背教


個人としてまたは団体として福音の原則に背くとき,その人たちは背教していることになります。その一つの例が救い主による教会設立後に起こった大背教です。救い主と使徒の死後,福音の原則はゆがめられ,教会の組織と神権の儀式に独断的な変更が加えられました。こうして悪が広範囲にわたってはびこったため,主は神権の権能をこの地上から取り去られました。この背教は,1820年に天の御父とその愛する御子がジョセフ・スミスを訪れ,完全な福音の回復を開始されるまで続きました。

その他の情報

大背教の間,人類は生ける預言者を通して天からの導きを受けることができませんでした。多くの教会が設立されましたが,父なる神とイエス・キリストに関する真の知識に人を導く神権の力がありませんでした。聖文の中にはゆがめられたり,取り去られたりした箇所があり,聖霊の賜物を授ける権能を持つ人やそのほかの神権の儀式を執行できる人が一人もいませんでした。

わたしたちは今,イエス・キリストの福音が回復された時代に生きています。過去の教会とは違って,末日聖徒イエス・キリスト教会が全教会的な背教に打ち負かされることはありません。聖文に教会は決して再び滅ぼされることはないと記されているからです(教義と聖約138:44参照;ダニエル2:44も参照)。

真理からの全教会的な背教は二度とありませんが,わたしたち一人一人が個人的な背教から身を守らなければなりません。自らを個人的な背教から守るためには,聖約を守り,戒めに従い,教会の指導者に従い,聖餐を受け,日々の聖文学習,祈り,奉仕を通して常に証を強めていかなければなりません。

「教会の管理」「神権」「福音の回復」の項も参照

もっと見る

参照聖句

イザヤ 24:5
 
アモス 8:11-12
 
マタイ 24:4-14
 
使徒 20:28-30
 
2テモテ 3:1-5, 14-15; 4:3-4
 

もっと見る

その他の学習資料

もっと見る