福音の回復


イエス・キリストはこの世にいたときに,イエスに従う人々の間に御自身の教会を確立されました。しかし,イエス・キリストが十字架にかけられ,その使徒たちが亡くなった後に,背教が広まったため,完全な福音はこの世から取り去られてしまいました。預言者ジョセフ・スミスを通して,天の御父と御子イエス・キリストは完全な福音を回復なさいました。イエス・キリストの真の教会が再び世にもたらされました。回復のおかげで,救いに必要な教えと儀式がすべての人に与えられるようになったのです。

その他の情報

次の概説は,福音の回復と主が「全地の面に唯一まことの生ける教会」と宣言された末日聖徒イエス・キリスト教会の確立に関する,幾つかの重大な出来事を要約したものです(教義と聖約1:30)。

1820年の早春。イエス・キリストの真の教会を探し求める14歳の少年ジョセフ・スミスは,ニューヨーク州パルマイラにある家の近くの森の中で祈った。ジョセフの謙遜な祈りにこたえて,天の御父とイエス・キリストが御姿を現し,その当時地上にあったいずれの教会にも加わらないようにと命じられた。(ジョセフ・スミス―歴史 1:11-19参照)教会ではこの経験をジョセフ・スミスの最初の示現と呼んでいる。

1823年9月21日-9月22日。ジョセフ・スミスはモロナイという名の天使の訪れを受けた。モロナイは将来の出来事について預言し,金版に刻まれたモルモン書という記録についてジョセフに語った。この天使はジョセフに金版を見ることを許した。この金版はクモラの丘の近くに埋められていた。(ジョセフ・スミス―歴史 1:27-53参照)

1827年9月22日。このときまでの4年間,毎年9月22日にモロナイと会って話をしたジョセフ・スミスは,クモラの丘でモロナイから金版を受け取った。(ジョセフ・スミス―歴史1:53,59参照)

もっと見る

参照聖句

イザヤ 2:1-3; 29:13-14
 
使徒 3:19-21
 
黙示 14:6-7
 
2ニーファイ 3:3-15
 
教義と聖約 128:19-21; 133:36-39; 133:57-58
 

その他の学習資料

もっと見る