堕胎


人の命は神から与えられた神聖な賜物です。個人的または社会的な都合による人工妊娠中絶は,神の御心と戒めに反するものです。そのような堕胎手術を受けたり,実施したり,勧めたり,費用を支払ったり,手配したりする教会員は,教会の会員資格を失うことになるでしょう。

その他の情報

今日の社会において,堕胎はまやかしの議論に擁護され一般的に広く容認されています。末日の預言者たちは「あなたは……殺してはならない。これに類することをしてはならない」という主の宣言に基づいて堕胎に公然と反対してきました(教義と聖約59:6)。この件に関する預言者たちの勧告にあいまいな点は一切ありません。末日聖徒イエス・キリスト教会の会員は堕胎手術を受けたり,実施したり,勧めたり,費用を支払ったり,手配したりしてはなりません。どのような方法であれ,堕胎を勧める教会員は,教会宗紀上の処置を受けることになるでしょう。

教会の指導者は例えば,近親相姦や暴行による妊娠の場合,母体の生命や健康が重大な危機にさらされていると資格ある医療機関によって判断された場合,あるいは胎児に重大な障害があって誕生後も生き延びる可能性がないと資格ある医療機関によって確認された場合など,幾つかの例外的な状況を除いて,堕胎は正当化できないと語っています。しかし,これらの例外的な状況であっても,堕胎が自動的に正当化されるわけではありません。たとえこのような状況に直面している人であっても,地元の教会の指導者と相談し,熱心な祈りを通して神からの確認を得てからでなければ,堕胎を考えるべきではありません。

結婚生活によらず妊娠した場合,最良の選択は子供の親同士が結婚し,永遠の家族関係を確立するために努力することです。しかし,実りある結婚生活を築ける可能性が薄い場合,できれば末日聖徒社会福祉課を通して,子供を養子に出すべきです(「養子縁組」参照)。

――『真理を守る』136-137参照

その他の学習資料