聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​46​章

千八百三十一​ねん​三がつよう、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​きょうかい​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百六十三-百六十五​ページ)。きょうかい​の​この​しょ​の​だい​に​は、きょうかい​の​集会しゅうかい​の​おこない​かた​に​ついて​まだ​統一とういつ​された​方式ほうしき​が​定着ていちゃく​して​いなかった。しかしながら、せいさんかい​や​その​ほか​の​きょうかい​の​集会しゅうかい​へ​の​しゅっせき​は、きょうかいいん​と​熱心ねっしん​な​きゅうどうしゃ​だけ​に​みとめる​と​いう​ならわし​が、やや​一般いっぱんてき​と​なって​いた。この​けい​は、集会しゅうかい​を​かん​し、おこなう​こと​に​かんする​しゅ​の​こころ​を​あらわして​いる。

1-2長老ちょうろう​たち​は、せい​なる​たま​に​よって​みちびかれる​まま​に​集会しゅうかい​を​り​おこなわなければ​ならない。​3-6しん​の​探求たんきゅうしゃ​を​せいさんかい​から​して​は​ならない。​7-12かみ​に​ねがい、たま​の​賜物たまもの​を​もとめ​なさい。​13-26​これら​の​賜物たまもの​の​いくつ​か​が​げられる。​27-33きょうかい​の​どうしゃ​は、たま​の​賜物たまもの​を​ける​ちから​を​あたえられる。

1 き​なさい、おお、わたし​の​きょうかい​の​人々ひとびと​よ。まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。これら​の​こと​は、あなたがた​に​えき​を​あたえ、おしえる​ため​に​かたられた​もの​で​ある。

2 しかし、しるされた​それら​の​もの​が​ある​に​も​かかわらず、せい​なる​たま​に​よって​​され​みちびかれる​まま​に​すべて​の​集会しゅうかい​を​おこなう​こと​が、はじめ​から​つねに​わたし​の​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​に​​されて​きた​し、また​これから​さき​いつまで​も​​される​で​あろう。

3 それでも、あなたがた​は、​の​人々ひとびと​の​まえ​で​ひらかれる​あなたがた​の​おおやけ​の​集会しゅうかい​から、けっして​だれ​も​さない​よう​に​めいじられて​いる。

4 あなたがた​は​また、きょうかい​に​ぞくする​もの​を​だれ​も​あなたがた​の​せいさんかい​から​さない​よう​に​めいじられて​いる。しかしながら、だれか​が​あやまち​を​おかした​なら​ば、かい​する​まで​かれ​に​せいさん​を​け​させない​よう​に​しなさい。

5 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は、しんけん​に​おうこく​を​もとめて​いる​もの​を​だれ​も​あなたがた​の​せいさんかい​から​して​は​ならない。わたし​は、この​こと​を​きょうかい​に​ぞくして​いない​もの​に​ついて​かたって​いる。

6 さらに​また、わたし​は​あなたがた​の​かくにん​の​かい​に​ついて​あなたがた​に​う。きょうかい​に​ぞくして​いない​もの​が​だれか​いて​も、しんけん​に​おうこく​を​もとめて​いれ​ば、あなたがた​は​かれら​を​して​は​ならない。

7 しかし、あなたがた​は​すべて​の​こと​に​ついて、しみ​なく​あたえる​かみ​に​ねがい​もとめる​よう​に​めいじられて​いる。また、あなたがた​が​まったく​きよい​こころ​を​もって、わたし​の​まえ​を​まっすぐ​に​あゆみ、あなたがた​の​すくい​の​結末けつまつ​に​ついて​かんがえ、いのり​と​感謝かんしゃ​を​もって​すべて​の​こと​を​おこない​ながら、たま​が​あなたがた​に​あかし​する​ことがら​を​おこなう​よう​に​と、わたし​は​のぞんで​いる。それ​は、あなたがた​が​じゃあく​な​れい、あるいは​あくれい​の​きょう、または​人間にんげん​の​いましめ​に​ち​かされない​ため​で​ある。ある​もの​は​人間にんげん​から​て​おり、また​ほか​の​もの​は​あくれい​から​て​いる​から​で​ある。

8 それゆえ、あざむかれない​よう​に​​を​つけ​なさい。そして、あざむかれない​ため​に​熱心ねっしん​に​最善さいぜん​の​賜物たまもの​を​もとめ、それら​が​なんの​ため​に​あたえられて​いる​の​か​を​つねに​おぼえて​おき​なさい。

9 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。それら​は、わたし​を​あいして​わたし​の​すべて​の​いましめ​を​まもる​もの​たち​と、そう​しよう​と​つとめる​もの​たち​の​ため​に​あたえられる。それ​は、わたし​を​もとめる​もの​たち​や、わたし​に​ねがい​もとめる​もの​たち、ねがい​もとめる​けれども​ぶん​の​よく​の​ため​に​使つかう​よう​に​しるし​を​もとめる​の​で​は​ない​もの​たち​の​すべて​が、えき​を​られる​よう​に​する​ため​で​ある。

10 さらに​また、まことに、あなたがた​に​う。きょうかいいん​に​あたえられて​いる​それら​の​賜物たまもの​が​なん​で​ある​か、つねに​おぼえて​おき、また​つねに​こころ​に​めて​おく​よう​に​と、わたし​は​のぞんで​いる。

11 すべて​の​ひと​が​あらゆる​賜物たまもの​を​あたえられる​わけ​で​は​ない。賜物たまもの​は​おおく​あり、かくじん​に​かみ​の​たま​に​よって​一つ​の​賜物たまもの​が​あたえられる​の​で​ある。

12 ある​ひと​に​は​ある​賜物たまもの、また​ある​ひと​に​は​べつ​の​賜物たまもの​が​あたえられて、すべて​の​ひと​が​それ​に​よって​えき​を​られる​よう​に​なって​いる。

13 ある​ひと​に​は、イエス・​キリスト​が​かみ​の​​で​あり、​の​つみ​の​ため​に​じゅう​に​つけられた​こと​を​る​こと​が、聖霊せいれい​に​よって​ゆるされる。

14 ほか​の​ひと​に​は、つづけて​ちゅうじつ​で​あれ​ば​ぶん​も​また​永遠えいえん​の​いのち​が​られる​よう​に、かれら​の​こと​を​しんじる​こと​が​ゆるされる。

15 さらに​また、ある​ひと​に​は、様々さまざま​な​かん​の​つとめ​を​る​こと​が、おなじ​しゅ​の​こころ​に​かなう​まま​に、すなわち​ひと​の​ら​の​じょうたい​に​おうじて​あわれみ​を​ほどこす​しゅ​が​のぞむ​とおり​に、聖霊せいれい​に​よって​ゆるされる。

16 さらに​また、ある​ひと​に​は、種々しゅじゅ​の​はたらき​が​かみ​から​て​いる​か​どう​か​を​る​こと​が、聖霊せいれい​に​よって​ゆるされる。それ​は、たま​の​あらわれ​が​すべて​の​ひと​に​あたえられ、これ​に​よって​えきする​ため​で​ある。

17 さらに​また、まことに、あなたがた​に​う。ある​ひと​に​は、かみ​の​たま​に​よって​​の​こと​が​あたえられる。

18 べつ​の​ひと​に​は、しき​の​こと​が​あたえられる。それ​は、すべて​の​ひと​が​おしえられて​かしこく​なり、また​しき​を​る​ため​で​ある。

19 さらに​また、ある​ひと​に​は、いやされる​しんこう​を​つ​こと​が​ゆるされる。

20 また、ほか​の​ひと​に​は、いやす​しんこう​を​つ​こと​が​ゆるされる。

21 さらに​また、ある​ひと​に​は、せき​の​はたらき​が​あたえられる。

22 また、ほか​の​ひと​に​は、げん​する​こと​が​ゆるされる。

23 また、ほか​の​ひと​に​は、れい​の​識別しきべつ​が​あたえられる。

24 さらに​また、ある​ひと​に​は、げん​で​かたる​こと​が​ゆるされる。

25 また、べつ​の​ひと​に​は、げん​の​解釈かいしゃく​が​あたえられる。

26 これら​すべて​の​賜物たまもの​は、かみ​の​​たち​を​えきする​ため​に​かみ​から​る。

27 また、きょうかい​の​ビショップ、およびきょうかい​を​まもる​よう​に、また​きょうかい​の​長老ちょうろう​と​なる​よう​に​かみ​が​えらんで​聖任せいにん​する​人々ひとびと​に​は、それら​すべて​の​賜物たまもの​を​ける​こと​が​ゆるされる。それ​は、あなたがた​の​なか​に、かみ​から​て​いる​と​こうげん​しながら​そう​で​は​ない​もの​が​いる​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

28 そして、たま​に​よって​もとめる​もの​は、たま​に​よって​あたえられる。

29 それ​は、ある​ひと​に​それら​すべて​の​賜物たまもの​を​つ​こと​が​ゆるされて、ひと​の​ちょう​が​いる​よう​に​し、すべて​の​会員かいいん​が​それ​に​よって​えき​を​る​ため​で​ある。

30 たま​に​よって​もとめる​もの​は、かみ​の​こころ​に​かなって​もとめる​の​で​ある。それゆえ、かれ​が​もとめる​とおり​に​おこなわれる。

31 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​が​たま​に​よって​おこなう​こと​は​なん​で​あろう​と、すべて​の​こと​は​キリスト​の​​に​よって​おこなわなければ​ならない。

32 また、あたえられる​しゅくふく​が​なん​で​あろう​と、あなたがた​は​たま​に​よって​かみ​に​感謝かんしゃ​を​しなければ​ならない。

33 また、あなたがた​は​えず​わたし​の​まえ​で​とくたかく​きよく​なければ​ならない。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。