聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​58​章

千八百三十一​ねん​八がつ一日ついたち、ミズーリ​しゅう​ジャクソン​ぐん​シオン​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百九十-百九十五​ページ)。ミズーリ​しゅう​ジャクソン​ぐん​に​げんしゃ​と​いっこう​が​とうちゃく​した​のちさいしょ​の​あんそくにち​に​れいはい​が​おこなわれ、バプテスマ​に​よって​ふた​の​会員かいいん​が​れられた。その​しゅう​の​あいだ​に、トンプソン​​より、コールズビル​の​せい​たち​から​る​会員かいいん​たち​と​​の​人々ひとびと​が​とうちゃく​した(だい​五十四​しょう​を​参照さんしょう)。おおく​の​ひと​が、あらた​な​しゅうごう​で​の​ぶん​たち​に​かんする​しゅ​の​こころ​を​りたい​と​しきりに​ねがった。

1-5艱難かんなん​に​える​もの​は、えいこう​を​かんむり​として​あたえられる。​6-12せい​たち​は、ひつじ​の​婚宴こんえん​と​しゅ​の​晩餐ばんさん​に​そなえ​なければ​ならない。​13-18​ビショップ​は​イスラエル​の​はん​で​ある。​19-23せい​たち​は、その​​の​ほうりつ​に​したがわなければ​ならない。​24-29ひと​は​ぶん​の​選択せんたく​の​ゆう​を​使つかって、ぜん​を​おこなう​よう​に​しなければ​ならない。​30-33しゅ​は​めいじられ、また​される。​34-43あらためる​ため​に、ひと​は​ぶん​の​つみ​を​こくはく​し、それ​を​て​なければ​ならない。​44-58せい​たち​は​ぎ​の​​を​こうにゅう​し、ミズーリ​に​しゅうごう​しなければ​ならない。​59-65ふくいん​は​すべて​の​つくられた​もの​に​べ​つたえられ​なければ​ならない。

1 き​なさい、おお、わたし​の​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​よ。わたし​の​こと​に​みみ​を​かたむけて、あなたがた​に​かんして、また​わたし​が​あなたがた​を​つかわした​この​に​かんして、わたし​が​のぞんで​いる​ことがら​を​わたし​から​まなび​なさい。

2 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。きる​も​ぬ​も、わたし​の​いましめ​を​まもる​もの​は​さいわい​で​ある。艱難かんなん​の​なか​で​ちゅうじつ​な​もの​の​ける​むくい​は、てん​の​おうこく​に​おいて​もっと​おおきい。

3 あなたがた​は、この​のち​に​こる​こと​に​かんする​あなたがた​の​かみ​の​けいかく​と、おおく​の​艱難かんなん​の​のち​に​る​えいこう​を、いま​は​にくたい​の​​で​る​こと​が​できない。

4 おおく​の​艱難かんなん​の​のち​に​しゅくふく​は​る。それゆえ、あなたがた​が​おおいなる​えいこう​を​かんむり​として​あたえられる​​が​る。その​とき​は​まだ​て​いない​が、もう​ちかい。

5 わたし​が​まえもって​あなたがた​に​げる​この​こと​を​おぼえて​おき​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​それ​を​こころ​に​めて、きたる​べき​もの​を​ける​こと​が​できる。

6 よ、まことに、あなたがた​に​う。わたし​は​あなたがた​を​この​ゆう​で​つかわした​の​で​ある。すなわち、あなたがた​が​従順じゅうじゅん​で​ある​ため、また​あなたがた​の​こころ​が​きたる​べき​こと​に​ついて​あかし​を​べる​よう​に​そなえられる​ため​で​ある。

7 さらに、あなたがた​が​もとい​を​える​と​いう​ほまれ​と、また​かみ​の​シオン​が​つ​​に​ついて​あかし​する​と​いう​ほまれ​を​あたえられる​ため​で​ある。

8 また、えた​もの​の​しゅくえん​が​まずしい​もの​の​ため​に​そなえられる​よう​に​する​ため​で​も​ある。まことに、げんしゃ​たち​の​くち​が​いつわり​を​わない​こと​を、​の​人々ひとびと​が​る​こと​の​できる​よう​に、えた​もの​と、おり​が​よく​精製せいせい​された​ぶどう​しゅ​の​しゅくえん​が​そなえられる​よう​に​する​ため​で​ある。

9 まことに、よく​そなえられた​しゅ​の​いえ​の​晩餐ばんさん​に、すべて​の​こくみん​が​まねかれる​で​あろう。

10 まず、しゃ​と​がくしゃしゃ​と​じん​が​まねかれる。

11 そののち、わたし​の​ちから​の​​が​る。それから、まずしい​もの​と、あし​の​ゆう​な​もの​の​えない​ものみみ​の​こえない​もの​が、ひつじ​の​婚宴こんえん​に​て、きたる​べき​おおいなる​​の​ため​に​そなえられた​しゅ​の​晩餐ばんさん​に​あずかる​で​あろう。

12 よ、しゅ​なる​わたし​が​これ​を​かたった。

13 また、あかし​が​シオン​から、すなわち​かみ​の​ゆずり​の​まち​の​くち​から​る​よう​に、

14 まことに、この​ゆう​で、わたし​は​あなたがた​を​ここ​に​つかわし、わたし​の​しもべエドワード・​パートリッジ​を​えらんで、この​​に​おける​使めい​を​かれ​に​さだめた​の​で​ある。

15 しかし、もしも​かれ​が​ぶん​の​つみ、すなわち​しんこう​と​こころ​の​くらさ​を​あらため​なければ、たおれる​こと​の​ない​よう​に​かれ​に​​を​つけ​させ​なさい。

16 よ、かれ​の​使めい​は​すでに​あたえられて​おり、ふたたび​それ​が​あたえられる​こと​は​ない。

17 この​使めい​に​たずさわる​もの​は、むかし​と​おなじ​よう​に、イスラエル​の​はん​と​なる​よう​に​にんめい​されて、かみ​の​ら​に​かみ​の​ゆずり​の​​を​け、

18 また、かみ​の​げんしゃ​たち​より​あたえられる​おうこく​の​りっぽう​に​したがって、ただしい​もの​の​証言しょうげん​に​より、また​かれ​の​顧問こもん​たち​の​たすけ​に​より​かみ​の​たみ​を​さばく​の​で​ある。

19 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。この​​で​わたし​の​りっぽう​は​まもられ​なければ​ならない。

20 だれ​も​ぶん​を​はいしゃ​で​ある​と​かんがえて​は​ならない。そう​で​は​なく、さばく​ものい​えれば、かんこく​する​もの​や​さばき​の​​に​く​もの​を、かみ​に​かみ​の​おもい​の​まま​おさめ​させる​よう​に​しなさい。

21 だれ​も​その​​の​ほうりつ​を​やぶって​は​ならない。かみ​の​りっぽう​を​まもる​もの​は、その​​の​ほうりつ​を​やぶる​ひつよう​が​ない​から​で​ある。

22 それゆえ、おさめる​けん​を​つ​もの​が​おさめ、すべて​の​てき​を​その​あし​の​した​に​したがわせる​まで、いま​ある​けんりょく​に​したがい​なさい。

23 よ、あなたがた​が​わたし​の​​から​けた​りっぽう​は、きょうかい​の​りっぽう​で​ある。この​こと​に​らして、あなたがた​は​これら​を​かかげる​よう​に​しなければ​ならない。よ、ここ​に​​が​ある。

24 さて、わたし​の​しもべ​エドワード・​パートリッジ​に​ついて​かたった​よう​に、この​​は​かれ​の​きょじゅう​の​、また​かれ​が​もん​として​にんめい​した​もの​たち​の​きょじゅう​の​​で​ある。また、わたし​の​くら​を​かん​する​よう​に​わたし​が​にんめい​した​もの​の​きょじゅう​の​​で​も​ある。

25 それゆえ、かれら​に、かれら​しん​と​わたし​と​の​あいだ​で​きょう​する​とおり​に、かれら​の​ぞく​を​この​​に​れてさせ​なさい。

26 よ、わたし​が​すべて​の​こと​を​めいじる​の​は​適切てきせつ​で​は​ない。すべて​の​こと​を​いられて​おこなう​もの​は​たい​で​あって、かしこい​しもべ​で​は​ない。したがって、かれ​は​むくい​を​けない。

27 まことに、わたし​は​う。ひと​は​熱心ねっしん​に​い​こと​に​たずさわり、おおく​の​こと​を​その​ゆう​に​よって​おこない、​に​かなう​おおく​の​こと​を​げ​なければ​ならない。

28 ひと​は​みずから​の​うち​に​ちから​が​あり、それ​に​よって​みずから​選択せんたく​し​こうどう​する​もの​だから​で​ある。そして、ひと​は​ぜん​を​おこなう​なら​ば、けっして​その​むくい​を​うしなう​こと​は​ない。

29 しかし、めいじられる​まで​何事なにごと​も​おこなわず、うたがい​の​こころ​を​もって​いましめ​を​れ、それ​を​しょうしょうまもる​もの​は、ばつ​の​さだめ​を​ける。

30 しゅ​は​う。ひと​を​つくった​わたし​が、わたし​の​いましめ​に​したがわない​もの​を​つみ​の​ない​もの​と​する​で​あろう​か。

31 しゅ​は​う。わたし​が​やくそく​を​して、たさなかった​こと​が​ある​で​あろう​か。

32 わたし​が​めいじて、人々ひとびと​が​したがわない​と、わたし​は​めいじた​こと​を​し、かれら​は​しゅくふく​を​けない。

33 すると、かれら​は​こころ​の​なか​で、「これ​は​しゅ​の​わざ​で​は​ない。やくそく​が​たされて​いない​から」と​う。しかし、この​よう​な​もの​は​わざわい​で​ある。かれら​の​むくい​は​した​に​ひそみ、うえ​から​は​ない​から​で​ある。

34 さて、わたし​は​この​​に​かんして​さらに​いくつ​か​の​​を​あなたがた​に​あたえる。

35 わたし​の​しもべ​マーティン・​ハリス​が​かれ​の​金銭きんせん​を​きょうかい​の​ビショップ​の​まえ​に​いて、きょうかいいん​の​はん​と​なる​こと​は、わたし​の​​に​かなって​いる。

36 また​これ​は、ぎ​を​る​ため​に​この​​に​やって​る​すべて​の​ひと​へ​の​りっぽう​で​ある。そして、かれら​は​その​りっぽう​が​​する​とおり​に、その​金銭きんせん​を​しょ​しなければ​ならない。

37 くら​の​ため​に、また​いんさつじょ​の​ため​に、インディペンデンス​に​​を​こうにゅう​する​こと​も​また​賢明けんめい​で​ある。

38 また、わたし​の​しもべ​マーティン・​ハリス​に​は、かれ​が​よい​と​おもう​まま​に​ぎ​を​られる​よう​に、かれ​に​かんする​ほか​の​​が​たま​に​よって​あたえられる​で​あろう。

39 しかし、かれ​は​​の​ほまれ​を​もとめて​いる​ので、つみ​を​あらため​させ​なさい。

40 また、わたし​の​しもべウィリアム・​W・​フェルプス​も、わたし​が​にんめい​した​しょく​に​いて、この​​で​かれ​の​ぎ​を​る​よう​に​させ​なさい。

41 しかし、かれ​も​あらためる​ひつよう​が​ある。かれ​は​きんでる​こと​を​もとめて、わたし​の​まえ​に​十分じゅうぶんにゅう​に​なって​いない​ので、しゅ​なる​わたし​は​かれ​を​よろこんで​いない​から​で​ある。

42 よ、ぶん​の​つみ​を​あらためた​もの​は​ゆるされ、しゅ​なる​わたし​は​もう​それ​を​おもこさない。

43 ひと​が​つみ​を​あらためた​か​どう​か​は、これ​に​よって​かる。すなわち、よ、かれ​は​それ​を​こくはく​し、そして​それ​を​てる。

44 さて、まことに、わたし​は、わたし​の​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​の​のこり​に​ついて​う。かれら​が​この​​で​ぎ​を​る​とき​は、かれら​が​しんこう​の​いのり​に​よって​それ​を​のぞんで、しゅ​から​さだめられ​なければ、まだ​長年ながねん​の​あいだない。

45 よ、かれら​は​​の​て​から​人々ひとびと​を​し​あつめ​なければ​ならない​から​で​ある。

46 あなたがた​は​あつまり​なさい。そして、この​​に​とどまる​よう​に​めいじられて​いない​もの​は、まわり​の​いき​で​ふくいん​を​べ​つたえ​なさい。それから、ぶん​の​いえ​に​かえり​なさい。

47 長老ちょうろう​たち​は​ちゅう​で​おしえ​を​き、すべて​の​しょ​で​しん​に​ついて​あかし​を​べ、んで​いる​もの​や、​の​たかい​もの​や​ひくい​もの、また​まずしい​もの​に​あらため​を​びかけ​なさい。

48 そして、​に​む​もの​が​あらためる​なら​ば、きょうかい​を​きずき​げ​なさい。

49 また、きょうかいいん​の​こえ​に​よって​オハイオ​の​きょうかい​に​だいにん​を​さだめ、シオン​の​​を​こうにゅう​する​金銭きんせん​を​らせ​なさい。

50 わたし​は、わたし​の​しもべ​シドニー・​リグドン​に​いましめ​を​あたえる。かれ​は​たま​に​よって​らされる​まま​に、シオン​の​​の​詳細しょうさい​と​かみ​の​こころ​を​らせる​声明せいめい​と​を​しるさなければ​ならない。

51 また、金銭きんせん​を​る​ため​に​すべて​の​きょうかい​に​わたす​がみ​と​どうしょ​を​さくせい​して、かみ​の​ら​の​ぎ​の​​を​こうにゅう​する​ため、かれ​が​よい​と​おもう​まま​に、あるいは​かれ​が​​する​まま​に、ビショップ​か、かれしん、あるいは​だいにん​の​​に​その​金銭きんせん​を​おさめる​よう​に​しなければ​ならない。

52 よ、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​は​​たち​と​ひと​の​ら​が​その​こころ​を​ひらいて、まことに​かん​の​ゆるす​かぎり​できる​だけ​はやく、この​いき全体ぜんたい​を​こうにゅう​する​こと​を​のぞんで​いる。

53 よ、ここ​に​​が​ある。かれら​に​これ​を​おこなわせ​なさい。そう​で​なければ、かれら​は​​を​ながす​こと​なし​に​は、けっして​ぎ​を​られない​で​あろう。

54 さらに​また、​を​​に​れた​なら​ば、すべて​の​職種しょくしゅ​の​はたら​を​この​​に​おくって、かみ​の​せい​たち​の​ため​に​はたらかせ​なさい。

55 これら​すべて​の​こと​を​ちつじょただしく​おこない​なさい。また、きょうかい​の​ビショップ​や​だいにん​は、ときどき​この​​で​られる​とっけん​に​ついて​ほうこく​する​よう​に​しなさい。

56 しゅうごう​の​わざ​は​あわてる​こと​の​ない​よう​に​し、また​げる​よう​に​して​おこなう​こと​の​ない​よう​に​しなさい。しかし、それ​は、きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​が​大会たいかい​で​める​とおり​に、また​かれら​が​折々おりおり​に​ける​しき​に​したがって​おこなう​よう​に​しなさい。

57 また、わたし​の​しもべ​シドニー・​リグドン​は、この​​と​神殿しんでんよう​を​しゅ​の​ため​に​聖別せいべつ​し、ほうけん​しなさい。

58 大会たいかい​の​集会しゅうかい​を​召集しょうしゅう​しなさい。そののち、わたし​の​しもべ​シドニー・​リグドン​と​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​は​かえり、また​かれら​と​ともに​オリバー・​カウドリ​も​かえって、わたし​が​かれら​しん​の​​で​かれら​に​てい​した​わざ​の​のこり、ならびに​大会たいかい​で​決定けってい​される​こと​の​ざん​を​たし​なさい。

59 また、この​​から​かえる​もの​は、ぶん​が​って​おり、もっとも​ふかく​たしか​に​しんじて​いる​ことがら​に​ついて、ちゅう​で​あかし​を​べないで​かえる​こと​の​ない​よう​に​しなさい。

60 ザイバ・​ピーターソン​に​さずけられた​もの​を​かれ​から​り​なさい。そして、かれ​を​きょうかい​の​いち会員かいいん​として、かれ​が​ぶん​の​すべて​の​つみ​に​たいして​十分じゅうぶん​に​らしめ​を​ける​まで、きょうだい​たち​と​ともに​かれしん​の​​を​使つかって​はたらかせ​なさい。かれ​は​ぶん​の​つみ​を​こくはく​せず、それら​を​かくそう​と​かんがえて​いる​から​で​ある。

61 この​​に​かって​いる​この​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​の​のこり​の​もの​も、この​​で​大会たいかい​を​ひらき​なさい。その​なか​の​ある​もの​たち​は​じょう​に、まことに​はかれない​ほど​しゅくふく​されて​いる。

62 わたし​の​しもべ​エドワード・​パートリッジ​は、かれら​が​ひらく​大会たいかい​を​どう​しなさい。

63 そして、かれら​も​かえり、ちゅう​で​ふくいん​を​べ​つたえ、かれら​に​あきらか​に​された​ことがら​に​ついて​あかし​を​べ​なさい。

64 まことに、この​らせ​は​この​​から​ぜんかい​に、また​​の​もっとも​とおい​ところ​まで​て​く​で​あろう。ふくいん​は​すべて​の​つくられた​もの​に​べ​つたえられ、しんじる​もの​に​は​数々かずかず​の​しるし​が​ともなう​で​あろう。

65 そして​よ、ひと​の​​が​る。アーメン。