モルモン書とDNAの研究


末日聖徒イエス・キリスト教会は,モルモン書は聖書と肩を並べる聖典であると宣言します。そこにはヨーロッパ人が到着する何百年も前に,アメリカ大陸に中近東または西アジアから移住した3つの集団と神との関わりの記録が含まれています。1

モルモン書の本来の目的は歴史的というよりも,むしろ霊的なものですが,そこに書かれている民の移住が,古代アメリカ大陸の科学的研究と一致するかどうか疑問に思ってきた人々もいます。その議論は集団遺伝学とDNA科学の発展の分野に焦点を置くものです。これまで,現代の先住民に確認されたDNAの大半は東アジアの集団とほぼ類似しているということで,モルモン書の中で述べられている移住は起こらなかったと主張する人々もいました。2

集団遺伝学の基本的な原則は,データに対してさらに細心の注意を払ったアプローチが必要であることを示唆しています。遺伝学の結論は,あらゆる科学の結論と同様に仮説であり,アメリカ大陸の先住民の起源を十分に理解するためには,まだ多くの作業が残っています。モルモン書の民のDNAについては明らかにされていることは何もなく,たとえ彼らの遺伝子プロフィールが分かったとしても,それが検出されないままかもしれない正当な科学的根拠があります。これらと同様の理由により,一部のモルモン書の擁護者のDNA研究に基づく根拠もまた推測の域を出ません。一言で言えば,モルモン書の歴史的信ぴょう性を肯定,あるいは否定するためにDNA研究を最終手段として使うことはできないということなのです。

アメリカインディアンの先祖

今までまとめた証拠によれば,アメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)の大半はアジア系のDNAを持っていることを示唆しています。3科学者たちはモルモン書の記述よりもさかのぼった時代に,シベリアからアラスカをつなぐ陸をつたって,北東アジアからアメリカ大陸に比較的少数の集団が移住したという学説を立てています。4 科学者たちによれば,これらの人々は南北両アメリカに急速に広がって,恐らく現代アメリカインディアンの最初の先祖となったのではないかと言われています。5

モルモン書には,そこに述べられている民と近隣に居住していた可能性のある民についての文化のやりとりについての直接的な情報はほとんど記されていません。その結果,ごく初期の末日聖徒のほとんどは,ヤレドやリーハイおよびミュレクとその一団のような中近東の人々あるいは西アジアの人々が,アメリカ大陸に移住した最初の,あるいは最大規模の,あるいは唯一の集団であると推測しました。この前提に基づいて,批判的な人々は,モルモン書がアメリカ大陸のその他の大規模な集団の存在を認めないのなら,中近東のDNAが現代の先住民の中で容易に確認できるはずだと主張しています。

しかしながらモルモン書自体は,そこに記されている民が彼らの所有した地で優勢であった,あるいは独占していたとは断言していません。事実,原文の中の文化的,人口統計学的な糸口は他の集団の存在をにおわせています。61929年4月の総大会で,大管長会顧問のアンソニー・W・アイビンス管長は次のように警告しています。―「わたしたちは,結論を出すときには注意を払わなければなりません。モルモン書は…〔そこに述べられている民〕よりも前にそこには誰もいなかったとは告げていません。後から民が来なかったとも告げていません。」7

ジョセフ・スミスは,モルモン書に記されている以外に民の移住があったという考えに対しては,受け入れる姿勢をもっていたように思われます。8過去1世紀にわたって,多くの末日聖徒の指導者や学者たちは,モルモン書の記述が他に確立した集団が存在していたということとまったく矛盾しないことを発見しました。92006年度版のモルモン書の序文の改訂ではこの理解を反映して,モルモン書の民は「アメリカインディアンの先祖の中の一つである。」と宣言しています。10

モルモン書の民またはその子孫と,アメリカ大陸の他の住民との間の結婚や遺伝子混合がどのくらいあったかについては何も明らかにされていませんが,モルモン書の原文に記された期間であってもある種の混血は明らかになっています。11明らかだと思われるのは,モルモン書の民のDNAは古代アメリカ大陸に存在したすべてのDNAのおそらくほんの一部にしかすぎないということです。今日この民のDNAを発見し,明確に見極めるということは, 集団遺伝学が提供できる以上のことを集団遺伝学に求めているかもしれません。

遺伝学的証拠を理解する

遺伝学の基本的な原則を簡単に振り返ってみるのは,科学者たちが古代の民を研究するためにDNAをどのように使うかを説明するのに役立ちます。それは,遺伝学の研究からモルモン書について結論を導き出すことが難しいということを強調することにもなるでしょう。

DNA―生命を作り上げ,維持するための一連の情報―は,人間のほとんどすべての細胞の核の中に存在します。それは染色体と呼ばれる46単位に組織され,それぞれの親から23ずつ受け継ぐのです。この染色体には約32億の情報が含まれています。いかなる二人の人も,遺伝的配列の約99.9パーセントは共通していますが,何千もの小さな違いが人間の膨大な多様性の主な要因となっているのです。

遺伝的な多様性は遺伝学者たちが突然変異と呼んでいるものによって導き出されます。変異とは,DNAが生殖細胞の形成の過程においてコピーされる際のエラーのことです。これらの変異は世代から世代に受け継がれるときに時間とともに蓄積され,独自の遺伝子プロフィールを持つ結果となります。最初の22組の染色体(常染色体と呼ばれる)の継承のパターンは,連続したシャフリング(遺伝子混成)によって特色づけられます。父親や母親からのDNAの半分は子供のDNAを形成するために再結合されます。染色体の23番目のペアは子供の性別(男性はXY,女性はXX)を決定します。Y染色体を持つのは男性だけなので,息子は父親からこの染色体をほとんどそのままの状態で受け継ぐのです。

人間の細胞も,ミトコンドリアと呼ばれる構成細胞にDNAを持っています。ミトコンドリアDNAは比較的小さく―約1万7,000の遺伝情報を持つ―主に母親からそのままの状態で受け継がれます。母親のミトコンドリアDNAはすべての子供に受け継がれますが,娘たちだけが次の世代に自分たちのミトコンドリアDNAを受け渡します。

ミトコンドリアDNAは配列されるDNAの最初の型であるため,遺伝学者たちが集団について研究するために最初に使ったものでした。技術が向上するにつれて,常染色体DNAの分析によって遺伝学者たちは複数の遺伝子マーカーの組み合わせを巻き込む高度な研究ができるようになりました。

集団遺伝学者たちは近代と古代のDNAサンプルを使って集団の起源,移住,関係を復元しようとします。利用可能なデータを調べることで,科学者たちは,世界のさまざまな地域の集団に特有の変異の組み合わせを確認しました。独自のミトコンドリアDNAやY染色体プロフィールはハプログループと呼ばれます。12科学者たちはこれらのハプログループをアルファベットの文字で指名しました。13

現在のところ科学的な総意としては,アメリカ先住民の大部分は,Y染色体ハプログループCとQ14の分派と,ミトコンドリアDNAハプログループA,B,C,D,とXに属しているというもので,これらすべては東アジアに優勢のものです。15だからといって全体像が完全に明らかになったわけではありません。継続的に研究することによって,それまでの結論に対する新たな洞察や課題が提供されるからです。一例として2013年の研究では,アメリカ先住民のDNAの3分の1が,ヨーロッパまたは西アジアから発祥し,おそらくアメリカ大陸に初期に移住する前に遺伝子プールにもたらされた可能性が高いとしています。16この研究はすべてのアメリカ先住民のDNAが基本的には東アジアであるとする有力な説よりも複雑な概念を提示しているのです。

中近東DNAマーカーは現代の先住民のDNAに確かに存在しますが,それがモルモン書に記されているようにコロンブス以前の移住の結果なのか,あるいはヨーロッパ人の征服の後に起きた遺伝子の混合に由来するのかどうかを断定するのは困難です。これは一つには科学者たちが遺伝子マーカーの形状を年代測定するために使う「分子時計」が,移住の時期が数百年前か数千年前かをいつも正確に位置づけることができないという事実のためなのです。17

科学者たちはアメリカ大陸にさらに小規模の移住があった可能性を排除してはいません。18例えば2010年に行われた,保存状態の良い4000年前のグリーンランドのパレオエスキモーの遺伝子解析から,科学者たちは東アジア以外からの集団がアメリカ大陸に移住したという仮説を立てました。19この研究を論評して,スタンフォード大学の集団遺伝学者のマーカス・フェルドマンは次のように述べています。「民の移動が1回だけであったことを示す仮説は一般的に理想化したシステムと受け止められています。……何千年にもわたって,少数の移住が続いていたという可能性があります。」20

創始者効果

モルモン書の民について確かな結論を引き出すためにDNA鑑定を使うのが困難である一つの理由は,リーハイやサライアやイシマエルやそのほかの人々がアメリカ大陸へ持ちこんだDNAについて何も明らかにされていないということがあります。たとえ遺伝学者らが現在すべてのアメリカインディアンの集団の中に存在するDNAのデータベースを持っていたとしても,何を検索するかを正確に知るのは不可能だと言えます。モルモン書の中で述べられている移民した集団の一人一人が中近東の典型的なDNAを持っていた可能性はありますが,その中に,他の地域特有のDNAを持ち込んだ個人も存在したという可能性も同じようにあるのです。この場合,彼らの子孫が先祖の出身地とは予測できない遺伝子プロフィールを受け継いでいることも考えられます。この現象は創始者効果と呼ばれるものです(訳注―「入植者効果」とも言う)。

末日聖徒の集団遺伝学者のウーゴ・A・ペレゴ博士の事例について考えてみましょう。彼の系図を確認すると,数世代にわたるイタリア人ですが,父方の遺伝的血統のDNAはアジア・アメリカ先住民のハプログループCから枝分かれしたものです。これはおそらく血統のどこかで,アジアからヨーロッパへ移住したことにより,ペレゴの発祥の地の変種DNAの誕生につながったということを意味しています。21もしペレゴとその家族が,孤立した大陸に入植するとしたら,彼の子孫のY染色体の研究をする未来の遺伝学者たちは,その大陸に最初に入植したのはむしろイタリアではなく,アジアからであると結論づけるかもしれません。この仮説に基づく話から,ある集団の遺伝的特質についての結論は,民の創始者のDNAについて明確に理解したうえで出さなければならないということが分かります。モルモン書の場合,その種の明確な情報を得ることはできません。

集団ボトルネックと遺伝的浮動

創始者効果で,難題が解決したわけではありません。たとえモルモン書に記された移民たちが典型的な中近東のDNAと思われるものを持っていたことが,かなり高い確信を持って知られるようになったとしても,彼らのDNAマーカーが何世紀もの間,生き残れなかったということは十分にあり得ることです。科学者たちが,後述する集団ボトルネックや遺伝的浮動を含む周知の原則に基づいていれば,遺伝子マーカーがすでに喪失していることや,あるいはほぼ検出不能なことはよくあることなのです。

集団ボトルネック

集団ボトルネックとは,遺伝的多様性の喪失であり,これは自然災害,疫病,大規模な戦争やその他の災害の結果,集団の多数が死亡することによって生じます。これらの事象は,ある種の遺伝子プロフィールを大幅に減少させたり,完全に無くしたりしてしまう可能性があります。このような場合,時間の経過の中での集団の変異により,遺伝的多様性を再び持つ可能性もありますが,以前存在していた多様性の多くは完全に失われてしまいます。

集団ボトルネックの図

集団ボトルネックの図。人口が大幅に減少したため,ある種の遺伝子プロフィール(ここでは黄色,オレンジ,緑や紫の円で表されている)は失われます。その後の世代は,生き残った人々のDNAだけを受け継ぐことになるのです。

モルモン書の終わりにある壊滅的な戦争に加えて,15世紀から16世紀にかけてのヨーロッパによるアメリカ大陸征服は,そのような事象の大変動の連鎖を引き起こしました。病気の蔓延や戦争の結果,多くのアメリカ先住民の集団は人口の壊滅的な減少を経験しています。22ある分子人類学者は,征服が「遺伝子ボトルネックを通してアメリカインディアン全体の人口をしぼりこんだ」のを認めました。彼は「この人口減少が生き残った集団の遺伝子を永遠に変化させたので,コロンブス以前の,ほとんどの新世界の集団の遺伝子構造を再建しようとする,あらゆる試みを困難なものにしてしまった」と結論づけました。23

遺伝的浮動

遺伝的浮動とは,偶然の出来事により,小さな集団の遺伝子マーカーが徐々に失われることです。この概念を説明するために,しばしば簡単な実例が使われます。

ビンに20個のビー玉―赤と青10個ずつを入れます。ビンは集団を表し,ビー玉は異なる遺伝子プロフィールを持つ人間を表します。この集団から一つのビー玉を無作為に取り出して色を記録し,ビンに戻します。取り出す行為は子供の誕生を意味しています。集団の中で新たな世代をシミュレーションするためにこれを20回ほど繰り返します。第二世代(訳注―取り出したビー玉)のそれぞれの色が等しい数になることもあり得ますが,二色のビー玉の数はどちらかが多くなるという可能性が高いのです。

第三世代を取り出す前に,遺伝子プールの中の遺伝子プロフィールの新たな混合を再現するために,ビンの中のそれぞれの色の比率を先ほどの結果を反映させて調整します。取り出し続けるうちに,不規則な混ざり具合になっていても,これまで以上に優勢の色が取り出されるようになってきます。何世代か経るうちに,この一つの色に対する「浮動」はもう一方の色を確実に駆逐するという結果になります。

遺伝的浮動の絵

色のついたビー玉を使った遺伝的浮動の絵

この実験は数世代にわたる遺伝物質の継承パターンを表し,浮動により,どのように遺伝子プロフィールが失われる結果になるかを示しています。浮動の効果は特に小さな孤立した集団,あるいは独特な遺伝子プロフィールを持つ小さな集団が,異なる系統のずっと大きな集団と交わるときに発現します。

遺伝子と系図学的なデータを組み合わせたアイスランドでの研究によれば,今日アイスランドに住む人々の大半が,わずか300年前に住んでいたほんの一握りの民のミトコンドリアDNAを受け継いでいることが証明されました。24当時のアイスランド人の大半のミトコンドリアDNAは,浮動による変量効果の中で事実上生き延びることができなかったのです。同じ理由から,モルモン書の民のDNAの多くが生き延びられなかったということが考えられます。

遺伝的浮動は,特にミトコンドリアDNAやY染色体DNAに影響を及ぼしますが,常染色体DNAの多様性を失うことにもつながります。小さな集団が大きな集団と交わると,小さな集団に特有の常染色体マーカーの組み合わせは急速に大きな集団のそれに飲み込まれたり,圧倒されたりします。程なくして小さな集団のマーカーは交じり合った集団の中で希少なものとなり,前述したような遺伝的浮動とボトルネックの結果,絶滅する可能性があるのです。さらに,世代から世代にわたる常染色体DNAのシャフリングや組み換えは,元の大きな集団から主要な遺伝的信号を持つマーカーの新たな組み合わせを生じさせます。これが小さな集団の特徴的なマーカーの組み合わせを非常に希釈することがあるので,そのマーカーを確実に認識することができなくなります。

『自然人類学に関するアメリカ学術論文』(American Journal of Physical Anthropology)の2008年の研究論文で,執筆者たちはこれらの力の影響を簡潔に要約しました。「遺伝的浮動は〔アメリカ先住民の遺伝子的特徴に〕かなりの影響力を持ち,ヨーロッパ人の接触後の大規模な集団的消滅とともに,ハプログループの出現する度合を変化させ,多くのハプロタイプの喪失の原因となった」というのです。25遺伝子プロフィールが完全に失われ,かつて存在していた組み合わせは非常に希釈されて,検出するのが困難になる可能性があります。このようにして集団の一部が,実際に血統をたどればある個人や集団につながったとしても,これらの先祖に属すると特定し得るDNAを彼らが持っていない可能性があるのです。言葉を換えて言えば,先祖にモルモン書の民を含むアメリカ先住民でも,彼らのDNAを使ってその関係を立証することは不可能かもしれないということなのです。26

結論

モルモン書を批判する人や擁護する人は,自説を裏付けるためにDNA研究を使いたいことでしょう。しかし証拠を簡単には結論づけることはできません。モルモン書の民のDNAについては何も明らかにされているものがないからです。仮にそのような情報が分かっていたとしても,集団ボトルネックや遺伝的浮動の作用により,今日彼らのDNAを検出できるかどうかは疑わしいのです。十二使徒定員会のダリン・H・オークス長老は次のように意見を述べています。「この世的な証拠がモルモン書の信ぴょう性を立証できてもできなくてもかまわない,というのがわたしたちの立場です。」27

モルモン書を記録した人々は本来,宗教的真理を伝え,その民の霊的遺産を保つことを心にかけていました。その民のほとんどが預言されたように滅亡するにもかかわらず,彼らは自分たちの記録が保存され,いつの日かイエス・キリスト福音の完全な知識を回復する助けとなるように祈っていたのです。モルモン書を「キリストを信じながら,誠心誠意」研究するすべての人への彼らの約束は,神が「聖霊の力によってあなたがたに明らかにしてくださる」というものです。28この書物が真実かどうか知るためにこれを試した無数の人々にとって,モルモン書はイエス・キリストに近づくことのできる力を持った聖典なのです。

リソース

  1. モルモン書の序文を参照する
  2. この文章には南北両アメリカのすべての先住民族を指すためにアメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)アメリカインディアンという言葉を用いている。DNA研究およびモルモン書の関係については一般的にはウーゴ・A・ペレゴ,『The Book of Mormon and the Origin of Native Americans from a Maternally Inherited DNA Standpoint』ロバート・L・ミレット,『No Weapon Shall Prosper; New Light on Sensitive Issues』(2011年),171-216; マイケル・F・ ホワイティング,「DNA and the Book of Mormon: A Phylogenetic Perspective」 『Journal of Book of Mormon Studies』12, 第1巻(2003年),24-35; ダニエル・C・ピーターソン編,『The Book of Mormon and DNA Research』(2008年)を参照。
  3. アントニオ・トローニほか,「Asian Affirnities and Continental Radiation of the Four Founding Native American mtDNAs」『American Journal of Human Genetics』53(1993年),563-590; アレサンドロ・アキッリほか,「The Phylogeny of the Four Pan-American MtDNA Haplogroups:Implications for Evolutionary and Disease Studies」PloS 『ONE』 3,第3巻(2008年3月)e1764 。
  4. ウーゴ・A・ペレゴほか,「Distinctive Paleo-Indian Migration Routes from Beringia Marked by Two Rare mtDNA Haplogroups」 『Current Biology』19(2009年),1-8。
  5. マーティン・ ボッドナーほか「Rapid Coastal Spread of First Americans: Novel Insights from South America’s Southern Cone Mitochondrial Genomes」『Genome Research』22(2012年)811-820。
  6. ジョン・L・ソレンソン,「When Lehi’s Party Arrived in the Land, Did They Find Others There?」『Journal of Book of Mormon Studies』1,第1巻(1992年秋),1-34。これらの論争は,つい最近になってジョン・L・ソレンソンの『Mormon’s Codex:An Ancient American Book』(2013年)の中で要約されている。ソレンソンはモルモン書の本文の指標は「ニーファイ人の記録やおそらくヤレド人の時代にも,『約束の地』にはかなりの集団がいたことは否定できない」と示唆している。(『When Lehi’s Party Arrived』 34)。
  7. アンソニー・W・アイビンス,Conference report,1929年4月,15。
  8. 「Facts Are Stubborn Things」『Times and Seasons』3(1842 年9月15日)922。この記事は出所不明であるが,ジョセフ・スミス編集の下で発行された。ヒュー・ニブレー,『Lehi in the Desert, The World of the Jaredites,There Were Jaredites』(1988年),250も参照。
  9. このテーマについての記事を精査するにはマシュー・ローパー「Nephi’s Neighbors: Book of Mormon Peoples and Pre-Columbian Populations」『FARMS Review』15,第2巻(2003年),91-128を参照。
  10. モルモン書の序文。序文はモルモン書の本文の一部ではないが,以前はレーマン人が「アメリカインディアンのおもな先祖」であると述べられていた。1981年に最初に出版されたこの声明でも,ほかの民の存在を暗示している。(1981年版モルモン書の序文を参照。)
  11. ソレンソン,『When Lehi’s Party Arrived』5-12。
  12. ピーター・A・アンダーヒルとトゥーマス・キビシルド,「Use of Y Chromosome and Mitochondrial DNA Population Structure in Tracing Human Migrations」『Annual Review of Genetics』41 (2007年),539-564。
  13. ハプログループ名は,アルファベットと数字を交互に入れた統一された命名法に従う。International Society of Genetic Geneology,『Y-DNA Haplogroup Tree 2014』;マニス・バン・オーブンとマンフレッド・ケイザー・M,「Updated Comprehensive Phylogenetic Tree of Global Human Mitochondrial DNA Variation」,『Human Mutation』30(2009年),E386-E394。
  14. ビンツェンツァ・バタリアほか,「The First Peopling of South America: New Evidence from Y-Chromosome Haplogroup Q」『PLoS One』8,第8巻(2013年8月),e71390。
  15. ウーゴ・A・ペレゴほか,「The Initial Peopling of the Americas: A Growing Number of Founding Mitochondrial Genomes from Beringia」『Genome Research』20(2010年)1174-1179。
  16. マーナサ・ラガバンほか,「Upper Palaeolithic Siberian Genome Reveals Dual Ancestry of Native Americans」『Nature』2013年11月20日。
  17. この「時計」は時間をかけてDNAに起こる突然変異の観測された率に基づく。提案されているミトコンドリアDNAの分子時計の例はペドロ・ソアレスほか,「Correcting for Purifying Selection: An Improved Human Mitochondrial Molecular Clock」『American Journal of Human Genetics』84(2009年),740-759参照。
  18. アレサンドロ・アキッリほか,「Reconciling Migration Models to the Americas with the Variation of North American Native Mitogenomes」『Proceedings of the National Academy of Sciences』110,第35巻(2013年),14308-14313。
  19. モーテン・ラスムッセンほか,「Ancient Human Genome Sequence of an Extinct Palaeo-Eskimo」『Nature』,2010年2月11日, 757-762。この仮説的移住は,初期にアメリカ大陸へ移住したときからおよそ200世代によって区切られている。
  20. カサンドラ・ブルックス,「First Ancient Human Sequenced」『Scientist』2010年2月10日,www.thescientist.com/blog/display/57140 で引用。カンザス大学の分子人類学者マイケル・H・クローフォードは,同様に「証拠は,特定のアメリカインディアン社会とアジアあるいは大海原の船乗りとの間の何らかの小規模な文化的接触を除外するというわけではありません。」と指摘した。(マイケル・H・クローフォード, 『The Origins of Native Americans: Evidence from Anthropological Genetics』〔1998年〕,4)。
  21. ペレゴ,『Origin of Native Americans』186-187。
  22. 先住民は95パーセントも減少した。デビッド・S・ジョーンズ,「Vergin Soils Revisited」『William and Mary Quarterly』第3シリーズ,全60巻,第4巻(2003年10月),703-742。
  23. クローフォード『Origin of Native Americans』49-51,239-241,260-261。
  24. アグナー・ヘルガソンほか,「A Populationwide Coalescent Analysis of Icelandic Matrilineal and Patrilineal Genealogies:Evidence for a Faster Evolutionary Rate of mtDNA Lieanges than Y Chromosomes」『American Journal of Human Genetics』72(2003年),1370-1388。
  25. ベス・アリソン・シュルツ・シュックとデビッド・グレン・スミス,「Using Ancient MtDNA to Reconstruct the Population History of Northeastern North America」『American Journal of Physical Anthropology』137(2008年),14。
  26. 『How Many Genetic Ancestors Do I Have? 』Co-op Lab,Population and Evolutionary Genetics,UC Davis参照。
  27. ダリン・H・オークス,『The Historicity of the Book of Mormon』, ポール・Y・ホスキソン編, 『Historicity and the Latter-day Saint Scriptures』(2001年),239。
  28. モロナイ10:4

教会はこの記事で紹介された学者諸氏の科学的内容の貢献に謝意を表します。これらは許可を得て使用しています。