聖句ガイド

イスラエル 

『旧約​聖書』には,イサク​の​子​で​あり​アブラハム​の​孫​で​ある​ヤコブ​に,主​が​イスラエル​と​いう​名​を​与えられた​こと​が​記されて​いる(創世​32:28;​35:10)。この​イスラエル​と​いう​名​は,ヤコブ​や​その​子孫​に​対して,また​その​子孫​が​かつて​旧約​の​時代​に​築いた​王国​に​対して​用いられる(サ下​1:24;​23:3)。イスラエル​の​子ら​は,モーセ​に​よって​エジプト​の​奴隷​の​状態​から​導き​出された(出エ​3-14章)後,300​年​以上​に​わたって​士師​に​より​治められた。サウル​王​から​始まり​ソロモン​の​死​に​至る​まで,統一​イスラエル​は​王​に​よる​統治​を​受けた。ソロモン​の​死​に​際して,10​の​部族​が​レハベアム​に​背いて,別​の​国​を​作った。イスラエル​王国​の​分裂​後,数​に​おいて​勝って​いた​北​の​諸​部族​は​イスラエル​の​名​を​継承​した​が,一方,南​の​王国​は​ユダ​と​呼ばれた。今日​で​は,カナン​の​地​も​イスラエル​と​呼ばれて​いる。別​の​意味​で,イスラエル​は​キリスト​を​心​から​信じる​者​を​指す(ロマ​10:1;​11:7;​ガラ​6:16;​エペ​2:12)。

イスラエル​の​十二部族

アブラハム​の​孫​で​イスラエル​と​改名​した​ヤコブ​には,12​人​の​息子​が​いた。彼ら​の​子孫​は,イスラエル​の​十二部族,あるいは​イスラエル​の​子ら​と​呼ばれる。以下​が​その​十二部族​の​名​で​ある。ルベン,シメオン,レビ,ユダ,イッサカル,ゼブルン(以上​は​ヤコブ​と​レア​の​子),ダン​と​ナフタリ(ヤコブ​と​ビルハ​の​子),ガド​と​アセル(ヤコブ​と​ジルパ​の​子),ヨセフ​と​ベニヤミン(ヤコブ​と​ラケル​の​子)(創世​29:32-30:24;​35:16-18)。

ヤコブ​は​死​を​前​に​して,各​部族​の​指導​者​に​祝福​を​与えた(創世​49:1-28)。詳細​に​ついて​は,ヤコブ​の​それぞれ​の​息子​の​項​を​参照​の​こと。

ヤコブ​の​最初​の​妻​レア​の​第一子​ルベン​は,不品行​の​ゆえ​(創世​49:3-4),長子​の​特権​の​祝福​と​2​倍​の​相続​分​と​を​失って​しまった。そして​長子​の​特権​は,ヤコブ​の​2番​目​の​妻​ラケル​の​第一子​ヨセフ​に​与えられる​こと​に​なった(歴上​5:1-2)。レビ​は,神権​の​務め​を​なす​部族​として​主​から​選ばれ,全​部族​の​中​で​特別​な​務め​を​果たす​よう​に​召された​ため,受け継ぎ​の​地​は​与えられなかった。これ​に​よって​ヨセフ​は​2​倍​分​を​相続​し,二人​の​息子​エフライム​と​マナセ​が​それ​を​分け(歴上​5:1;​エレ​31:9),この​二人​は​それぞれ​独立​した​部族​と​見なされた(JS​創世​48:5-6)。

メシヤ​が​来られる​まで​は,ユダ​の​部族​に​属する​者​が​イスラエル​の​民​を​統治​する​こと​に​なって​いた(創世​49:10;JS​創世​50:24)。終わり​の​時​に,エフライム​の​部族​は​世​の​人々​に​福音​の​回復​の​知らせ​を​伝え,散らされた​イスラエル​を​集める​特権​を​持つ(申命​33:13-17)。イエス・キリスト​の​福音​に​より,エフライム​が​イスラエル​の​全​部族​を​統一​させる​業​に​おいて​指導​的​な​役割​を​果たす​時​が​来る(イザ​11:12-13;教義 133:26-34)。

イスラエル​の​散乱

主​は​イスラエル​の​十二部族​を,その​不義​と​背反​の​ゆえ​に​散らし,苦しめられた。しかし,主​は​選ばれた​民​を​この​よう​に​国々​の​中​に​散乱​させ,それ​に​よって​その​国々​に​祝福​を​もたらす​機会​と​された。

イスラエル​の​集合

イスラエル​の​家​は,キリスト​の​来臨​に​先立って​終わり​の​時​に​集められる(箇条 1:10)。主​が​御​自分​の​民​イスラエル​を​集められる​の​は,彼ら​が​主​を​受け入れ,主​の​戒め​を​守る​とき​で​ある。

行方​の​知れない​十部族

イスラエル​の​北​王国​を​成して​いた​十部族​は,紀元前​721​年​に​アッシリア(アッスリヤ)に​捕囚​として​連れ​去られた。それから​彼ら​は「北​の​地」へ​向かい,やがて​消息​を​絶った。この​十部族​は​終わり​の​時​に​戻って​来る。