聖句ガイド

マラキ 

旧約​の​預言者。紀元前​430​年​ごろ​に​預言者​として​働き,記録​を​残した。

マラキ書

マラキ書​すなわち​マラキ​の​預言​の​書​は,『旧約​聖書』の​巻末​に​収められて​いる。マラキ書​は​次​の​4つ​の​主題​に​添って​書かれて​いる​と​思われる。(1)イスラエル​の​罪-マラキ​1:6-2:17;​3:8-9。(2)不​従順​の​ゆえ​に​イスラエル​に​下される​裁き-マラキ​1:14;​2:2-3,12;​3:5。(3)従順​に​対する​約束-マラキ​3:10-12,16-18;​4:2-3。(4)イスラエル​に​ついて​の​預言-マラキ​3:1-5;​4:1,5-6(教義 2章128:17ジ-歴史​1:37-39)。

マラキ​は​その​預言​の​中​で,バプテスマ​の​ヨハネ(マラ​3:1;​マタ​11:10),什分じゅうぶん​の​一​の​律法(マラ​3:7-12),主​の​再臨(マラ​4:5),エリヤ​の​帰還(マラ​4:5-6;教義 2章128:17ジ-歴史​1:37-39)に​ついて​記して​いる。救い主​は​ニーファイ人​の​ため​に,マラキ書​の​第 3章​と​第 4章​の​すべて​を​引用​された(3ニフ 24-25章)。