聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーセしょ抜粋ばっすい

第​5​章

(千八百三十​ねん​六がつ―十がつ

アダム​と​エバ、ども​を​もうける。アダム、せい​を​ささげ、かみ​に​つかえる。カイン​と​アベル​が​まれる。カイン​は​そむき、かみ​より​も​サタン​を​あいし、ほろび​と​なる。さつじん​と​あく​が​ひろがる。ふくいん​は​さいしょ​から​べ​つたえられる。

1 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​が​かれら​を​した​のち、アダム​は、しゅ​なる​わたし​が​めいじた​よう​に、​を​たがやし、​の​すべて​の​けもの​を​おさめ、ひたい​に​あせ​して​パン​を​べる​こと​を​はじめた。かれ​の​つま​エバ​も​かれ​と​ともに​はたらいた。

2 ​アダム​は​その​つま​を​り、彼女かのじょ​は​かれ​に​むすむすめ​たち​を​んだ。そして、かれら​は​えて、​を​たし​はじめた。

3 ​その​とき​から、アダム​の​むすむすめ​たち​は​ふた​ずつ​​に​かれて、​を​たがやし、ちく​の​れ​を​い​はじめた。そして、かれら​も​また、むすむすめ​たち​を​もうけた。

4 ​アダム​と​その​つま​エバ​は​しゅ​の​​を​び、エデン​の​その​の​ほうこう​から​かれら​に​かたる​しゅ​の​こえ​を​いた。しかし、しゅ​を​​に​する​こと​は​なかった。かれら​は​しゅ​の​まえ​から​されて​いた​から​で​ある。

5 しゅ​は​かれら​に、しゅ​なる​かれら​の​かみ​を​れいはい​し、しゅ​へ​の​ささげ​もの​として​れ​の​うい​を​ささげる​よう​に​と​いましめ​を​あたえた。アダム​は​しゅ​の​いましめ​に​従順じゅうじゅん​で​あった。

6 おおく​の​​の​のちしゅ​の​てん使​が​アダム​に​あらわれて​った。『あなた​は​なぜ​しゅ​に​せい​を​ささげる​の​か。』​そこで、アダム​は​かれ​に​こたえた。『わたし​に​は​かり​ません。ただ、しゅ​が​わたし​に​めいじられた​の​です。』

7 ​すると、てん使​は​かたって​った。『これ​は、御父おんちち​の、めぐみ​と​しん​に​ちて​いる​ひと​の​せい​の​ひながた​で​ある。

8 ​したがって、あなた​が​おこなう​すべて​の​こと​を​おん​の​​に​よって​おこない​なさい。また、あらためて、いつまで​も​おん​の​​に​よって​かみ​に​び​もとめ​なさい。』

9 ​その​御父おんちち​と​おん​の​こと​を​あかし​する​聖霊せいれい​が​アダム​に​くだり、そして​った。『わたし​は​はじめ​から、また​いま​から​のち​とこしえ​に、ちち​の​ひと​で​ある。あなた​は​らく​した​ので、あがない​を​ける​こと​が​できる。ぜんじんるい、まことに​それ​を​のぞむ​すべて​の​もの​も​どうよう​で​ある。』

10 ​その​、アダム​は​かみ​を​たたえ、たされて、​の​すべて​の​ぞく​に​ついて​げん​し​はじめて​った。『かみ​の​​が​たたえられる​よう​に。わたし​の​そむ​き​の​ゆえ​に、わたし​の​​は​ひらかれた。わたし​は​この​で​よろこび​を​け、ふたたび​にくたい​に​あって​かみ​に​まみえる​で​あろう。』

11 かれ​の​つまエバ​は、これら​すべて​の​こと​を​き、よろこび​ながら​った。『わたしたち​の​そむき​が​なかった​なら​ば、わたしたち​は​けっして​そん​を​つ​こと​は​なく、また​善悪ぜんあく​も、あがない​の​よろこび​も、かみ​が​すべて​の​従順じゅうじゅん​な​もの​に​あたえて​くださる​永遠えいえん​の​いのち​も、けっして​る​こと​は​なかった​でしょう。』

12 ​アダム​と​エバ​は​かみ​の​​を​たたえ、むすむすめ​たち​に​すべて​の​こと​を​らせた。

13 ​すると、サタン​が​かれら​の​なか​に​やって​て、『わたし​も​また、かみ​の​​だ』​と​い、『その​こと​を​しんじて​は​ならない』​と​かれら​に​めいじて​った。そこで、かれら​は​それ​を​しんじる​こと​なく、かみ​より​も​サタン​を​あいした。人々ひとびと​は​その​とき​から、にくよく​や​官能かんのう​に​おぼれ、あく​に​したがう​もの​と​なり​はじめた。

14 しゅ​なる​かみ​は​いたる​ところ​で​聖霊せいれい​に​よって​人々ひとびと​に​びかけ、あらためる​よう​に​めいじた。

15 ​また、『おん​を​しんじて​ぶん​の​つみ​を​あらためる​すべて​の​もの​は​すくわれる。しかし、しんじないで​あらためない​すべて​の​もの​は、ばつ​の​さだめ​を​ける。こと​は​かたい​さだめ​として​かみ​の​くち​から​た​ので、それら​は​じょうじゅ​しなければ​ならない』​と​げた。

16 ​アダム​と​その​つま​エバ​は、かみ​に​び​もとめる​こと​を​やめなかった。また、アダム​は​その​つま​エバ​を​り、彼女かのじょ​は​ごもって​カイン​を​み、『わたし​は​しゅ​から​だん​を​​ました。ですから、この​​は​かみ​の​こと​を​こばまない​でしょう』​と​った。しかし​よ、カイン​は​みみ​を​かたむけず​に​った。『わたし​が​る​べき​しゅ​と​は​だれ​です​か。』

17 彼女かのじょ​は​また​ごもり、おとうとアベル​を​んだ。アベル​は​しゅ​の​こえ​に​き​したがった。アベル​は​ひつじ​を​う​もの​と​なり、カイン​は​つち​を​たがやす​もの​と​なった。

18 ​カイン​は​かみ​より​も​サタン​を​あいした。サタン​は​かれ​に​めいじて、『しゅ​に​ささげもの​を​せよ』​と​った。

19 とき​が​たって、カイン​は​​の​産物さんぶつ​を​ってて、しゅ​へ​の​ささげ​もの​と​した。

20 ​アベル​も​また、ぶん​の​ひつじ​の​れ​の​うい​の​なか​から​えた​もの​を​ってた。しゅ​は​アベル​と​その​ささげもの​に​​を​めた。

21 ​しかし、しゅ​は​カイン​と​その​ささげもの​に​は​​を​めなかった。サタン​は​これ​を​って​よろこんだ。カイン​は​おおいに​いきどおって、かお​を​せた。

22 ​そこで、しゅ​は​カイン​に​った。『なぜ​いきどおる​の​か。なぜ​かお​を​せる​の​か。

23 ​あなた​は​ただしい​こと​を​して​いれ​ば、れられる。もし​ただしい​こと​を​して​い​なければ、つみ​が​門口かどぐち​で​せて​おり、サタン​は​あなた​を​る​こと​を​のぞんで​いる。あなた​が​わたし​の​いましめ​に​き​したがわなければ、わたし​は​あなた​を​わたし、かれ​の​のぞみ​どおり​に​なる。そして、あなた​は​かれ​を​おさめる​で​あろう。

24 ​これから​さき、あなた​は​かれ​が​う​いつわり​の​ちちと​なる。あなた​は​ほろび​と​ばれる。あなた​も​また​​に​さきって​そんざい​して​いた。

25 ​そして​将来しょうらい、「これら​の​まわしい​おこない​は​カイン​から​た。かれ​は​かみ​から​た​さら​に​おおいなる​かんこく​を​こばんだ​から​で​ある」と​われる​で​あろう。これ​が、あなた​が​あらため​なければ、わたし​が​あなた​に​あたえる​のろい​で​ある。』

26 ​カイン​は​いきどおって、もはや​けっして​しゅ​の​こえ​に​も、しゅ​の​まえ​を​きよく​あゆんだ​おとうと​アベル​の​こえ​に​も​みみ​を​かたむけなかった。

27 ​アダム​と​その​つま​は、カイン​と​その​きょうだい​たち​の​ゆえ​に​しゅ​の​まえ​に​なげき​かなしんだ。

28 ​さて、カイン​は​その​きょうだい​の​むすめ​の​ひと​を​つま​と​し、かれら​は​かみ​より​も​サタン​を​あいした。

29 ​サタン​は​カイン​に​った。『おまえ​の​のど​に​かけて​わたし​に​ちかえ。それ​を​はなせ​ば、おまえ​は​ぬ​の​だ。また、おまえ​の​きょうだい​たち​に、その​あたま​と​ける​かみ​と​に​かけて、それ​を​はなさない​と​ちかわせよ。それ​を​はなせ​ば、おまえ​の​きょうだい​たち​は​かならず​ぬ​だろう。おまえ​の​ちち​に​られない​ため​に​この​よう​に​せよ。そう​すれ​ば、今日き ょ うおとうと​アベル​を​おまえ​の​​に​わたそう。』

30 ​そして、サタン​は​カイン​に、かれ​の​めいじる​とおり​に​おこなう​こと​を​ちかった。これら​の​こと​は​すべて​ひそか​に​おこなわれた。

31 ​カイン​は​った。『じつに、わたし​は​この​おおいなる​みつ​の​ぬし​マハン​で​あり、ひと​を​ころして​​を​る​こと​が​できる。』​それで、カイン​は​だいマハン​と​ばれ、ぶん​の​あく​を​ほこった。

32 ​カイン​は​​に​き、おとうと​アベル​と​かたった。そして、​に​いた​とき、カイン​は​おとうと​アベル​を​おそって​ころした。

33 ​そして、カイン​は​ぶん​が​した​こと​を​ほこって​った。『わたし​は​ゆう​だ。おとうと​の​ひつじ​の​れ​は​かならず​わたし​の​​に​はいる。』

34 しゅ​は​カイン​に​った。『おとうと​アベル​は、どこ​に​いる​の​か。』​カイン​は​こたえた。『り​ません。わたし​は​おとうと​の​番人ばんにん​でしょう​か。』

35 しゅ​は​った。『あなた​は​なに​を​した​の​か。あなた​の​おとうと​の​​の​こえ​が​つち​の​なか​から​わたし​に​さけんで​いる。

36 いま​あなた​は​のろわれて、この​​を​はなれ​なければ​ならない。この​​が​くち​を​けて、あなた​の​​から​おとうと​の​​を​けた​から​で​ある。

37 ​あなた​が​つち​を​たがやして​も、つち​は​もはや​あなた​の​ため​に​​を​むすばない。あなた​は、じょう​を​さまよいあるく​ほうろうしゃ​と​なる​で​あろう。』

38 ​すると、カイン​は​しゅ​に​った。『サタン​が、おとうと​の​ひつじ​の​れ​の​ゆえ​に​わたし​を​ゆうわく​した​の​です。また、わたし​も​いきどおって​いました。あなた​が​おとうと​の​ささげ​もの​を​れて、わたし​の​もの​を​れて​くださらなかった​から​です。わたし​の​ばつ​は​おもくて​い​れ​ません。

39 ​あなた​は​今日き ょ う、わたし​を​まえ​から​され​ました。わたし​は​かお​から​かくされて、じょう​を​さまよい​あるく​ほうろうしゃ​と​なら​なければ​なりません。わたし​を​つける​もの​は、わたし​が​ざいあく​を​おかした​ので、わたし​を​ころす​でしょう。これら​の​こと​は​しゅ​から​かくされて​いません。』

40 ​そこで、しゅ​なる​わたし​は​かれ​に​った。『だれでも​あなた​を​ころす​もの​は、七​ばい​の​復讐ふくしゅう​を​ける​で​あろう。』​そして、しゅ​なる​わたし​は、カイン​を​つける​もの​が​だれ​も​かれ​を​ころす​こと​の​ない​よう​に、かれ​に​しるし​を​けた。

41 ​カイン​は​しゅ​の​まえ​から​され、その​つま​および​おおく​の​きょうだい​たち​と​ともに、エデン​の​ひがし、ノド​の​​に​んだ。

42 ​カイン​は​その​つま​を​った。彼女かのじょ​は​ごもって​エノク​を​んだ。かれ​は​また、おおく​の​むすむすめ​たち​を​もうけた。カイン​は​まち​を​て、その​まち​を​むす​の​​に​ちなんで​エノク​と​けた。

43 ​エノク​に​は、イラデ​と、ほか​の​むすむすめ​たち​が​まれた。イラデ​は、メホヤエル​と、ほか​の​むすむすめ​たち​を​もうけた。メホヤエル​は、メトサエル​と、ほか​の​むすむすめ​たち​を​もうけた。メトサエル​は​レメク​を​もうけた。

44 ​レメク​は​ふた​の​つま​を​めとった。ひと​の​​は​アダ​と​いい、もう​ひと​の​​は​チラ​と​いった。

45 ​アダ​は​ヤバル​を​んだ。かれ​は​てんまく​に​む​もの​の​せん​で​あり、かれら​は​ちく​を​う​もの​で​あった。その​おとうと​の​​は​ユバル​と​いい、竪琴たてごと​と​ふえ​を​そうする​すべて​の​もの​の​せん​と​なった。

46 ​チラ​も​また、トバル・​カイン​を​んだ。かれ​は​青銅せいどう​と​てつ​の​こうさく​を​する​すべて​の​もの​の​きょう​で​あった。トバル・​カイン​の​いもうと​は​ナアマ​と​いった。

47 ​レメク​は​その​つま​たち、アダ​と​チラ​に​った。『わたし​の​こえ​を​け、レメク​の​つま​たち​よ、わたし​の​こと​に​みみ​を​かたむけよ。わたし​は​けた​きず​の​ため​に​ひと​を​ころし、けた​きず​の​ため​に​若者わかもの​を​ころした。

48 ​カイン​の​ため​の​復讐ふくしゅう​が​七​ばい​なら​ば、レメク​の​ため​の​復讐ふくしゅう​は​七十七ばい​で​あろう。』

49 ​レメク​は​カイン​に​ならって​サタン​と​契約けいやく​を​むすび、それ​に​より​かれ​は、サタン​に​よって​カイン​に​さずけられた​おおいなる​みつ​の​ぬしだい​マハン​と​なった。ところが、エノク​の​むす​イラデ​は​かれら​の​みつ​を​り、アダム​の​ら​に​それ​を​あばき​はじめた。

50 ​そこで、レメク​は​いかって​かれ​を​ころした。​を​る​ため​に​おとうと​アベル​を​ころした​カイン​の​よう​で​は​なく、かれ​は​ちかい​の​ため​に​ころした​の​で​ある。

51 ​カイン​の​だい​から​みつけっしゃ​が​あり、かれら​の​わざ​は​やみ​の​なか​に​あって、かれら​は​ぶん​の​同胞はらから​を​って​いた。

52 ​そこで、しゅ​は​レメク​と​その​ぞく、ならびに​サタン​と​契約けいやく​を​むすんだ​すべて​の​もの​を​のろった。かれら​が​かみ​の​いましめ​を​まもらなかった​から​で​ある。かみ​は​かれら​が​いましめ​を​まもらない​こと​を​かい​に​おもい、かれら​を​おしえ​みちびく​こと​を​しなかった。かれら​の​わざ​は​まわしい​もの​で​あって、すべて​の​ひと​の​ら​の​なか​に​ひろがり​はじめた。それ​は​ひと​の​むす​たち​の​なか​に​あった。

53 ひと​の​むすめ​たち​の​なか​で​は、これら​の​こと​は​かたられなかった。レメク​が​その​つま​たち​に​その​みつ​を​かたり、彼女かのじょ​たち​が​かれ​に​そむいて​これら​の​こと​を​ひろく​げ​らせ、どうじょう​を​せなかった​から​で​ある。

54 ​その​ため​に​レメク​は​さげすまれ、され、そして​ぬ​こと​を​おそれて​ひと​の​ら​の​なか​に​て​なかった。

55 ​この​よう​に、やみ​の​わざ​は​すべて​の​ひと​の​ら​の​なか​に​ひろがり​はじめた。

56 かみ​は​ひどい​のろい​を​もって​​を​のろい、あくにん​を、また​かみ​が​つくった​すべて​の​ひと​の​ら​を​いかった。

57 かれら​が​かみ​の​こえ​に​き​したがおう​と​せず、また​その​ひと、すなわち、とき​の​ちゅうかん​に​る​と​かみ​が​宣言せんげん​した​ものそうせい​の​まえ​に​そなえられた​もの​を​しんじよう​と​しなかった​から​で​ある。

58 ​この​よう​に、ふくいん​は​さいしょ​から​べ​つたえられ、かみ​の​まえ​から​つかわされた​せい​なる​てん使​たち​に​よって、かみしん​の​こえ​に​よって、また​聖霊せいれい​の​賜物たまもの​に​よって​げ​らされた。

59 ​この​よう​に​して、すべて​の​こと​が​せい​なる​しき​に​よって​アダム​に​たしか​に​され、ふくいん​が​べ​つたえられ、​の​わり​まで​ふくいん​が​​に​ある​よう​に​と​いう​さだめ​が​された​の​で​ある。この​とおり​で​あった。アーメン。」