゆまなければ​ならず、つみ​を​おかして​は​ならない。

32 また​よ、あなたがた​は、さい​と​きょう​を​聖任せいにん​する​ため​に​わたし​から​聖任せいにん​を​ける​人々ひとびと​で​ある。あなたがた​の​うち​に​ある​聖霊せいれい​の​ちから​に​より、また​人々ひとびと​に​さずけられる​かみ​の​し​と​賜物たまもの​に​おうじて、わたし​の​ふくいん​を​げ​らせる​ため​に、聖任せいにん​を​ける​人々ひとびと​で​ある。

33 わたし、すなわち、あなたがた​の​しゅ​で​あり​あなたがた​の​かみ​で​ある、イエス・​キリスト​が​これ​を​かたった。

34 これら​の​こと​は​人々ひとびと​から、人間にんげん​から​て​いる​の​で​は​なく、わたし​から​て​いる​の​で​ある。それゆえ、あなたがた​は、これら​の​こと​が​わたし​から​て​いる​もの​で​あって、人間にんげん​から​て​いる​もの​で​は​ない​こと​を​あかし​しなければ​ならない。

35 これら​の​こと​を​あなたがた​に​かたって​いる​の​は、わたし​の​こえ​で​ある。これら​の​こと​は、わたし​の​たま​に​よって​あなたがた​に​あたえられて​いる​から​で​ある。そして、わたし​の​ちから​に​よって、あなたがた​は​これら​の​こと​を​たがいに​み​う​こと​が​できる。わたし​の​ちから​に​よらなければ、あなたがた​は​これら​の​こと​を​る​こと​は​できない。

36 その​ため​に、あなたがた​は、わたし​の​こえ​を​いた​こと、そして​わたし​の​こと​を​って​いる​こと​を​あかし​できる​の​で​ある。

37 さて​よ、わたし​は​あなた​オリバー・​カウドリ​と、また​デビッド・​ホイットマー​に、わたし​が​かたった​よう​な​ねがい​を​つ​十二​にん​を​さがし​す​つとめ​を​あたえる。

38 あなたがた​は、かれら​の​ねがい​と​おこない​に​よって​かれら​を​ける​で​あろう。

39 あなたがた​は​かれら​を​いだしたら、これら​の​こと​を​かれら​に​らせ​なければ​ならない。

40 また、あなたがた​は​して、わたし​の​​に​よって​ちち​を​れいはい​しなければ​ならない。

41 また、あなたがた​は​​の​人々ひとびと​に​おしえ​を​いて​わなければ​ならない。「あなたがた​は​あらためて、イエス・​キリスト​の​​に​よって​バプテスマ​を​け​なければ​ならない。」

42 すべて​の​ひと​は​あらためて、バプテスマ​を​け​なければ​ならない​から​で​ある。おとこ​だけ​で​なく、おんな​も、また​責任せきにん​を​う​年齢ねんれい​に​たっした​ども​たち​も​そう​しなければ​ならない。

43 さて、あなたがた​は​これ​を​けた​のち、すべて​の​こと​に​ついて​わたし​の​いましめ​を​まもらなければ​ならない。

44 あなたがた​の​​に​よって、わたし​は​ひと​の​ら​の​なか​に​おどろく​べき​わざ​を​おこない、かれら​の​おおく​に​つみ​の​ある​こと​を​かく​させ、かれら​が​あらためて、わたし​の​ちち​の​おうこく​に​られる​よう​に​しよう。

45 わたし​が​あなたがた​に​あたえる​しゅくふく​は、すべて​の​もの​に​まさって​いる。

46 あなたがた​は​これ​を​けた​のち、もしも​わたし​の​いましめ​を​まもらなければ、わたし​の​ちち​の​おうこく​に​すくわれる​こと​は​できない。

47 よ、わたし、すなわち、あなたがた​の​しゅ、あなたがた​の​かみ、また​あなたがた​の​あがなぬし​で​ある​イエス・​キリスト​が、わたし​の​たま​の​ちから​に​よって​これ​を​かたった​の​で​ある。アーメン。