礼拝


神を礼拝するとは,神に愛と尊敬の念を示し,奉仕し,献身することです。主はモーセに次のように命じられました。「神を礼拝しなさい。あなたは神にのみ仕えるべきである。」(モーセ1:15)主はまたこう命じておられます。「あなたは心を尽くし,勢力と思いと力を尽くして,主なるあなたの神を愛さなければならない。また,イエス・キリストの名によって,神に仕えなければならない。」(教義と聖約59:5)礼拝はわたしたちが神に対して抱いている愛と献身を示すだけでなく,戒めを守るための力を与えてくれるものです。礼拝を通してわたしたちの知識と信仰は増し加わります。神に対する愛よりも人や物を優先させるならば,どのような人であれ,物であれ,その人はその人や物を礼拝していることになります。これは偶像礼拝と呼ばれています。(出エジプト 20:3-6参照)

その他の情報

祈りは天の御父を礼拝する方法の一つです。アルマは息子ヒラマンにこう教えています。「あなたの必要とするあらゆる助けを神に叫び求めなさい。まことに,あなたの行うことはすべて,主のために行うようにしなさい。どこへ行くにも主にあって行くようにしなさい。まことに,あなたの思いを常に主に向けるようにしなさい。まことに,あなたの心の愛情をとこしえに主に向けるようにしなさい。」(アルマ37:36

天の御父を礼拝するもう一つの方法は,御父を礼拝する他の人々の仲間に加わることです。モルモン書にはこのように記されています。「神の子たちは,しばしば集まって,神を知らない者たちの幸いのためにともに断食し,熱烈に祈るように命じられた。」(アルマ 6:6)新しい啓示の中で主はさらにこう命じておられます。「また,あなたは,世の汚れに染まらずに自らをさらに十分に清く保つために,わたしの聖日に祈りの家に行って,聖式をささげなければならない。 まことに,この日は,あなたがたの労苦を解かれて休み,いと高き方に礼拝をささげるように定められた日だからである。 」(教義と聖約 59:9-10

神権の儀式に臨むのも礼拝の一部と言えます。敬虔な気持ちで聖餐を受け,神殿に参入することによって,天の御父を思い起こし,礼拝し,その御子イエス・キリストに感謝を示します。

外形的な表れとしての信仰を示すにとどまらず,どこへ行くにも,何をするにも,礼拝の態度で行うべきです。アルマは,礼拝の場所から追い出された人々の一団にこの原則を教えました真の礼拝は週に1度とは限らないことを彼らが理解できるように助けました(アルマ32:11参照)。同じ一団に語りかけたアルマの同僚アミュレクはこう言って彼らを励ましました。「どこにいても霊とまことをもって神を礼拝〔してください。〕」(アルマ34:38

もっと見る

その他の学習資料

もっと見る