破門


極限状況においてのみ採られる宗紀処置。これには,教会記録から該当者の名前を抹消することが含まれます。破門された人には,悔い改めの過程と罪の赦しを受けるために水に沈めるバプテスマによって,教会に再加入し,会員資格を回復する機会があります。

その他の情報

「教会宗紀評議会」の項参照