希望


「希望」とは,約束された義の祝福を確信を持って待ち望むことです。聖典では,イエス・キリストを信じる信仰により永遠の命を待ち望むこととして,「希望」という言葉がしばしば用いられます。

その他の情報

「希望」という言葉は,時として誤解されることがあります。日々の会話の中で,この言葉はしばしば不安な気持を遠回しに表現するときに用いられます。例えば,天気が変わるように希望するとか友人が訪問してくれるように希望するといった表現がそうです。しかしながら,福音の場合,「希望」という言葉には確かで,揺らぐことのない,積極的な意味があります。多くの預言者が「確固とした望み」(アルマ34:41)や「生ける望み」(1ペテロ1:3)を持つことについて語っています。預言者モロナイは次のように教えています。「神を信じる者はだれであろうと,もっと良い世界を,まことに神の右に一つの場所を,確かに望むことができる。この望みは信仰から生じ,人々にとってその心をしっかりとした不動のものにする錨となる。そしてそのような人々はいつも多くの善い行いをし,神をあがめるようになる。」(エテル12:4)

わたしたちは希望があれば,神の約束に信頼を置くことができます。「義の業」を行えば,「この世において平和を,また来るべき世において永遠の命を受ける」という穏やかな確信を持つことができます(教義と聖約59:23)。そのような希望はイエス・キリストの贖いを通してのみもたらされるとモルモンは教えています。「あなたがたは何を望めばよいのであろうか。見よ,わたしはあなたがたに言う。あなたがたは,キリストの贖罪とキリストの復活の力によって永遠の命によみがえることを望まなければならない。あなたがたがキリストを信じることで,約束のとおりこれが果たされるのである。」(モロナイ7:41)

福音に従った生活を送ろうと努力するときに,あなたの能力は増し,「聖霊の力によって……望みにあふれ」るでしょう(ローマ15:13)。神の赦しを祈り求めるとき,希望がふくらみます。モルモン書の中で,アロンという宣教師は,レーマン人の王に確信を持って次のように言いました。「あなたの罪をすべて悔い改め,神の御前にひれ伏して,与えられると信じて信仰をもって神の御名を呼ぶならば,そのときあなたは,今願っているものを得るでしょう。」(アルマ22:16)また,わたしたちは聖文を研究し,その教えに従うことによって希望を得ることもできます。使徒パウロはこのように教えました。「これまでに書かれた事がらは,すべてわたしたちの教えのために書かれたのであって,それは聖書の与える忍耐と慰めによって,望みをいだかせるためである。」(ローマ15:4)

希望の原則は永遠にまで及ぶものですが,日々のチャレンジを乗り越えていくときの支えともなります。詩篇の著者はこう語っています。「ヤコブの神をおのが助けとし,その望みをおのが神,主におく人はさいわいである。」(詩篇146:5)希望があれば,人生に喜びを見いだすことができます。あなたは「忍耐し,いつの日かあらゆる苦難を離れて休めるという確固とした望みをもって……苦難に耐える」ことができます(アルマ34:41)。また,「これからもキリストを確固として信じ,完全な希望の輝きを持ち,神とすべての人を愛して力強く進〔むことができます〕。そして,キリストの言葉をよく味わいながら力強く進み,最後まで堪え忍ぶならば,……御父は,『あなたがたは永遠の命を受ける』と言われています。」(2ニーファイ31:20)

もっと見る

参照聖句

哀歌 3:25-26
 
1コリント 15:19-22
 
1ペテロ 3:15
 
1ヨハネ 3:2-3
 
モルモン書ヤコブ 4:4-6
 

もっと見る

その他の学習資料