聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーセしょ抜粋ばっすい

第​6​章

(千八百三十​ねん​十一がつ―十二がつ

アダム​の​そんおぼえ​の​しょ​を​しるす。アダム​の​​に​かなった​そんあらため​を​べ​つたえる。かみ​は​エノク​に​しん​を​あらわされる。エノク、ふくいん​を​べ​つたえる。すくい​の​けいかく​が​アダム​に​あきらか​に​される。アダム、バプテスマ​と​しんけん​を​ける。

1 アダム​は​かみ​の​こえ​に​き​したがい、むす​たち​に​あらためる​よう​に​びかけた。

2 ​アダム​は​また​その​つま​を​り、彼女かのじょ​は​おとこ​を​んだ。そして、アダム​は​その​​を​セツ​と​けた。アダム​は​かみ​の​​を​たたえて​った。「かみ​は、カイン​が​ころした​アベル​の​わり​に、ひと​の​​を​わたし​に​さずけて​くださった。」

3 かみ​は​セツ​に​しん​を​あらわされ、セツ​は​そむく​こと​なく、あに​アベル​の​よう​に​れられる​せい​を​ささげた。また、セツ​に​も​おとこ​が​まれ、かれ​は​その​​を​エノス​と​けた。

4 ​その​とき、これら​の​ひと​は​しゅ​の​​を​び​はじめ、しゅ​は​かれら​を​しゅくふく​された。

5 ​また、おぼえ​の​しょ​が​しるされ、アダム​の​こと​で​ろく​された。かみ​に​び​もとめた​すべて​の​もの​は、霊感れいかん​の​れい​に​よって​く​こと​を​ゆるされた。

6 ​そして、かれら​に​よって​その​ども​たち​は​き​を​おしえられ、その​こと​は​きよらか​で​けがれ​の​ない​もの​で​あった。

7 ​さて、はじめ​に​あった​この​しんけん​は、​の​わり​に​も​ある​で​あろう。

8 ​この​げん​を、アダム​は​聖霊せいれい​に​かんじる​まま​に​かたった。そして、かみ​の​​たち​に​ついて​一つ​の​けい​が​しるされた。これ​は​アダム​の​歴代れきだい​の​しょ​で、つぎ​の​とおり​で​あった。すなわち、かみ​は​ひと​を​そうぞう​された​​に、かみ​に​かたどって​ひと​を​つくられた。

9 かみ​は​かれら​を、ぶん​の​からだ​の​かたち​に、おとこ​と​おんな​に​そうぞう​された。かれら​が​そうぞう​されて、かみ​の​あしだい​の​うえ​の​​で​ける​もの​と​なった​​に、かみ​は​かれら​を​しゅくふく​して、かれら​を​アダム​と​けられた。

10 アダム​は​百三十​さい​に​なって、ぶん​に​かたどり、ぶん​の​かたち​の​よう​な​おとこ​を​もうけ、その​​を​セツ​と​けた。

11 ​アダム​が​セツ​を​もうけた​のちきた​とし​は​八百​ねん​で​あって、かれ​は​おおく​の​むすむすめ​たち​を​もうけた。

12 ​アダム​の​きた​とし​は​わせて​九百三十​さい​で​あった。そして、かれ​は​んだ。

13 ​セツ​は​百五​さい​に​なって、エノス​を​もうけた。セツ​は​一生いっしょう​の​あいだげん​し、むす​エノス​に​しゅ​の​みち​を​おしえた​ので、エノス​も​また​げん​した。

14 ​セツ​は​エノス​を​もうけた​のち、八百七​ねんきて、おおく​の​むすむすめ​たち​を​もうけた。

15 ひと​の​ら​は​​の​全面ぜんめん​に​じょう​に​おおぜい​いた。その​だい​に、サタン​は​人々ひとびと​の​なか​で​おおきな​ちから​を​ち、かれら​の​こころ​の​なか​で​れ​くるった。そして、その​とき​から​せんそう​と​りゅうけつ​が​こった。また、みつ​の​わざ​の​ため​に、ひと​は​けんりょく​を​もとめて、ぶん​の​きょうだい​に​​を​くだして​ころした。

16 ​セツ​の​とし​は​わせて​九百十二​さい​で​あった。そして、かれ​は​んだ。

17 ​エノス​は​九十​さい​に​なって、カイナン​を​もうけた。エノス​と​かみ​の​たみ​の​のこり​の​もの​は、シュロン​と​ばれた​​を​て、かれ​が​カイナン​と​けた​ぶん​の​むす​に​ちなんで​んだ​やくそく​の​​に​んだ。

18 ​エノス​は​カイナン​を​もうけた​のち、八百十五​ねんきて、おおく​の​むすむすめ​たち​を​もうけた。エノス​の​とし​は​わせて​九百五​さい​で​あった。そして、かれ​は​んだ。

19 ​カイナン​は​七十​さい​に​なって、マハラレル​を​もうけた。カイナン​は​マハラレル​を​もうけた​のち、八百四十​ねんきて、むすむすめ​たち​を​もうけた。カイナン​の​とし​は​わせて​九百十​さい​で​あった。そして、かれ​は​んだ。

20 ​マハラレル​は​六十五​さい​に​なって、ヤレド​を​もうけた。マハラレル​は​ヤレド​を​もうけた​のち、八百三十​ねんきて、むすむすめ​たち​を​もうけた。マハラレル​の​とし​は​わせて​八百九十五​さい​で​あった。そして、かれ​は​んだ。

21 ​ヤレド​は​百六十二​さい​に​なって、エノク​を​もうけた。ヤレド​は​エノク​を​もうけた​のち、八百​ねんきて、むすむすめ​たち​を​もうけた。ヤレド​は​エノク​に​かみ​の​みち​を​すべて​おしえた。

22 ​これ​が​アダム​の​そん​の​けい​で​ある。アダム​は​かみ​の​​で​あり、かみ​は​みずから​かれ​と​かたられた。

23 かれら​は​​を​く​もの​で​あって、かたり、げん​し、どこ​に​いる​ひと​で​も​すべて​の​ひと​に​あらためる​よう​に​びかけた。そして、ひと​の​ら​に​しんこう​が​おしえられた。

24 ​さて、ヤレド​の​とし​は​わせて​九百六十二​さい​で​あった。そして、かれ​は​んだ。

25 ​エノク​は​六十五​さい​に​なって、メトセラ​を​もうけた。

26 ​そして、エノク​は​​の​うえ​を​き、たみ​の​なか​を​たび​を​した。かれ​が​たび​を​して​いる​と、かみ​の​たま​が​てん​から​くだり、かれ​の​うえ​に​とどまった。

27 ​そして、かれ​は​てん​から​こえ​が​げられる​の​を​いた。「わたし​の​​エノク​よ、この​たみ​に​げん​し、かれら​に​い​なさい。『あらため​なさい。しゅ​は​つぎ​の​よう​に​われる​から​です。「わたし​は​この​たみ​の​こと​を​いかって​おり、わたし​の​はげしい​いかり​は​かれら​に​かって​えて​いる。かれら​の​こころ​は​かたくな​に​なり、その​みみ​は​こえ​にくく、その​​は​とおく​を​る​こと​が​できない。

28 ​わたし​が​かれら​を​つくった​らいおおく​の​だい​に​わたって、かれら​は​まよい、わたし​を​てい​し、やみ​の​なか​で​ぶん​の​​を​もとめ、かれら​の​まわしい​おこない​の​なか​で​さつじん​を​くわだて、わたし​が​かれら​の​せん​アダム​に​あたえた​いましめ​を​まもって​こなかった。

29 ​それゆえ、かれら​は​いつわり​の​ちかい​を​て、その​ちかい​に​よって​みずから​に​​を​まねいて​きた。かれら​が​あらため​なければ、わたし​は​かれら​の​ため​に​ごく​を​よう​して​いる。

30 ​これ​は、わたし​が​​の​はじめ​に、わたし​しん​の​くち​から、しかも​​の​はじめ​から​おくして​きた​さだめ​で​ある。そして、それ​が​将来しょうらい​の​なか​に​おくされる​よう​に、あなた​の​せん​で​ある​わたし​の​しもべ​たち​の​くち​を​とおして、わたし​は​それ​を​​の​て​まで​こく​して​きた​の​で​ある」と。』」

31 ​エノク​は​これら​の​こと​を​いた​とき、しゅ​の​まえ​で​​に​し、しゅ​の​まえ​に​かたって​った。「わたし​が​あなた​の​​に​かなった​の​は​なぜ​でしょう​か。わたし​は​若者わかもの​に​すぎず、すべて​の​ひと​は​わたし​を​にくみ​ます。わたし​は​くち​の​おもい​もの​だから​です。どうして​わたし​は​あなた​の​しもべ​な​の​でしょう​か。」

32 しゅ​は​エノク​に​われた。「って、わたし​が​あなた​に​めいじた​よう​に​おこない​なさい。そう​すれ​ば、あなた​を​し​つらぬく​もの​は​だれ​も​いない​で​あろう。あなた​の​くち​を​ひらき​なさい。そう​すれ​ば、それ​は​たされる​で​あろう。わたし​は​あなた​に​かたる​ちから​を​あたえよう。すべて​の​にく​なる​もの​は​わたし​の​​の​うち​に​ある​から​で​ある。そして、わたし​は​ぶん​が​よい​と​おもう​まま​に​おこなおう。

33 ​この​たみ​に、『あなたがた​は​今日き ょ う、あなたがた​を​つくられた​しゅ​なる​かみ​に​つかえる​こと​を​えらび​なさい』​と​い​なさい。

34 よ、わたし​の​たま​が​あなた​の​うえ​に​ある​ので、あなた​の​すべて​の​こと​を、わたし​は​ただしい​と​する。山々やまやま​は​あなた​の​まえ​から​げ​り、かわ​は​その​ながれ​を​える​で​あろう。あなた​は​わたし​に​つながって​いなさい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなた​と​つながって​いよう。それゆえ、わたし​と​ともに​あゆみ​なさい。」

35 しゅ​は​エノク​に​かたって​われた。「あなた​の​​に​どろ​を​り、それ​を​あらい​なさい。そう​すれ​ば、あなた​は​る​で​あろう。」そこで、かれ​は​そう​した。

36 ​そして、かれ​は​かみ​が​つくられた​れい​たち​を​た。かれ​は​また​にくたい​の​​に​えない​もの​も​た。それ​らい、「しゅ​は​その​たみ​の​ため​に、ひと​の​せいけんしゃ​を​てられた」と​いう​こと​が​その​​に​ひろまった。

37 ​さて、エノク​は​その​​の​人々ひとびと​の​なか​に​て​き、もろもろ​の​おか​と​たかい​ところ​に​って、大声おおごえ​で​さけび、かれら​の​おこない​を​める​あかし​を​べた。すると、すべて​の​ひと​が​かれ​に​はら​を​てた。

38 かれら​は​かれ​の​こと​を​く​ため​に​たかい​ところ​に​て​て、てんまく​を​まもる​もの​たち​に​った。「あなたがた​は​ここ​に​とどまって、てんまく​を​まもって​いなさい。その​あいだ​に、我々われわれ​は​あそこ​へ​って​せいけんしゃ​を​てくる。かれ​は​げん​を​する。この​​に​わった​こと​が​ある。せい​の​おとこ​が​我々われわれ​の​なか​に​やって​た​の​だ。」

39 ​さて、かれ​の​こと​を​いた​とき、かれ​に​​を​す​もの​は​だれ​ひと​いなかった。かれ​の​こと​を​いた​すべて​の​もの​に、おそれ​が​およんだ​ため​で​ある。かれ​が​かみ​と​ともに​あゆんだ​から​で​ある。

40 かれ​の​もと​に、その​​を​マヒヤ​と​いう​ひと​の​おとこ​が​やって​て​った。「あなた​は​だれ​で、どこ​から​た​の​か、はっきり​と​って​ください。」

41 ​そこで、かれ​は​かれら​に​った。「せん​の​​で​あり、今日こんにち​まで​​の​​で​ある​カイナン​の​​から​やって​ました。わたし​の​ちち​は​わたし​に​かみ​の​みち​を​すべて​おしえて​くれ​ました。

42 ​そして、カイナン​の​​から​ひがし​の​うみ沿い​に​たび​を​して​いた​とき、わたし​は​げん​を​​ました。まことに、てん​を​​ました。そして、しゅ​は​わたし​と​かたり、わたし​に​めい​を​くだされ​ました。この​ゆう​で、すなわち​その​めい​に​したがう​ため​に、わたし​は​これら​の​こと​を​かたって​いる​の​です。」

43 ​エノク​は​その​はなし​を​つづけて​った。「わたし​と​かたられた​しゅ​は、てん​の​かみ​です。わたし​の​かみ​で​あり、また​あなたがた​の​かみ​です。あなたがた​は​わたし​の​きょうだい​です。どうして​あなたがた​は​ぶん​で​ぶん​に​すすめ​を​して、てん​の​かみ​を​てい​する​の​です​か。

44 かみ​は​てん​を​つくられ、​は​かみ​の​あしだい​で​あり、​の​もとい​は​かみ​の​もの​です。まことに、かみ​は​それ​を​えられ、​の​おもて​に​おおぜい​の​ひと​を​もたらされ​ました。

45 ​は​わたしたち​の​せん​に​および​ました。それでも、わたしたち​は​かれら​を​って​おり、てい​する​こと​は​でき​ません。まことに、わたしたち​は​すべて​の​なか​の​さいしょ​の​ひと、アダム​さえ​も​って​います。

46 ​わたしたち​は、かみ​の​ゆび​に​よって​しめされた​ほんに​したがって、わたしたち​の​なか​で​おぼえ​の​しょ​を​しるして​きた​から​です。それ​は​わたしたち​の​こと​で​べられて​います。」

47 ​エノク​が​かみ​の​こと​を​かたる​と、たみ​は​おののき、かれ​の​まえ​に​って​いる​こと​が​できなかった。

48 ​エノク​は​かれら​に​った。「アダム​が​らく​した​ので、わたしたち​は​そんざい​して​います。そして、アダム​の​らく​に​よって​​が​しょうじ、わたしたち​は​こう​と​わざわい​を​ける​もの​と​されて​いる​の​です。

49 ​まことに、サタン​は​ひと​の​ら​の​なか​に​やって​て、かれ​を​おがむ​よう​に​ゆうわく​します。そして、人々ひとびと​は​にくよく​や​官能かんのう​に​おぼれ、あく​に​したがう​もの​と​なって、かみ​の​まえ​から​されて​います。

50 ​しかし、かみ​は​わたしたち​の​せん​に、すべて​の​ひと​が​あらため​なければ​ならない​こと​を​お​らせ​に​なり​ました。

51 かみ​は​しん​の​こえ​に​よって、わたしたち​の​せん​アダム​に​びかけて​われ​ました。『わたし​は​かみ​で​ある。わたし​は​かい​を​つくり、また​人々ひとびと​を、かれら​が​にくたい​に​ある​まえ​に​つくった。』

52 かみ​は​また​かれ​に​われ​ました。『あなた​が​わたし​に​こころ​を​け、わたし​の​こえ​を​き、そして​しんじ、あなた​の​すべて​の​そむき​を​あらため、まことに​みず​の​なか​で、めぐみ​と​しん​に​ちて​いる​ひと、すなわち​イエス・​キリスト​の​​に​よって、すなわち​その​​に​よって​ひと​の​ら​に​すくい​が​およぶ、てん​に​あたえられる​唯一ゆいいつ​の​​に​よって​バプテスマ​を​ける​なら​ば、あなた​は​聖霊せいれい​の​賜物たまもの​を​ける​で​あろう。すべて​の​もの​を​その​​に​よって​もとめれば、なんでも​もとめる​もの​は​あなた​に​あたえられる​で​あろう。』

53 ​わたしたち​の​せん​アダム​は、しゅ​に​かたって、『ひと​が​あらためて​みず​の​なか​で​バプテスマ​を​け​なければ​ならない​の​は、なぜ​でしょう​か』​と​たずね​ました。すると、しゅ​は​アダム​に、『よ、わたし​は​エデン​の​その​で​の​あなた​の​そむき​を​ゆるした』​と​われ​ました。

54 ​この​こと​から、『かみ​の​おん​は​さいしょ​の​とが​を​あがなわれ、それ​に​よって​両親りょうしん​の​つみ​が​その​ども​たち​の​こうべ​に​する​こと​は​ありない。かれら​は​​の​はじめ​から​つみ​が​ない』​と​いう​こと​が​人々ひとびと​の​あいだ​に​ひろまり​ました。

55 しゅ​は​アダム​に​かたって​われ​ました。『あなた​の​ども​たち​は​つみ​の​うち​に​宿やどされる​ので、まことに​かれら​が​成長せいちょう​し​はじめる​と、かれら​の​こころ​の​なか​に​つみ​が​宿やどる。そして、かれら​は​ぜん​を​とうとぶ​こと​を​る​ため​に、にがさ​を​あじわう​の​で​ある。

56 ​そして、善悪ぜんあく​を​る​こと​が​かれら​に​ゆるされる。それゆえ、かれら​は​みずから​選択せんたく​し​こうどう​する​もの​で​ある。そこで、わたし​は​あなた​に​べつ​の​りっぽう​と​いましめ​を​あたえた。

57 ​それゆえ、あなた​の​ども​たち​に​つぎ​の​こと​を​おしえ​なさい。すなわち、どこ​に​いる​ひと​で​も​すべて​の​ひと​が、あらため​なければ​ならない。そう​しなければ、けっして​かみ​の​おうこく​を​ぐ​こと​は​できない。きよくない​もの​は​そこ​に​む​こと​が​できない、すなわち、かみ​の​まえ​に​む​こと​が​できない​から​で​ある。アダム​の​こと​で、せい​なる​ひと​と​は​かみ​の​​で​ある。また、かみ​の​ひと​の​​は、ひと​の​、すなわち​イエス・​キリスト​で​あり、とき​の​ちゅうかん​に​る​​に​かなった​さばぬし​で​ある。

58 ​さて、わたし​は​あなた​に​いましめ​を​あたえる。あなた​の​ども​たち​に​つぎ​の​こと​を​そっちょく​に​おしえ​なさい。すなわち、

59 そむき​に​よって​らく​が​しょうじ、その​らく​が​​を​もたらす。あなたがた​は​みず​と​​と、わたし​が​つくった​れい​と​に​よって​この​に​まれ、ちり​から​ける​もの​と​なった​ので、まことに​あなたがた​は、みず​と​たま​に​よって​ふたたび​てん​の​おうこく​に​まれ、​に​よって、すなわち​わたし​の​ひと​の​​に​よって​きよく​され​なければ​ならない。それ​は、あなたがた​が​すべて​の​つみ​から​きよめられ、この​に​おいて​永遠えいえん​の​いのち​の​こと​を​きょうじゅ​し、きたる​べき​​に​おいて​永遠えいえん​の​いのち、すなわち​めつ​の​えいこう​を​きょうじゅ​する​ため​で​ある。

60 ​それ​は、あなたがた​が​みず​に​よって​いましめ​を​まもり、たま​に​よって​​と​され、​に​よって​きよめられる​から​で​ある。

61 ​それゆえ、てん​の​ろくなぐさぬしめつ​の​えいこう​の​へい​なる​こと、すべて​の​もの​の​しん、すべて​の​もの​を​かし​かっ​づける​もの、すべて​の​こと​を​って​おり、​と​あわれみ​と​しん​と​こうせい​と​こうへい​に​よって​いっさい​の​けん​を​つ​もの​が​さずけられて、あなたがた​の​うち​に​とどまる。

62 ​さて​よ、わたし​は​あなた​に​う。これ​が、とき​の​ちゅうかん​に​る​わたし​の​ひと​の​​に​よって​すべて​の​ひと​に​あたえられる​すくい​の​けいかく​で​ある。

63 よ、すべて​の​もの​に​は​それ​に​た​もの​が​ある。すべて​の​もの​は、げん​に​かかわる​もの​も​れい​に​かかわる​もの​も、わたし​の​こと​を​あかし​する​ため​に​そうぞう​され、つくられて​いる。すなわち、うえ​の​てん​に​ある​もの、​の​うえ​に​ある​もの、​の​なか​に​ある​もの、​の​した​に​ある​もの、うえ​の​もの​も​した​の​もの​も、すべて​の​もの​が​わたし​の​こと​を​あかし​する​の​で​ある。』

64 ​この​よう​に​しゅ​が​わたしたち​の​せん​アダム​と​かたられた​とき、アダム​は​しゅ​に​さけび​もとめ​ました。すると、かれ​は​しゅ​の​たま​に​れ​られ、みず​の​なか​に​はこばれ、みず​に​しずめられ、そして​みず​から​され​ました。

65 ​この​よう​に​して、かれ​は​バプテスマ​を​け、かみ​の​たま​が​かれ​に​くだられ​ました。この​よう​に​して、かれ​は​たま​に​よって​まれ、うち​なる​ひと​に​おいて​かされた​もの​と​なった​の​です。

66 ​そして、かれ​は​てん​から​の​こえ​が​げられる​の​を​き​ました。『あなた​は​​と​聖霊せいれい​に​よって​バプテスマ​を​けた。これ​は​いま​から​のち​とこしえ​に、ちち​と​​の​あかし​で​ある。

67 ​あなた​は、永遠えいえん​から​永遠えいえん​に​わたって、​の​はじめ​も​なく​とし​の​わり​も​ない​もの​の​くらい​に​したがう​もの​で​ある。

68 よ、あなた​は​わたし​に​あって​一つ​で​あり、かみ​の​​で​ある。この​よう​に​して、すべて​の​もの​は​わたし​の​​と​なる​こと​が​できる​の​で​ある。アーメン。』」