誘惑


誘惑は,悪ではなく善をえらぶ能力が人にあるかを試すテストです。罪を犯し,神ではなくサタンに従うようにとそそのかすことです。この世では,誘惑を克服して悪よりも義を選ぶことを経験から学んでいきます。現代の啓示によると,サタンは責任を持つことができない年齢の幼い子供たちを誘惑することができません(教義と聖約29:47参照)。

その他の情報

アダムとエバの堕落以来,人はこの世的な望みに従い,欲望や情熱に屈する性質を持つようになりました。この人生は,神の子供たちが選択の自由を行使して誘惑を克服し,自分の意思でイエス・キリストに従えるようにする期間として与えられました。

わたしたちが生きている終わりの日は,特に「苦難の時代」です(2テモテ3:1)。サタンの影響力は至る所でわたしたちを誘惑してきます。サタンはわたしたちを欺いて,罪を魅力的に見せようとします。しかし,人はサタンに打ち勝ち,誘惑を克服することができるのです。人にはそれぞれ選択の自由という賜物があります。悪ではなく善を選ぶ力です。主の御前にへりくだり,常に力を祈り求める人は,「自分が耐えられないような誘惑を受け〔る〕」ことがありません(アルマ13:28)。喜んで戒めに従う人を,天の御父は誘惑に耐えられるよう力づけてくださいます。

次の原則が役立つでしょう。

救い主を中心とした生活を送る。預言者ヒラマンは息子たちに次のような助言を与えています。「覚えておきなさい。あなたたちは,神の御子でありキリストである贖い主の岩の上に基を築かなければならないことを覚えておきなさい。そうすれば,悪魔が大風を,まことに旋風の中に悪魔の矢を送るときにも,まことに悪魔の雹と大嵐があなたたちを打つときにも,それが不幸と無窮の苦悩の淵にあなたたちを引きずり落とすことはない。なぜならば,あなたたちは堅固な基であるその岩の上に建てられており,人はその基の上に築くならば,倒れることなどあり得ないからである。」(ヒラマン5:12

もっと見る

参照聖句

ローマ 12:21
 
エペソ 6:11-17
 
ヤコブ 1:12
 
教義と聖約 23:1; 31:12
 
モーセ 1:12-22
 

その他の学習資料