神殿


神殿は文字どおり主の宮です。そこは人が神と聖約を交わす神聖な礼拝の場所です。神と聖約を交わすことは非常に厳粛な責任であるため,十分に備え,教会員になって最低1年たつまでは神殿に入ってエンダウメントを受けたり,永遠の結婚である結び固めを受けたりすることはできません。過去の歴史を通じて,主はその民に神殿を築くよう命じてこられました。教会は,神殿の祝福が天の御父の多くの子供たちにとってより身近なものとなるよう,全世界に神殿を築く業に携わっています。

その他の情報

学びの場

神殿は学びの場です。神殿のおもな目的は,神の子供たちが神のみもとに帰ってともに住むために必要な儀式を施すことです。神殿の儀式は,イエス・キリストの贖いを通して得られる最大の祝福に通じるものです。集会,活動,伝道の働き,教えるレッスン,歌う賛美歌など,教会で行われることはすべて,救い主と聖なる神殿で行う業に向けられているのです。

神殿で受ける儀式の一つがエンダウメントです。「エンダウメント」は「賜物」を意味する言葉です。したがって神殿のエンダウメントとは文字どおり神からの賜物です。この儀式は一連の教えから成っています。また義にかなった生活を送り,福音の求める条件を満たすという交わす聖約が含まれています。エンダウメントは,救い主,天の御父の計画における救い主の役割,救い主に従うという各会員の決意に焦点が当てられています。

もう一つの神殿の儀式は,日の栄えの結婚です。この儀式において,夫と妻が互いに永遠に結び固められます。神殿で行われる結び固めは,夫と妻が自分たちの交わした聖約に忠実であるならば,永遠に続くものです。

もっと見る

参照聖句

イザヤ 2:1-3
 
教義と聖約 88:119; 109; 110; 124:39-41
 

その他の学習資料

もっと見る