啓示


啓示とは神が神の子供たちに御心を示されることです。この導きは個人,家族,あるいは教会全体の必要や状況に応じて,様々な方法により与えられます。主が教会に対してその御心を明らかにされるときには,預言者を通して語られます。教会全体のための啓示を受けることができるのは預言者のみですが,啓示を受けられるのは預言者だけではありません。忠実であれば,特定の必要,責任,疑問に関して助けとなる啓示,またを強めるのに助けとなる啓示をだれでも受けることができます。

その他の情報

聖文には,示現,夢,天使の訪れなど,様々な種類の啓示について述べられています。そのような方法によって,主は末日に福音を回復し,真理を明らかにされました。しかし,指導者や教会員に対する啓示のほとんどは,聖霊のささやきを通して与えられます。

静かな聖霊の促しは,示現や天使の訪れのように劇的なものとは映らないかもしれませんが,実際には,そのようなものよりも影響力や永続性,生活を変える力があるのです。聖霊の証は,目に見え,耳に聞こえるものよりも強烈な印象を人の心に与えます。そのような啓示を通して,人は絶えず福音に従い,ほかの人々も同様のことが行えるように助ける永続的な力を受けることができます。

啓示を受ける備え

次の助言は聖霊の導きを受けられるように自らを備えるうえで役に立つでしょう。

もっと見る

参照聖句

アモス 3:7
 
マタイ 16:13-18
 
1コリント 2:9-14; 12:3
 
黙示 19:10
 
アルマ 5:43-48; 17:2-3
 

もっと見る

その他の学習資料