聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーセしょ抜粋ばっすい

げんしゃ​ジョセフ・​スミス​に​けい​された『せいしょ』​の​ほんやく​から​の​抜粋ばっすい、千八百三十​ねん​六がつ―千八百三十一​ねん​二がつ

第​1​章

(千八百三十​ねん​六がつ

かみ​が​モーセ​に​しん​を​あらわされる。モーセ、変貌へんぼう​する。サタン​と​相対あいたい​する。人々ひとびと​の​む​おおく​の​かい​を​る。すう​の​かい​が​おん​に​よって​そうぞう​された。かみ​の​わざ​と​えいこう​は​ひと​の​めつ​と​永遠えいえん​の​いのち​を​もたらす​こと​で​ある。

1 ​モーセ​が​じょう​に​たかい​やま​に​れてかれた​とき​に、かみ​が​モーセ​に​かたられた​こと

2 ​この​とき、かれ​は​かお​と​かお​を​わせて​かみ​に​まみえ、かみ​と​かたり、かみ​の​えいこう​が​モーセ​の​うえ​に​あった。それゆえ、モーセ​は​かみ​の​臨在りんざい​に​える​こと​が​できた。

3 かみ​は​モーセ​に​われた。「よ、わたし​は​ぜんのう​の​しゅ​なる​かみ​で​あり、きゅう​と​は​わたし​の​​で​ある。わたし​は、​の​はじめ​も​なく​とし​の​わり​も​ない​から​で​ある。これ​は​きゅう​で​は​ない​か。

4 ​また​よ、あなた​は​わたし​の​​で​ある。それゆえ、​なさい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなた​に、わたし​の​​で​つくられた​もの​を​せよう。しかし、すべて​で​は​ない。わたし​の​わざ​は​わり​が​ない​から​で​ある。わたし​の​こと​も​そう​で​ある。それら​は​けっして​える​こと​が​ない​から​で​ある。

5 ​それゆえ、だれ​も​わたし​の​すべて​の​えいこう​を​る​こと​なし​に、わたし​の​すべて​の​わざ​を​くす​こと​は​できない。また、だれ​も​わたし​の​すべて​の​えいこう​を​​ながら、そののちにくたい​を​もって​じょう​に​とどまる​こと​は​できない。

6 ​わたし​の​​モーセ​よ、わたし​は​あなた​に​一つ​の​わざ​を​よう​して​いる。あなた​は​わたし​の​ひと​に​かたどられて​いる。わたし​の​ひと​は、現在げんざい​も​将来しょうらい​も​すくぬし​で​ある。かれ​は​めぐみ​と​しん​に​ちて​いる​から​で​ある。しかし、わたし​の​ほか​に​かみ​は​おらず、すべて​の​もの​は​わたし​と​ともに​ある。わたし​は​それら​すべて​を​って​いる​から​で​ある。

7 ​さて​よ、わたし​の​​モーセ​よ、この​一つ​の​こと​を、わたし​は​あなた​に​しめす。あなた​が​​に​いる​から​で​ある。いま​わたし​は​あなた​に​それ​を​しめす。」

8 ​そこで​モーセ​は​ながめて、ぶん​が​そうぞう​されて​んで​いる​かい​を​た。モーセ​は​かい​と​その​て​と、現在げんざい​いる​ひと​の​ら​と、​に​そうぞう​された​ひと​の​ら​の​すべて​を​た。そして、これら​の​こと​に​かれ​は​ひどく​おどろく​と​ともに、​に​おもった。

9 ​それから、かみ​が​モーセ​の​もと​から​って​かれた​ので、かみ​の​えいこう​は​モーセ​の​うえ​に​なく、モーセ​は​ひとのこされた。かれ​は​ひとのこされる​と、​に​たおれた。

10 ​さて、おおく​の​かん​が​ぎて、モーセ​は​ひと​として​の​本来ほんらい​の​ちから​を​ふたたび​もどし、ひとごと​を​った。「いま​これ​で、わたし​は、ひと​は​る​に​りない​もの​で​ある​こと​が​かった。この​こと​は、おもって​も​みない​こと​だった。

11 ​だが​いま、わたし​は​ぶん​の​​で​かみ​を​た。しかし、わたし​の​にくたい​の​​で​は​なく、れい​の​​で​た。にくたい​の​​で​は​られなかった​で​あろう。かみ​の​まえ​で​は​れて​んで​しまって​いた​はず​だ。しかし、かみ​の​えいこう​が​わたし​の​うえ​に​あり、わたし​は​かみ​の​まえ​で​変貌へんぼう​した​ので、かみ​の​かお​を​た。」

12 ​さて、モーセ​が​これら​の​こと​を​かたった​とき、よ、サタン​が​て、かれ​を​ゆうわく​して​った。「ひと​の​​モーセ​よ、わたし​を​おがみ​なさい。」

13 ​そこで、モーセ​は​サタン​を​て​った。「おまえ​は​だれ​だ。よ、わたし​は、かみ​の​ひと​に​かたどられて​いる​かみ​の​​だ。おまえ​の​えいこう​が​どこ​に​ある​ので、わたし​が​おまえ​を​おがまなければ​ならない​の​か。

14 よ、わたし​は、かみ​の​えいこう​が​わたし​の​うえ​に​およんで、かみ​の​まえ​で​変貌へんぼう​しなかった​なら​ば、かみ​を​る​こと​は​できなかった。ところが、いま​わたし​は​にくたい​の​まま​で、おまえ​を​る​こと​が​できる。じつに​その​とおり​で​は​ない​か。

15 ​わたし​の​かみ​の​​が​ほめ​たたえられる​よう​に。かみ​の​たま​は​まだ​わたし​から​完全かんぜん​に​は​退しりぞき​って​いない。そう​で​なければ、おまえ​の​えいこう​は​どこ​に​ある​の​か。それ​は​わたし​に​とって​やみ​だから​だ。わたし​は​おまえ​と​かみ​と​を​べつ​する​こと​が​できる。かみ​は​わたし​に、『かみ​を​れいはい​しなさい。あなた​は​かみ​に​のみ​つかえる​べき​で​ある』​と​われた​から​で​ある。

16 ​サタン​よ、退しりぞけ。わたし​を​あざむくな。かみ​は​わたし​に、『あなた​は​わたし​の​ひと​に​かたどられて​いる』​と​われた​から​で​ある。

17 かみ​は​また、える​しば​の​なか​から​わたし​を​ばれた​とき、わたし​に​いましめ​を​あたえて、『わたし​の​ひと​の​​に​よって​かみ​に​び​もとめ、わたし​を​れいはい​しなさい』​と​も​われた。」

18 ​さらに​モーセ​は​った。「わたし​は​かみ​に​び​もとめる​こと​を​やめない。わたし​に​は​かみ​に​うかがう​こと​が​ほか​に​ある。かみ​の​えいこう​が​わたし​の​うえ​に​あった​ので、わたし​は​かみ​と​おまえ​と​を​べつ​する​こと​が​できる。サタン​よ、れ。」

19 ​さて、モーセ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、サタン​は​大声おおごえ​で​さけび、じょう​で​わめき​たてて、「わたし​が​ひと​だ。わたし​を​おがめ」と​めいじて​った。

20 ​そこで、モーセ​は​ひどく​おそれ​はじめた。そして、おそれ​はじめる​と、ごく​の​さん​を​​に​した。それでも、かれ​は​かみ​に​び​もとめた​ので、ちから​を​あたえられた。そこで、かれ​は​めいじて​った。「サタン​よ、わたし​から​はなれ​れ。わたし​は​えいこう​の​かみ​で​あられる​この​唯一ゆいいつ​の​かみ​のみ​を​れいはい​する​から​で​ある。」

21 ​すると、サタン​は​おののき​はじめ、​が​れ​うごいた。モーセ​は​ちから​を​あたえられ、かみ​に​び​もとめて​った。「ひと​の​​に​よって​う。サタン​よ、れ。」

22 ​すると​サタン​は、なみだ​を​ながし、き​わめき、ぎしり​を​しながら、大声おおごえ​で​さけんだ。そして​そこ​から、すなわち​モーセ​の​まえ​から​って、姿すがた​が​えなく​なった。

23 ​さて、この​こと​に​ついて​モーセ​は​あかし​を​べた。しかし、あく​の​ゆえ​に​それ​は​ひと​の​ら​の​なか​に​られて​いない。

24 ​さて、サタン​が​モーセ​の​まえ​から​った​とき、モーセ​は​その​​を​てん​に​け、御父おんちち​と​おん​の​こと​を​あかし​される​聖霊せいれい​に​たされた。

25 ​そして、かれ​は​かみ​の​​を​ぶ​と、ふたたび​かみ​の​えいこう​を​た。かみ​の​えいこう​が​かれ​の​うえ​に​あった​から​で​ある。そして、かれ​は​一つ​の​こえ​が​げられる​の​を​いた。「モーセ​よ、あなた​は​さいわい​で​ある。ぜんのうしゃ​で​ある​わたし​が​あなた​を​えらび、あなた​は​おおく​の​みず​より​も​つよく​される​から​で​ある。あたかも​あなた​が​かみ​で​ある​か​の​よう​に、みず​は​あなた​の​命令めいれい​に​したがう​で​あろう。

26 よ、わたし​は、まことに​あなた​の​生涯しょうがい​の​さい​まで​あなた​と​ともに​いる。あなた​は​わたし​の​たみ​を、すなわち​わたし​の​選民せんみんイスラエル​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​さなければ​ならない​から​で​ある。」

27 ​また、その​こえ​が​まだ​かたって​おられる​うち​に、モーセ​は​その​​を​けて、​を、まことに、その​すべて​を​た。かれ​が​なかった​もの​は​ちり​一つ​も​なく、かれ​は​かみ​の​たま​に​よって​それ​を​きわめた。

28 ​また、かれ​は​​に​む​もの​も​た。かれ​が​なかった​もの​は​ひと​も​なかった。かれ​は​かみ​の​たま​に​よって​きわめた。その​かず​は​おおく、まことに​うみ​の​すな​の​よう​に​かぞえ​れなかった。

29 ​また、かれ​は​おおく​の​​を​た。それぞれ​の​​は​きゅう​と​ばれ、その​おもて​に​む​もの​が​いた。

30 ​そこで、モーセ​は​かみ​に​び​もとめて​った。「どうぞ​わたし​に​お​はなし​ください。これら​の​もの​は​どうして​こう​な​の​です​か。そして、あなた​は​これら​の​もの​を​なに​に​よって​お​つくり​に​なった​の​です​か。」

31 よ、しゅ​の​えいこう​が​モーセ​の​うえ​に​あった​ので、モーセ​は​かみ​の​まえ​に​ち、かお​と​かお​を​わせて​かみ​と​かたった。そして、しゅ​なる​かみ​は​モーセ​に​われた。「わたし​しん​に​もくてき​が​あって​これら​の​もの​を​つくった。ここ​に​​が​あり、それ​は​わたし​の​うち​に​ある。

32 ​わたし​の​ちから​の​こと​に​よって、わたし​は​これら​の​もの​を​そうぞう​した。わたし​の​ちから​の​こと​と​は、めぐみ​と​しん​に​ちて​いる​ひと​の​こと​で​ある。

33 すう​の​かい​を、わたし​は​そうぞう​した。また、わたし​しん​に​もくてき​が​あって​これら​を​そうぞう​した。​に​よって、わたし​は​これら​を​そうぞう​した。​と​は、わたし​の​ひと​の​こと​で​ある。

34 ​また、すべて​の​ひと​の​さいしょ​の​もの​を、わたし​は​アダム​と​けた。すなわち、あま​で​ある。

35 ​しかし、この​きゅう​と​この​きゅう​に​む​もの​の​はなし​だけ​を​あなた​に​しよう。よ、わたし​の​ちから​の​こと​に​よって​った​おおく​の​かい​が​ある。また、現在げんざい​ある​かい​も​おおく​あり、それら​は​ひと​に​とって​かぞえ​れない。しかし、わたし​に​は​すべて​の​もの​が​かぞえられて​いる。それら​は​わたし​の​もの​で​あり、わたし​は​それら​を​って​いる​から​で​ある。」

36 ​そこで、モーセ​は​しゅ​に​った。「おお、かみ​よ、あなた​の​しもべ​を​あわれんで​ください。そして、この​きゅう​と​この​きゅう​に​む​もの​と、また​てん​に​ついて、わたし​に​お​はなし​ください。そう​すれ​ば、あなた​の​しもべ​は​満足まんぞく​します。」

37 ​そこで、しゅ​なる​かみ​は​モーセ​に​われた。「もろもろ​の​てん​は​かずおおく、ひと​に​は​かぞえる​こと​が​できない。しかし、わたし​に​は​かぞえられて​いる。それら​は​わたし​の​もの​だから​で​ある。

38 ​一つ​の​きゅう​と​その​てん​が​る​と、まことに​べつ​の​もの​が​しょうじる。わたし​の​わざ​に​も​わたし​の​こと​に​も、わり​が​ない​の​で​ある。

39 よ、ひと​の​めつ​と​永遠えいえん​の​いのち​を​もたらす​こと、これ​が​わたし​の​わざ​で​あり、わたし​の​えいこう​で​ある。

40 ​さて、わたし​の​​モーセ​よ、わたし​は​あなた​が​って​いる​この​きゅう​に​ついて​あなた​に​かたろう。あなた​は​わたし​が​かたる​こと​を​き​しるさなければ​ならない。

41 ひと​の​ら​が​わたし​の​こと​を​​の​ない​もの​と​なし、あなた​が​しるす​しょ​から​その​おおく​を​る​​に、よ、わたし​は​あなた​の​よう​な​もの​を​ひとてよう。そして、あなた​が​しるす​もの​は、ひと​の​ら、すなわち​それら​を​しんじる​すべて​の​もの​の​なか​に​ふたたび​ある​で​あろう。」

42 (これら​の​こと​は、その​​が​ひと​の​ら​に​られる​こと​の​ない​やま​の​なか​で​モーセ​に​かたられた。そして​いま、それら​は​あなた​に​げられて​いる。しんじる​もの​の​ほか​だれ​に​も​それら​を​しめして​は​ならない。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。)