儀式


教会において,儀式は神権の権能を通して行われる神聖で外形的な業です。儀式の中には昇栄に不可欠なものもあります。これらの儀式は救いの儀式と呼ばれています。その中には,バプテスマ,確認,メルキゼデク神権への聖任(男性の場合),神殿のエンダウメント,結婚の結び固めが含まれます。これらの儀式のいずれに関しても,主と厳粛な聖約を交わします。

その他の情報

子供の命名と祝福,油の聖別,病人や悩める者の癒しなど,ほかの儀式も神権の権能によって行われます。これらは,救いに不可欠な儀式ではなくとも,わたしたちを慰め,導き,勇気づける大切な儀式です。

儀式と聖約は自分が何者なのかを思い出させてくれます。神への務めを思い起こさせてくれます。主はわたしたちが御自分のもとに来て永遠の命を受けられるように,これらの儀式と聖約を与えてくださいました。それらを尊ぶときに,主はわたしたちの霊を強めてくださいます。

聖約」;「福音」;「神権」の項も参照

――『真理を守る』46参照

その他の学習資料