聖句ガイド

エフライム 

『旧約​聖書』の​中​の​人物。ヨセフ​と​アセナテ​の​2番​目​の​息子(創世​41:50-52;​46:20)。エフライム​は​それ​まで​の​習わし​に​反して,長男​の​マナセ​に​代わって​長子​の​特権​の​祝福​を​受けた(創世​48:17-20)。エフライム​は​エフライム​の​部族​の​先祖​と​なった。

エフライム​の​部族

エフライム​は​イスラエル​に​おける​長子​の​特権​を​与えられた(歴上​5:1-2;​エレ​31:9)。終わり​の​時​に​おける​彼ら​の​特権​と​責任​は,神権​を​受け,世​の​人々​に​回復​された​福音​の​教え​を​伝え,散乱​した​イスラエル​を​集める​ため​に​旗​を​掲げる​こと​で​ある(イザ​11:12-13;2ニフ 21:12-13)。エフライム​の​子ら​は,終わり​の​時​に​北​の​地​から​戻る​人々​に​栄光​を​冠​として​授ける(教義 133:26-34)。

エフライム​または​ヨセフ​の​木

エフライム​の​部族​で,紀元前​600​年​ごろ​に​エルサレム​から​アメリカ​に​導かれた​民​の​記録。この​民​の​記録​は,エフライム​または​ヨセフ​の​木,すなわち『モルモン書』と​呼ばれる。この​木(モルモン書)と​ユダ​の​木(聖書)は​一つ​と​なって,主​イエス・キリスト​と​その​復活,また​イスラエル​の​家​の​これら​二つ​の​群れ​の​中​で​主​が​なされた​業​をあかしして​いる。