聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

きょうせいやく

第​68​章

千八百三十一​ねん​十一がつ、オハイオ​しゅう​ハイラム​に​おいて、オーソン・​ハイド、ルーク・​S・​ジョンソン、ライマン・​E・​ジョンソン、および​ウィリアム・​E・​マクレラン​の​もとめ​に​おうじて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、二百二十七-二百二十九​ページ)。この​けい​は、前述ぜんじゅつ​の​長老ちょうろう​たち​に​ついて​しゅ​の​おもい​が​らされる​よう​に​と​の​嘆願たんがん​に​こたえて​あたえられた​もの​で​ある​が、その​内容ないよう​の​おおく​は​ぜんきょうかい​に​かんけい​する​もの​で​ある。

1-5聖霊せいれい​に​かんじて​かたる​長老ちょうろう​たち​の​こと​は、聖文せいぶん​で​ある。​6-12長老ちょうろう​たち​は​べ​つたえ、バプテスマ​を​ほどこさなければ​ならない。そう​すれ​ば、こころ​から​しんじる​もの​に​は​しるし​が​ともなう。​13-24​アロン​の​そん​の​なか​の​ちょう​は、だいかんちょうかい​の​​の​もと​に、かん​ビショップ​として​つとめる​こと​が​できる(すなわち、ビショップ​として​ちょう​の​しょく​の​かぎ​を​つ)。​25-28両親りょうしん​は​ぶん​の​ども​たち​に​ふくいん​を​おしえる​よう​に​めいじられる。​29-35せい​たち​は​あんそくにち​を​まもり、熱心ねっしん​に​はたらき、いのらなければ​ならない。

1 わたし​の​しもべ​オーソン・​ハイド​は、たみ​から​たみ​へ、ほう​から​ほう​へ、あくにん​の​あつまり​の​なか​で、かれら​の​会堂かいどう​で、かれら​と​ろんじ​ながら、また​かれら​に​すべて​の​聖文せいぶん​を​かし​ながら、ける​かみ​の​たま​に​より​永遠えいえん​の​ふくいん​を​宣言せんげん​する​よう​に、聖任せいにん​に​よって​された。

2 よ、よ、これ​は​この​しんけん​に​聖任せいにん​され、て​く​使めい​に​さだめられた​すべて​の​もの​に​とって​の​一つ​の​範例はんれい​で​ある。

3 また、聖霊せいれい​に​かんじる​まま​に​かたる​こと​は、かれら​に​とって​の​範例はんれい​で​ある。

4 そして、なん​で​あろう​と​聖霊せいれい​に​かんじて​かたる​こと​は、聖文せいぶん​と​なり、しゅ​の​こころ​と​なり、しゅ​の​おもい​と​なり、しゅ​の​こと​と​なり、しゅ​の​こえ​と​なり、すくい​を​​させる​かみ​の​ちから​と​なる。

5 よ、おお、わたし​の​しもべ​たち​よ、これ​は​あなたがた​へ​の​しゅ​の​やくそく​で​ある。

6 げん​を​し​なさい。おそれて​は​ならない。しゅ​なる​わたし​は​あなたがた​と​ともに​おり、あなたがた​の​かたわら​に​つ​から​で​ある。あなたがた​は、わたし、すなわち​イエス・​キリスト​に​ついて、わたし​が​ける​かみ​の​​で​ある​こと、わたし​が​かつて​おり、いま​おり、やがて​る​こと​を​あかし​しなければ​ならない。

7 あなた、すなわち​わたし​の​しもべオーソン・​ハイド​へ​の、また​わたし​の​しもべ​ルーク・​ジョンソン​へ​の、また​わたし​の​しもべ​ライマン・​ジョンソン​へ​の、また​わたし​の​しもべ​ウィリアム・​E・​マクレラン​へ​の、また​わたし​の​きょうかい​の​すべて​の​ちゅうじつ​な​長老ちょうろう​たち​へ​の​しゅ​の​こと​は​これ​で​ある。

8 すなわち、ぜんかい​に​て​って、すべて​の​つくられた​もの​に​ふくいん​を​べ​つたえ、わたし​が​あなたがた​に​さずけた​権能けんのう​を​こう使​し、ちち​と​​と​聖霊せいれい​の​​に​よって​バプテスマ​を​ほどこし​なさい。

9 しんじて​バプテスマ​を​ける​もの​は​すくわれる。しかし、しんじない​もの​は​ばつ​の​さだめ​を​ける。

10 しんじる​もの​は、しるされて​いる​よう​に、それ​に​ともなう​しるし​を​しゅくふく​として​さずけられる。

11 また、あなたがた​に​は、とき​の​しるし​と​ひと​の​​の​らいりん​の​しるし​を​る​こと​が​ゆるされる。

12 また、ちち​が​あかし​される​すべて​の​もの​に​ついて、あなたがた​に​は、かれら​を​永遠えいえん​の​いのち​に​むすかためる​ちから​が​あたえられる​で​あろう。アーメン。

13 さて、せいやく​と​いましめ​に​くわえる​いくつ​か​の​こう​に​かんして​で​ある​が、それら​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

14 この​のちしゅ​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に、きょうかい​の​ため​に​ほか​の​ビショップ​たち​が​にんめい​されて、さいしょ​の​ビショップ​と​おなじ​よう​に​つかえる​こと​に​なる。

15 かれら​は​ふさわしい​だいさい​で​なければ​ならず、アロン​の​ちょっけい​の​そん​で​ある​あい​を​のぞいて​は、メルキゼデク​しんけん​の​だいかんちょうかい​に​よって​選任せんにん​され​なければ​ならない。

16 もし​かれら​が​アロン​の​ちょっけい​の​そん​で​あり、アロン​の​そん​の​なか​の​ちょう​で​あれ​ば、ビショップ​の​しょく​に​く​りっぽうじょう​の​けん​を​つ。

17 ちょう​は​この​しんけん​を​つかさどる​ちょう​の​しょく​の​けん​と、この​しんけん​の​かぎ​すなわち​権能けんのう​を​しょゆう​する​から​で​ある。

18 だれ​も​アロン​の​ちょっけい​の​そん​で、かつ​ちょう​で​なければ、この​しょく​に​き、この​しんけん​の​かぎ​を​しょゆう​する​りっぽうじょう​の​けん​を​たない。

19 しかし、メルキゼデク​しんけん​の​だいさい​は、それ​​の​すべて​の​しょく​の​しょく​を​おこなう​権能けんのう​を​つ​ので、アロン​の​ちょっけい​の​そん​が​だれ​も​つからない​とき​は、メルキゼデク​しんけん​の​だいかんちょうかい​の​​の​もと​で​この​ちから​を​ゆうする​しょく​に​され、にんめい​され、聖任せいにん​される​なら​ば、ビショップ​の​しょく​を​おこなう​こと​が​できる。

20 また、アロン​の​ちょっけい​の​そん​も​この​だいかんちょうかい​に​よって​めい​され、ふさわしい​と​みとめられ、あぶら​を​そそがれ、この​だいかんちょうかい​の​​の​もと​で​聖任せいにん​され​なければ​ならない。そう​で​なければ、かれら​は​その​しんけん​に​おいて​しょく​を​おこなう​りっぽうじょう​の​権能けんのう​を​あたえられない。

21 しかし、ちち​から​むす​へ​つたえられる​かれら​の​しんけん​の​けん​に​ついて​の​さだめ​が​ある​ので、いつでも​かれら​が​ぶん​の​けっとう​を​りっしょう​できる​なら​ば、あるいは​まえ​に​べた​だいかんちょうかい​の​​の​もと​で​しゅ​から​の​けい​に​よって​それ​を​かくにん​する​なら​ば、かれら​は​その​あぶらそそぎ​を​ようきゅう​する​こと​が​できる。

22 さらに​また、ビショップ​または​この​つとめ​の​ため​に​にんめい​される​だいさい​は、きょうかい​の​だいかんちょうかい​の​まえ​で​ける​ほか、どの​よう​な​ざい​に​たいして​も​しん​や​つみ​の​せんこく​を​ける​こと​は​ない。

23 かれ​は​この​だいかんちょうかい​の​まえ​で、​を​もうてる​​の​ない​しょう​に​よって​つみ​が​ある​と​みとめられた​なら​ば、つみ​の​せんこく​を​ける。

24 また、あらためる​なら​ば、かれ​は​きょうかい​の​せいやく​と​いましめ​に​したがって​ゆるされる。

25 さらに​また、シオン​に​おいて、または​しき​されて​いる​その​いずれ​か​の​ステーク​に​おいて、ども​を​つ​両親りょうしん​が​いて、さい​の​とき​に、あらため、ける​かみ​の​​キリスト​を​しんじる​しんこう、および​バプテスマ​と​按手あんしゅ​に​よる​聖霊せいれい​の​賜物たまもの​の​きょう​を​かい​する​よう​に​かれら​を​おしえ​なければ、つみ​は​その​両親りょうしん​の​こうべ​に​ある。

26 これ​が、シオン、またはしき​されて​いる​その​いずれ​か​の​ステーク​に​む​もの​へ​の​りっぽう​で​ある。

27 その​ども​たち​は、さい​の​とき​に​つみ​の​ゆるし​の​ため​の​バプテスマ​を​け、また​按手あんしゅ​を​け​なければ​ならない。

28 また、かれら​は​その​ども​たち​に​いのる​こと​と、しゅ​の​まえ​を​まっすぐ​に​あゆむ​こと​も​おしえ​なければ​ならない。

29 シオン​に​む​もの​は​また、あんそくにち​を​まもって​これ​を​せい​なる​​として​たもたなければ​ならない。

30 シオン​に​む​もの​は​また、はたらく​よう​に​めいじられる​なら​ば、それ​を​おぼえて​ちゅうしん​を​くして​はたらかなければ​ならない。たい​な​もの​は​しゅ​の​まえ​に​おぼえられる​から​で​ある。

31 ところで、しゅ​なる​わたし​は​シオン​に​む​もの​を​よろこんで​いない。かれら​の​なか​に​たい​な​もの​たち​が​いる​から​で​ある。そして、かれら​の​ども​たち​も​あく​を​する​よう​に​なり、かれら​も​永遠えいえん​の​とみ​を​熱心ねっしん​に​もとめず、その​​は​貪欲どんよく​に​ちて​いる。

32 これら​の​こと​は​あって​は​ならず、かれら​の​なか​から​なくして​しまわ​なければ​ならない。それゆえ、わたし​の​しもべ​オリバー・​カウドリ​は、これら​の​こと​を​シオン​の​​に​つたえ​なさい。

33 また、一つ​の​いましめ​を、わたし​は​かれら​に​あたえる。すなわち、いのる​べき​とき​に​しゅ​の​まえ​に​いのり​を​する​こと​を​まもらない​もの​が、わたし​の​たみ​の​はん​の​まえ​に​おぼえられる​よう​に​しなさい。

34 これら​の​こと​は​真実しんじつ​で​あり、たしか​で​ある。それゆえ、これら​に​そむいて​は​ならない​し、これから​って​も​ならない。

35 よ、わたし​は​アルパ​で​あり​オメガ​で​ある。わたし​は​すぐに​る。アーメン。