聖句ガイド

ダビデ 

『旧約​聖書』の​中​の​人物。古代​イスラエル​の​王。

ダビデ​は​ユダ族​の​エッサイ​の​息子​で​あった。彼​は​勇敢​な​若者​で,しし​や​くま,ペリシテ人​の​巨人​ゴリアテ​を​倒して​いる(サ上​17章)。彼​は​イスラエル​の​王​に​選ばれ,油​を​注がれた。サウル​と​同じ​よう​に,成人​して​から​大きな​罪​を​犯した​が,サウル​と​違う​の​は,心​から​罪​を​悔いた​こと​で​ある。それ​に​よって,ウリヤ​の​殺害​を​除いて​は​ゆるし​を​得る​こと​が​できた(教義 132:39)。ダビデ​の​一生​は​次​の​4​期​に​分ける​こと​が​できる。(1)羊飼い​として​暮らした​ベツレヘム​時代(サ上​16-17章),(2)サウル​王​の​宮廷​で​過ごした​時代(サ上​18:1-19:18),(3)逃亡​生活​の​時代(サ上​19:18-31:13;サ下​1:1-27),(4)ヘブロン​で​ユダ​の​王​として​治めた​時代(サ下​2-4章)と,後​に​全​イスラエル​の​王​と​なった​時代(サ下​5-24章;列上​1:1-2:11)。

ダビデ​は​バテシバ​と​の​間​に​犯した​姦淫かんいん​の​罪​に​よって,人生​最後​の​20​年間​を​数々​の​不幸​に​苦しめられた。ダビデ​の​治世​に,国​そのもの​は​繁栄​した​が,彼​自身​は​罪​を​犯した​こと​で​苦しみ​を​味わった。家族​の​間​に​絶えず​反目​が​あり,アブサロム​と​アドニヤ​の​場合​は,公然​と​した​反乱​に​まで​至った。それら​の​出来事​は,罪​を​犯した​ダビデ​に​預言者​ナタン​が​下した​宣告​の​成就​で​ある(サ下​12:7-13)。

これら​の​不幸​に​も​かかわらず,ダビデ​の​治世​に​イスラエル​が​最盛期​に​達した​の​は,彼​が(1)諸​部族​を​一つ​の​国家​に​統一​し,(2)領土​を​確保​し,(3)真実​の​宗教​を​基​と​した​政体​を​築いて,神​の​御​心​を​イスラエル​の​法​と​した​から​で​ある。これら​の​理由​に​より,ダビデ​の​治世​は​後​に,イスラエル​の​黄金​時代​と​言われ,メシヤ​来臨​時​の​より​輝かしい​時代​を​あらかじめ​示す​もの​と​見なされた(イザ​16:5;​エレ​23:5;​エゼ​37:24-28)。

ダビデ​の​生涯​は,人​は​皆​義​に​かなった​生活​を​して​最後​まで​堪え忍ばなければ​ならない​こと​を​教えて​いる。若い​とき​には,主​の「心​に​かなう​人」(サ上​13:14)と​言われ,長じて​から​も​御霊みたま​に​よって​語り,多く​の​啓示​を​受けた。しかし​その​ダビデ​も,神​の​戒め​に​不​従順​で​あった​ため​に​大きな​代価​を​払う​こと​に​なって​しまった(教義 132:39)。