聴く
ダウンロードする
印刷する
紹介する

モーセしょ抜粋ばっすい

第​8​章

(千八百三十一​ねん​二がつ

メトセラ、げん​する。ノア​と​その​むす​たち、ふくいん​を​べ​つたえる。ひどい​あく​が​ひろがる。あらため​の​びかけ​は​​される。かみ​は​洪水こうずい​に​よる​すべて​の​にく​なる​もの​の​ほろび​を​さだめられる。

1 ​エノク​の​とし​は​わせて​四百三十​ねん​で​あった。

2 ​エノク​の​むすメトセラ​は、しゅ​が​エノク​に​てられた​せいやく​が​たされる​ため​に​られなかった。しゅ​は​まことに​エノク​に、ノア​が​かれ​の​こし​から​る​と​せいやく​された​から​で​ある。

3 ​そこで、メトセラ​は​ぶん​の​そん​から(ノア​を​とおして)​の​すべて​の​おうこく​が​る​と​げん​し、えいこう​を​ぶん​の​もの​と​した。

4 ​に​ひどい​きん​が​こった。しゅ​は​ひどい​のろい​を​もって​​を​のろわれ、​に​む​おおく​の​もの​が​んだ。

5 ​さて、メトセラ​は​百八十七​さい​に​なって、レメク​を​もうけた。

6 ​メトセラ​は​レメク​を​もうけた​のち、七百八十二​ねんきて、むすむすめ​たち​を​もうけた。

7 ​メトセラ​の​とし​は​わせて​九百六十九​さい​で​あった。そして、かれ​は​んだ。

8 ​レメク​は​百八十二​さい​に​なって、おとこ​を​もうけ、

9 「この​​こそ、しゅ​が​​を​のろわれた​ため、ほねり​はたらく​我々われわれ​を​なぐさめる​もの」と​って、その​​を​ノア​と​けた。

10 ​レメク​は​ノア​を​もうけた​のち、五百九十五​ねんきて、むすむすめ​たち​を​もうけた。

11 ​レメク​の​とし​は​わせて​七百七十七​さい​で​あった。そして​、彼かれ​は​んだ。

12 ​ノア​は​四百五十​さい​で​ヤペテ​を​もうけ、四十二​ねん​に​ヤペテ​の​はは​に​よって​セム​を​もうけ、五百​さい​の​とき​に​ハム​を​もうけた。

13 ノア​と​その​むす​たち​は​しゅ​の​こと​を​いて、こころ​に​めた。そして、かれら​は​かみ​の​​と​ばれた。

14 ​これら​の​ひと​が​​の​おもて​に​え​はじめ、むすめ​たち​が​かれら​に​まれた​とき、ひと​の​ら​は​これら​の​むすめ​が​うつくしい​の​を​て、ぶん​たち​の​えらんだ​もの​を​つま​と​した。

15 しゅ​は​ノア​に​われた。「あなた​の​むす​たち​の​むすめ​たち​は​ぶんしん​を​わたした。よ、わたし​の​いかり​は​ひと​の​ら​に​かって​えて​いる。かれら​が​わたし​の​こえ​に​き​したがおう​と​しない​から​で​ある。」

16 ​そこで、ノア​は​げん​し、かみ​に​かかわる​こと​を、それ​が​はじめ​に​あった​とおり​に​おしえた。

17 しゅ​は​ノア​に​われた。「わたし​の​たま​は​いつでも​人​を​はげます​わけ​で​は​ない。ひと​は​すべて​の​にく​なる​もの​が​ぬ​こと​を​る​で​あろう。それでも、ひと​の​とし​は​百二十​ねん​で​ある。もし​人々ひとびと​が​あらため​なければ、わたし​は​かれら​に​洪水こうずい​を​おくろう。」

18 ​その​だい​に​は​じょう​に​巨人きょじん​たち​が​おり、かれら​は​ノア​を​さがして​いのち​を​ろう​と​した。しかし、しゅ​が​ノア​と​ともに​おられ、しゅ​の​ちから​が​かれ​の​うえ​に​あった。

19 ​そして、しゅ​は​ぶん​の​くらい​に​したがう​もの​として​ノア​を​聖任せいにん​され、かれ​に、て​って、エノク​に​あたえられた​とおり​に​ひと​の​ら​に​ふくいん​を​げ​らせる​よう​めいじられた。

20 ​そこで、ノア​は​ひと​の​ら​に、あらためる​よう​に​と​びかけた。しかし、かれら​は​ノア​の​こと​に​みみ​を​かたむけなかった。

21 ​また、かれら​は​ノア​の​かたる​こと​を​いた​のちかれ​の​まえ​に​やって​て​った。「よ、我々われわれ​は​かみ​の​​だ。我々われわれ​は​ひと​の​むすめ​たち​を​めとった​で​は​ない​か。我々われわれ​は​べたり、んだり、めとったり、とついだり​して​いる​で​は​ない​か。我々われわれ​の​つま​は​我々われわれ​に​ども​を​み、その​​たち​は​むかし​の​人々ひとびと​の​よう​に​ゆう​で​あり、じょう​に​だかい​もの​たち​で​ある。」こう​して、かれら​は​ノア​の​こと​に​みみ​を​かたむけなかった。

22 かみ​は、ひと​の​あく​が​じょう​で​ひどく​なり、すべて​の​ひと​が​その​こころ​に​おもい​はかる​こと​で​たかぶって​おり、いつも​わるい​こと​ばかり​を​かんがえて​いる​の​を​らん​に​なった。

23 ​そこで、ノア​は​たみ​に​おしえ​を​き​つづけて​った。「き​なさい。わたし​の​こと​を​こころ​に​め​なさい。

24 しんじて​つみ​を​あらため、わたしたち​の​せんの​よう​に​かみ​の​おん​イエス・​キリスト​の​​に​よって​バプテスマ​を​け​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​聖霊せいれい​を​けて、すべて​の​こと​が​あきらか​に​される​で​あろう。もし​この​こと​を​しなければ、洪水こうずい​が​あなたがた​を​おそう​で​あろう。」それでも、かれら​は​みみ​を​かたむけなかった。

25 ​ノア​は、しゅ​が​じょう​に​ひと​を​つくられた​こと​を​やみ、こころ​を​いためた。かれ​は​それ​を​こころ​に​ふかく​かなしんだ。

26 ​すると、しゅ​は​われた。「わたし​が​そうぞう​した​ひと​を​​の​おもて​から​ぬぐいろう。ひと​も​けもの​も、う​もの​も、そら​の​とり​まで​も。わたし​が​それら​を​そうぞう​し、それら​を​つくった​こと​を、ノア​が​やんで​いる。かれ​は​わたし​に​び​もとめて​きた。かれら​が​かれ​の​いのち​を​ろう​と​した​から​で​ある。」

27 ​この​よう​に​して、ノア​は​かみ​の​まえ​に​めぐみ​を​た。ノア​は​ただしい​ひと​で​あり、その​だい​の​人々ひとびと​の​なか​で​完全かんぜん​で​あった​から​で​ある。かれ​は​かみ​と​ともに​あゆんだ。その​三にん​の​むす、セム、ハム、ヤペテ​も​どうよう​で​あった。

28 ​は​かみ​の​まえ​に​らく​して、暴虐ぼうぎゃく​が​​に​ちた。

29 かみ​が​​を​られる​と、まことに​それ​は​らく​して​いた。すべて​の​にく​なる​もの​が​​の​うえ​で​その​みち​を​みだした​から​で​ある。

30 ​そこで、かみ​は​ノア​に​われた。「すべて​の​にく​なる​もの​の​わり​が、わたし​の​まえ​に​て​いる。​は​暴虐ぼうぎゃく​で​ちて​いる。まことに、わたし​は​すべて​の​にく​なる​もの​を​​から​ほろぼそう。」