家族歴史に関する質問に答える

自宅での奉仕


奉仕の機会について

ファミリーサーチサポート宣教師として,あなたは利用者が先祖を探し出し,家族と結び付けるのを支援します。電話,チャット,電子メール,ソーシャルメディアなどにより,ファミリーサーチに問い合わせる利用者に指示と回答を与えます。すべての奉仕は,自宅でコンピューターと電話を使って行います。この割り当てのためにオンライン訓練が行われます。

奉仕できる人―パートタイム宣教師(週に8時間以上)

 

スキル―

  • 優れたコミュニケーション
  • 家族歴史への情熱
  • 教会の家族歴史プログラムおよびfamilysearch.orgやファミリーツリーなどのサイトの利用経験
  • コンピューターの基礎技術
  • 訓練が実施されます

宣教師の経験談

現在奉仕中の宣教師による経験談を読んでください。彼らは永続的な影響をもたらしています。

「最初に登録したときには,自分のスケジュールでどれほどの働きができるか自信がありませんでした。間もなく1か月ほど訓練を受けた後で,「これほど自信がないわたしがほかの人を助けられるだろうか」という心からの疑問がわき起こりました。自分に影響を及ぼす力があり,利用者を助けることができるとほんとうに分かったのは,任命を受けた後でした。経験を積んだ宣教師と常にオンラインでつながっていて,わたしが質問や懸念事項に答えられないときは,いつでも助けを受けられると知っているので安心です。志願者としてこの召しを果たせるのは大きな喜びです。この召しの期間が終わったら,また奉仕するつもりです。だれかがファミリーサーチのやり方についての解決策を見つけられるよう働くことに,毎日喜びを感じています。全国から問い合わせてくる多くの人々と知り合いますが,彼らの家族について話したり,学んだりするのは楽しいです。この召しは,間違いなくわたしがこれまで教会で受けた召しの中で最高の召しです。」―ハワード長老(ファミリーサーチ)