聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​59​章

千八百三十一​ねん​八がつなの、ミズーリ​しゅう​ジャクソン​ぐん​シオン​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百九十六-二百一​ページ)。げんしゃ​は​この​けい​を​ろく​する​に​さきち、とう人々ひとびと​が​しゅうごう​して​いた​シオン​の​​の​よう​を​詳細しょうさい​に​びょうしゃ​して​いる。その​​は​しゅ​から​​された​とおり​に​聖別せいべつ​され、また​将来しょうらい​の​神殿しんでん​の​ため​の​しき​が​ほうけん​された。しゅ​は​これら​の​いましめ​を、とくに​シオン​の​せい​たち​に​てはまる​もの​と​して​おられる。

1-4​シオン​の​ちゅうじつ​な​せい​たち​は​しゅくふく​される。​5-8かれら​は​しゅ​を​あいし、しゅ​に​つかえ、しゅ​の​いましめ​を​まもらなければ​ならない。​9-19しゅ​の​​を​きよく​まもる​こと​に​よって、せい​たち​は​ぶっしつてき​に​も​霊的れいてき​に​も​しゅくふく​される。​20-24じん​は​この​に​おいて​へい​を、また​きたる​べき​​に​おいて​永遠えいえん​の​いのち​を​やくそく​される。

1 よ。しゅ​は​う。わたし​の​めいじた​とおり​に、わたし​の​えいこう​に​ひたすら​​を​けて​この​​に​のぼって​た​人々ひとびと​は、さいわい​で​ある。

2 きて​いる​もの​は​​を​ぎ、ぬ​もの​は​その​ろう​を​すべて​かれて​やすみ、かれら​の​わざ​は​かれら​に​ついて​く​から​で​ある。そして、かれら​は、わたし​が​かれら​の​ため​に​よう​した​ちち​の​まい​で​かんむり​を​ける​で​あろう。

3 まことに、わたし​の​ふくいん​に​したがって​いて、ぶん​の​あし​で​シオン​の​​に​つ​もの​は、さいわい​で​ある。かれら​は​​の​い​もの​を​むくい​として​ける​から​で​ある。そして、​は​ちからづよく​さんする​で​あろう。

4 かれら​は​うえ​から​の​数々かずかず​の​しゅくふく​を、また​すくなからぬ​いましめ​を、さらに​とき​に​かなった​数々かずかず​の​けい​を​かんむり​として​あたえられる​で​あろう。わたし​の​まえ​に​ちゅうじつ​かつ​熱心ねっしん​で​ある​もの​は、この​とおり​で​ある。

5 それゆえ、わたし​は​かれら​に​いましめ​を​あたえて、この​よう​に​う。あなた​は​こころ​を​くし、勢力せいりょく​と​おもい​と​ちから​を​くして、しゅ​なる​あなた​の​かみ​を​あいさなければ​ならない。また、イエス・​キリスト​の​​に​よって、かみ​に​つかえ​なければ​ならない。

6 あなた​は​ぶんしん​を​あいする​よう​に​隣人りんじん​を​あいさなければ​ならない。あなた​は​ぬすんで​は​ならない。姦淫かんいん​を​して​は​ならない。ころして​は​ならない。これ​に​るいする​こと​を​して​は​ならない。

7 あなた​は​すべて​の​こと​に​ついて、しゅ​なる​あなた​の​かみ​に​感謝かんしゃ​しなければ​ならない。

8 あなた​は、​を​もって​しゅ​なる​あなた​の​かみ​に​せい​を、すなわち​くだかれた​こころ​と​いる​れい​の​せい​を​ささげ​なければ​ならない。

9 また、あなた​は、​の​けがれ​に​まらず​に​みずから​を​さらに​十分じゅうぶん​に​きよく​たもつ​ため​に、わたし​の​聖日せいじつ​に​いのり​の​いえ​に​って、聖式せいしき​を​ささげ​なければ​ならない。

10 まことに、この​​は、あなたがた​の​ろう​を​かれて​やすみ、いと​たかき​かた​に​れいはい​を​ささげる​よう​に​さだめられた​​だから​で​ある。

11 それでも、あなた​の​誓言せいごん​は、毎日まいにち、また​つねに、​を​もって​ささげ​なければ​ならない。

12 しかし、この​しゅ​の​​に、あなた​は​いと​たかき​かた​に​あなた​の​そなもの​と​聖式せいしき​を​ささげ、また​きょうだい​たち​と​しゅ​の​まえ​に​あなた​の​つみ​を​こくはく​しなければ​ならない​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

13 また、この​​に​は、あなた​は​ほか​に​何事なにごと​も​しない​よう​に​しなければ​ならない。ただ、あなた​の​食物しょくもつ​を​ごころ​を​めて​じゅん​して、あなた​の​断食だんじき​が​完全かんぜん​に​なる​よう​に、い​えれば、あなた​の​よろこび​が​たされる​よう​に​する​だけ​で​ある。

14 まことに、これ​は​断食だんじき​と​いのり、い​えれば、よろこび​と​いのり​で​ある。

15 あなたがた​が、感謝かんしゃ​して、たのしげ​な​こころ​と​表情ひょうじょう​を​もって、しかも、ひどく​わらう​こと​は​つみ​で​ある​ので​そう​する​こと​なく、しかし​よろこび​の​こころ​と​たのしげ​な​表情ひょうじょう​を​もって、これら​の​こと​を​おこなう​なら​ば、

16 まことに、わたし​は​う​が、あなたがた​が​これ​を​おこなう​なら​ば、​に​ちて​いる​もの、すなわち、​の​けもの​と​そら​の​とり、また​​に​のぼる​もの​と​じょう​を​あるく​もの​は、あなたがた​の​もの​と​なる。

17 まことに​また、くさ​と、​から​しょうじる​い​もの​も、あなたがた​の​もの​と​なる。これら​の​もの​は、食物しょくもつ​の​ため、または​ふく​の​ため、または​おく​の​ため、または​​の​ため、または​じゅえん​の​ため、または​菜園さいえん​の​ため、または​ぶどう​えん​の​ため​に​もちいられる。

18 まことに、せつ​に​おうじて​​から​しょうじる​すべて​の​もの​は、ひと​の​えき​と​よう​の​ため、​を​たのしませ、こころ​を​よろこばせる​ため​に​つくられて​いる。

19 まことに、食物しょくもつ​の​ため、また​ふく​の​ため、あじ​の​ため、また​かおり​の​ため、からだ​を​つよく​する​ため、また​れい​を​かっ​づける​ため​に​つくられて​いる。

20 かみ​は​これら​の​もの​を​すべて​ひと​に​あたえた​こと​を​よろこんで​いる。この​もくてき​の​ため​に​これら​の​もの​は、りょ分別ふんべつ​を​もって、​を​さず、貪欲どんよく​に​る​こと​なく​使つかう​よう​に​つくられた​から​で​ある。

21 また、すべて​の​こと​の​なか​に​かみ​の​​を​みとめない​もの​と、かみ​の​いましめ​に​したがわない​もの​の​ほか​に、ひと​は​どの​よう​な​こと​に​ついて​も​かみ​を​いからせる​こと​は​ない、すなわち、ほか​の​どの​よう​な​ひと​に​かって​も​かみ​の​はげしい​いかり​は​えない。

22 よ、これ​は​りっぽう​と​げんしゃ​に​かなって​いる。それゆえ、この​けん​に​ついて​これから​は​もう​わたし​を​わずらわさない​よう​に​しなさい。

23 しかし、​の​わざ​を​おこなう​もの​は​その​むくい​を​ける、すなわち、この​に​おいて​へい​を、また​きたる​べき​​に​おいて​永遠えいえん​の​いのち​を​ける​と​いう​こと​を​って​おき​なさい。

24 しゅ​なる​わたし​が​これ​を​かたった。そして、たま​が​あかし​する。アーメン。