聖餐


イエス・キリストは十字架にかけられる前日の夜,使徒たちと集会を持たれ,聖餐を確立されました(ルカ 22:19-20参照)。復活の後,イエス・キリストはニーファイ人を訪れ,そこでも聖餐を確立されました(3ニーファイ 18:1-11参照)。今日聖餐会は,教会員がイエス・キリストの贖いの犠牲を記念してパンと水を取る儀式です。この儀式はわたしたちの礼拝と霊的成長にとって不可欠の要素です。この儀式を通して,教会員は,バプテスマのときに神と交わした聖約を更新します。

その他の情報

イエス・キリストは,聖餐を確立したときにこう言われました。「これは,あなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしを記念するため,このように行いなさい。……この杯は,あなたがたのために流すわたしの血で立てられる新しい契約である。」(ルカ22:19-20)。聖餐は,神の御子の生涯と使命,また贖いについて深く考え,思い出し,感謝する機会を与えてくれます。裂かれたパンは,イエス・キリストの体の記念です。主の肉体的な苦しみ,特に十字架上での苦しみを思い起こさせます。また,イエス・キリストの憐れみと恵みによって,すべての人々が復活し,神とともに永遠に住む機会を与えられることも,思い起こさせてくれます。

水は,ゲツセマネの園に始まり十字架上で終わる激しい霊的な苦悶の中で救い主が流された血の記念です。ゲツセマネの園で主はこう言われました。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどである。」(マタイ26:38)。御父の御心に従うために,主はわたしたちの理解を超えた苦しみを受けられました。「御自分の民の悪事と忌まわしい行いのためにこの御方が受けられる苦しみは非常に激しく,あらゆる毛穴から血が流れ出るほど〔でした。〕」(モーサヤ3:7)救い主はすべての人々の罪と悲しみと苦痛を受けられ,悔い改めて福音に従った生活を送る人々に罪の赦しをお与えになったのです(2ニーファイ9:21-23参照)。イエス・キリストは御自分の血を流されたことにより,すべての人々を,聖文で用いられている表現に従えば,アダムの背きによる「原罪」から救われました(モーセ6:54)。

聖餐を受けるときに,わたしたちは神の御子を記念する自分たちの行為がこの神聖な儀式の行われる短い時間を超えて続くことを神に証明します。この儀式には,主をいつも覚えていることと,進んで御子の御名を受けて御子の戒めを守ることを証明することが含まれます。聖餐を取り,これらのことを決意するときに,教会員はバプテスマのときに交わした聖約を更新するのです(モーサヤ18:8-10教義と聖約20:37参照)。

すると,祝福として,主は約束された罪の赦しを更新し,教会員が「いつも御子の御霊を受けられるように」してくださいます(教義と聖約20:77)。いつも御霊を受けられるということは,現世で得られる最大の賜物の一つです。

もっと見る

参照聖句

1コリント 11:23-29
 
モロナイ 4; 5
 
教義と聖約 20:75-79; 27:2
 

その他の学習資料