信仰


使徒パウロは「信仰とは,望んでいる事がらを確信し,まだ見ていない事実を確認することである」と教えています(ヘブル 11:1)。アルマも同じようなことを言っています。「もし信仰があれば,あなたがたはまだ見ていない真実のことを待ち望むのである。」(アルマ 32:21)信仰は行動と力の原則です。人はいつでも価値ある目標に向かって努力するときには信仰を行使します。まだ目で見ることのできない物事に対する望みを表すのです。

その他の情報

主イエス・キリストを信じる信仰

あなたを救いへと導く信仰は,主イエス・キリストを中心に置くものでなければなりません(使徒4:10-12;モーサヤ3:17;モロナイ7:24-26;信仰箇条1:4参照)。主が実在の御方だということに対する確信,主の属性に関する正しい理解,自分は主の御心に添った生活を送ろうと努力しているという知識があるときに,キリストに対する信仰を行使することができます。

イエス・キリストに信仰を持つとは,イエス・キリストを完全に頼る,その無限の力,英知,愛に信頼を置くということを意味します。その中にはイエス・キリストの教えを信じるということも含まれます。また自分にはすべてのことが理解できなくても,イエス・キリストは理解されていると信じることを意味します。イエス・キリストはあなたの痛み,悲しみ,弱さをすべて経験しておられ,あなたが日々の困難な状況から立ち上がるのを,どのように助ければよいのかも御存じだということを覚えておいてください(アルマ7:11-12;教義と聖約122:8参照)。イエス・キリストは「すでに世に勝って」いて(ヨハネ16:33),あなたが永遠の命を得られるように道を準備しておられます。「あらゆる思いの中でわたしを仰ぎ見なさい。疑ってはならない。恐れてはならない」という主の嘆願を(教義と聖約6:36),あなたが忘れないなら,主はいつでも必ずあなたを助けてくださいます。

信仰によって生きる

もっと見る

参照聖句

ヘブル 11
 
ヤコブ 1:5-6; 2:14-26
 
エテル 12:4-27
 
モロナイ 7:20-48
 
教義と聖約 63:7-11; 90:24
 

その他の学習資料

  • 「福音の第一の原則と儀式」 『歴代大管長の教え――デビッド・O・マッケイ』第21章

  • 「イエス・キリストを信じる信仰」 『神権の義務と祝福A』第27課

  • 「イエス・キリストを信じる信仰」 『末日聖徒の女性A』第1課

  • 「信仰」 『聖句ガイド』

  • 「主イエス・キリストを信じる信仰」 『歴代大管長の教え――ブリガム・ヤング』第8章

もっと見る